FC2ブログ

#地震発生から307日目「一人暮らしの障がい者が災害に遭遇したら」

 11, 2012 06:47
 平成23年(2011年)3月11日(金)14時46分に発生した東北地方太平洋沖地震(マグニチュード9.0)から307日目(平成24年1月11日、水曜日)。
 また、大震災発生から307日目の新しい朝を迎えた。

 さて、第51回手をつなぐ育成会東北ブロック大会「本人大会=第4分科会」(平成23年10月16日)を開催。知的障がい者本人たちによる協議を実施した。
 そこで、緊急時安否確認には携帯電話をもっと活用できるようにしてもらいたいといった要望が出された。
    
************************************************

【引用始め】

第51回手をつなぐ育成会東北ブロック大会・(併催)第23回山形県知的しょうがい者福祉大会(平成23年10月15日〜16日、山形国際ホテル)
大会スローガン「東北はひとつ、みんなでの力で東日本大震災をのりこえよう」
本人大会=第4分科会(平成23年10月16日) 【その6】 「本人活動と防災学習」(災害に備えた本人活動)
協議

 緊急時の安否確認ができる体制づくりが必要

【司会者】ありがとうございました。
 先ほど電気さえあればなんとかなるとありました。ライフラインの電気、水道、ガス、燃料、食料といろんなことが欠けました。
 山形県でも停電とかありました。
 そんな中で、こんなことやっていたおかげで、助かったということがあればおっしゃっていただくと助かりますけども。

【発言者】 山形県から来ました。
 3.11の時は私達はちょうど仕事を休んで1日山形でショッピングをしていました。その帰りに車の中で、縦揺れ、横揺れがありました。それが私達にとって一番恐かった。
 ただ、不思議なことに私達の住む米沢は他のところと違って停電がなかった。ガスとか水道も使えました。以上です。

【司会者】 何かその他何でも結構ですけども。

【発言者】 北海道から来ました。本人活動の支援をさせて頂いております。
 お聞きしたいのは、被災した時に携帯電話は通じたのかどうかです。支援の方も含めていかがでしたか?携帯電話が通じたのかどうか。

【話題提供者】 お答えします。安否情報がメールでいつでも出来ると思います。その場合、他のところも無事ですという情報を発信することも大切です。以上です。

【発言者】 私の場合は携帯がauだったのでその時偶然auを持っていた職場の人には少し通じました。
 みんなその人の携帯を借りて家の人に連絡しました。
 他の種類が違う携帯だと、連絡して安否を確認しようとしても電波が通じなかった。色々その場で混乱が一部はありました。二日目になって自分の携帯でも無理やり連絡をとったのですけど、やっぱり他のショップの方とかの電波がどうしても悪いみたいでした。なかなか復旧はしませんでした。私の地域では。
 私達の地域は電気がストップしているので、自宅の固定電話も使えない状態でみんな携帯を頼りになんとか連絡を取り合っていたようでした。

【発言者】 私が持っている携帯は3月11日と12日は電波が届きませんでした。
 でも13日辺りからみんなと連絡が取り合えるようになったので安心しました。以上です。

【発言者】 ありがとうございます。一番最初に被害があった時にみんながどこにいるのか、何をしているのかということをまず把握するというのが私達はすごく大事だと思っているんです。その中で一番大事なのは、携帯電話だと思っているんです。通所の事業所の職員をしているんですが7割くらいの方が一人暮らしをしている方がいます。平日は通ってくるからだいたい行動が分かるんですけど、土日はみんなバラバラに色んなところに出かけます。何か起きた時、どこにいるのか、今どういうふうな状態というのが把握出来ないんです。
 緊急の場合、一番把握出来るのは携帯電話です。
 お話聞いていると、二日間くらい携帯がつながらないという状況です。その時に本当に無事なのかどうかというのをどうやって確認していけばいいんだろう。
 どうしていいか分からないという状態になった時に、こうした方がいいよということを情報を早く伝えるということが大事です。
 東京でも今回の震災で電車が止まったり、バスが止まったりして帰宅困難者という家に帰れない人がたくさん出ています。通所の事業所に通っている仲間の人達にも帰宅困難になった人がたくさんいるんです。
 そういう時にどうしたらいいか。携帯電話でどうしたらいいですか?ということを誰かにいつでも聞けるような状態を作っていく。
 そのためにも携帯電話の会社の人達に、そういう災害時にも必ず繋がるような対策を取ってほしいなとすごく思います。
 あとはみなさんも出来れば携帯電話を持っていた方がいいと思います。持っていない方も色んなところに出かけると、携帯持ってないんだと言う人がいますけど、施設の関係者とか事業所の方々の仲間達に携帯電話を持ってもらう。それが災害に備えたということに少し近づいていくんじゃないかと思っています。以上です。ありがとうございます。

【司会者】 ありがとうございます。その他ありませんか?

【発言者】 3月11日は、私の娘の養護学校の卒業式だったんです。
 鶴岡でも電話が全然通じなかった。通じなかったというか、混んでて通じなかったんです。酒田は停電になっていまして固定電話が使えなかった。頼りはコンビニの公衆電話です。災害時優先電話とかがあるんです。でも、使えなかった。今の電話は電気がないと使えない。昔の電気だと停電があっても電話が使えたんですけど今はそうでなくなったみたいです。

【司会者】 その他ありませんか?

【発言者】 宮城県から来ました。今、店と家では節電しているところが多いじゃないですか。ちょっと節電するのが大変なんですけれど、節電する方法は、どうすればいいんでしょうか?

【話題提供者】 お答えいたします。僕の場合は昼飯の時は、テレビとか見なかったりします。使っていないものは全部消して台所で1カ所に集中し、そこで電気を使っています。家から出ていく時も節電には心がけています。使っていない電気を消したりします。一つでもやっていくことで、節電という意識につながっていきます。僕はそう思います。

【発言者】 分かりました。どうもありがとうございます。
 皆様に気を付けてもらいたいことがあります。電気は使いぱなっしには気を付けましょう。コンセントは使わない時抜くことが大事ですね。寝る前に電気をこまめに消すことが大事です。皆様も参考にして下さい。以上です。
  
 【引用終わり】

************************************************

 災害に備えた安否確認、節電対策をしっかりしておくことが、災後における私たちの役割である。そうすれば「明けない夜はない」とどんなときでも立ち上がれる。
 (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?