FC2ブログ

マサチューセッツ州における知的障害者を受け入れている大学は 10 校

 15, 2018 05:00
 知的障害者を受け入れている大学は、米国マサチューセッツ州では10校ある。
 日本と比べれば驚くほどの数だ。
 米国全体となればもっと多くの大学が受け入れているだろう。

 以下において、そうした内容が詳しく述べられている。  
 本報告書の引用は第63回目だ。
  


【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第1章 アメリカにおける知的障碍者の大学進学

第4節 アメリカにおける知的障碍者の大学進学の現状

3 マサチューセッツ州における大学の知的 障碍者受け入れの状況

 マサチューセッツ州には、大学が合計 66 校ある。その中で、知的障碍者を受け入れている大学は、以下の 10 校である。
 ① Westfield State University、
 ② Holyoke Community College、
③ UMass Amharst、
 ④ Middlesex Community College、
 ⑤ Bunker Hill Community College、
 ⑥ Roxbury Community College、
 ⑦ MassBay Community College、
 ⑧ UMass Boston、
 ⑨ Bridgewater State University、
 ⑩ Cape Cod Community College。

 なお、マサチューセッツ州では、865 人の知的障碍者が大学に通っており、知的障碍学生の年齢層は、18 歳から 53 歳で、平均年齢は 20 歳である。
 性別は、男性 6 割、女性 4 割である。
 知的障碍者のうち、大学に進学している人は、全体の 22 パーセントである。
 知的障碍学生の居住の場として、州内に 14 ヶ所の知的障碍学生のための学生寮が完備されている。
 また、知的障碍学生の 7 パーセントが自宅から通学しており、その他の学生の多くは、障碍のない一般の学生と一緒に学生寮で生活している。



【引用おわり】

 マサチューセッツ州における大学に通う知的障害者は53歳と高齢者もいる。
 こうした高齢者も受け入れていることにはびっくりしてしまう。
 また、知的障害者の2割が大学進学している。
 この数値にも驚かされる。
 マサチューセッツ州では知的障害者の大学進学が常識化しているということだ。
 ここまでくるプロセスにはいろんな苦労があったと思うのだが。    

 (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?