FC2ブログ

天童市長・教育長さんとの懇談会(天童)

 22, 2010 10:17
11月21日(日)天童市総合福祉センターにおいて、天童市手をつなぐ育成会主催で『市長さん・教育長さんと一緒に 知的しょうがい児者の地域福祉を考える懇談会』が行われました。

参加者は会員の他、ひまわり園の利用者、特別支援学校へ通っている本人の参加もありました。
天童市役所からは健康福祉課長や津山小学校の校長先生も参加されておりました。

参加者の発言としては、未就学児・普通学校の特別支援教室・特別支援学校(村特・上高養)・福祉施設利用者の保護者の方々7名からありました。

子どもの現在の様子や将来を見越しての不安、今現在困っていることなど、いろいろな話がでました。


発言を聞いての市長さんや教育次長・課長さんのお話も、わかりやすかったです。
ですが、全国的に言われておりますが、子どもの数は減っているのに、しょうがいを持つ子どもの数が増えているのは天童市も同じだそうで、天童市としても、保護者としても、他人任せにしていては間に合わない状態にまでなっているような気がしました。
発言の中には、自分たちで出来ることは自分たちでやるつもりでいるので、市の方からも保護者では出来ないこと、分かりにくいことは協力してほしいと発言した方もいらっしゃいました。

子どもの年齢によって、保護者が求めるものは違います。
その時は同じものを求める仲間だと思っていた人が、子どもの成長とともに求めるものも変わっていき、仲間から段々離れていく、という難しさもあります。
ただ、人任せにしないで頑張ろうと思う保護者の方々が出てきていることは天童市にとってもありがたい事なのだと思います。(F)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?