FC2ブログ

スコットランドでは知的障害者に選挙教育を行っている

 07, 2019 05:49
 「ゆたかカレッジ」の理事長は、オーストラリアで開催した国際学会に参加。
 そこで、ポスター発表した。
 様々な国の大学教授たちと意見交換した。
 スコットランドとオマーンの研究者にも、「ゆたかカレッジ」の実践に関心を持ってもらった。
 スコットランドとオマーンでは、留学生の受け入れ、商品製作技術の習得、家族癒しの支援、選挙教育などが行われていることがわかった。

 以下において、そうした内容が詳しく述べられている。  
 本報告書の引用は第319回目だ。
 
 

【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第5章 諸外国における知的障碍者の大学進学

第7節 スコットランド・オマーンにおける知的障碍者の大学進学と就労支援
   ダイアン・ウイルス (スコットランド・エディンバラネピア大学教授) (オマーン・大学研究室所属)

 長谷川:日本では大学でのそういったクラスは日本中どこにもないので、大学の外のビルを借りて知的障碍者の生活の自立の訓練
  をしているのですね。

 XXX:長谷川さんのカレッジでは留学生は受け入れているのですか。

 長谷川:受け入れてないですね。

 XXX:我々の場合、障碍をもっている生徒たちでもっと他で勉強したいと考える人たちは、中近東のところに隣の例えばバーレンだと
  かそういうところに4年前のことですが留学をさせるっていうこともやっていたのです。
  今はどうなっているかわからないけれども、ただ、今我々の国の中でも受け入れる施設がないので、数も少ないのです。
  今は、数の問題でなかなか少数しか我々の国ではいないので、数がまとまれば制度的なものもできているのではないかと思いま
 す。

 ダイアン:以前、もうクローズしてしまったのだけれど、エンジンシェッド、エンジン小屋というそういう技術を教える場所があったので
  すね。
  食べ物が中心だったのですけど、豆腐であれケーキであれ、何かつくる型を一緒になって教えて、学んでもらって、そうすると技術
 を持っているのでそういう商品を作っているところに就職できるというとてもいいところだったのだけど、やはり補助金がストップしてし
 まったためにクローズしなければならなかったのです。

 ダイアン:シンガポールのある組織と学習障碍の子どもたちに関する仕事で、共同で仕事をしているのです。
  やっぱりその学校だとか、担当する教師だとかあるいは関係者の中では障碍についての理解があまりないというのがひとつの問
 題になっているのでその理解を深めてもらおうということのひとつの協力なのです。
  シンガポールで教えるコースがあるので、そのコースがあるときはアジアまで来ているということです。
  長谷川さんの運営するカレッジはとても素晴らしい仕事だと思います。

 長谷川:ありがとうございます。

 ダイアン:是非、訪問してみたいです。

 長谷川:是非、お待ちしています。

 ダイアン:私は、あとビリーブメントというか、亡くなった後にすごい悲しみを感じる経験をする人いますね。
  そういう人たちのケアをするビリーブメントサービスというのがあるんですが、彼女はそこの分野でも今活動を広げているんです
 ね。
  特に障碍を持っている子どもたちがかなり早い時期に亡くなってしまうという場合には、親御さんとか家族に対してその悲しみを癒やす支援が必要だということで、その分野も今まではどうしても無視されてきた分野なのでもっと力を入れなければと思っています。
  あと、知的障碍とか学習障碍を持っている人たちに対して投票だとか、選挙だとか、そういうことについての教育もしてきたので
 す。
  最近覚えていらっしゃるかどうかわからないけれど、スコットランドがイギリスから独立するための国民投票をしました。
  その前の段階で、ちゃんとそういった知識を持っているのだから投票すべきですよということを教えたのです。
  今日は、本当にありがとうございます。

 長谷川:ありがとうございました。

  

【引用おわり】

 スコットランドでは、障害のある子が亡くなったら、家族支援が行われている。
 ビリーブメントサービスと称するものだ。
 家族の悲しみを癒す支援である。
 また、国民投票が行われたスコットランドでは、選挙教育も重視している。                          

(ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?