FC2ブログ

知的障がい者相談員の役割

 28, 2010 09:09
 先日(11/25木)の「平成22年度山形県知的障がい者相談員研修会」において、講師の菊本圭一氏(埼玉県障害者相談支援専門員協会)は、「知的障がい者相談員の役割」を次のように語った。

1 制度の谷間に陥っている人や自分のニーズに気がつかず、生活上に課題や問題を抱えている人たちへ支援する人

2 自分が生活している地域の身近なところで継続的に相談に応じてくれる人

3 自立に向けた支援(個別)と共生社会の実現(地域づくり)に向けた活動をする人

4 弱くて保護が必要な人の初期相談にのり、社会サービスにつなげてゆく人

5 地域の相談支援専門員や自立支援協議会を活用して、チームで知的障がい者の問題に対応する人

6 地域の脆弱な制度やサービスを明らかにし、その課題解決に取り組む人

7 コミュニケーションに障がいのある人の「自己決定支援」をする人

 以上、菊本氏が述べるとおり、相談員は相談ケースを積み重ね、相談の質向上を図っていくことにより、地域の共生社会づくりに一歩近づく、相談員として役割を果たすことになる。

  

関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?