FC2ブログ

海外の大学を視察

 10, 2018 05:00
 海外視察を今まで3回実施し、今度で4回目。
 知的障害者の大学進学、その教育プログラムのあり方について詳しく調査研究した。
 海外の先進的な取り組みを参考にすることで、鞍手ゆたか福祉会の福祉的大学をより良いものにしようとする意気込みを感じる。
    
 以下において、そうした内容が詳しく述べられている。  
 本報告書の引用は第117回目だ。
  


【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第2章 カナダにおける知的障碍者の大学進学

はじめに

 今回訪問した大学は、サスカチュワン州レジャイナ市のレジャイナ大学、アルバータ州カルガリー市のマウントロイヤル大学、ボウバレーカレッジ、カルガリー大学、アンブローズ大学の 5 ヶ所である。
 また、インクルージョンアルバータのオフィスにも訪問した。
 今回の海外視察は、過去 3 回の視察、すなわち 2014 年 10 月のアメリカマサチューセッツ州ボストン、2015 年 1 月のアメリカカ
リフォルニア州のロサンゼルス、同年 11 月のオーストラリアニューサウスウェールズ州のシドニーの大学視察といくつかの点にお
いて異なる。



【引用おわり】

 海外の大学を直接見聞きし比較検討して、より良い大学教育とは何かを探ろうとしている。
 日本には知的障害者の高等教育は普及していない。
 ゆたか福祉会は障害のある本人たちや保護者たちのニーズに応えようと先進的に実践している。
 そして、海外の実践を参考にしてスタンダードの教育を樹立しようとするものである。
 この頑張りには本当に敬服する。                   
 
 (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?