FC2ブログ

米国各大学の取り組み等について調査・研究

 12, 2018 05:00
 知的障害者の大学受け入れに関して、評価システムにそって調査・研究が行われている。
 その内容は、ホームページで公表している。
 各大学の取り組みがどのような状況にあるか明らかになっている。
  
 そのことに関しての内容が以下の通りである。
 本報告書の引用は第60回目になる。
  


【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第1章 アメリカにおける知的障碍者の大学進学

第4節 アメリカにおける知的障碍者の大学進学の現状

2 アメリカ全土における大学の知的障碍者受け入れの全般的状況

 そこで問題になることは、THINK COLLEGE が関わっている学生については、評価システムをまとめる際は、学生の性別、出身地、あるいはその他の個人情報は記録に記載されないが、他のいろいろな情報源を見ると、個人の特定が可能になってしまうことである。
 そのため、この評価システムの結果というのは一切公表することができなくなっており、これは、連邦政府の個人情報守秘義務となっている。
 ただ、THINK COLLEGE は、この 27 のプロジェクトに関して、毎年、年次報ということでホームページで公表している。
 既に、初年度と 2 年度の内容はホームページ上に公表している。
 また、他の州も、THINK COLLEGE が制作した評価システムを有料で利用している。
 この評価システムを利用している州が、カリフォルニア州、サウスカロライナ州、ジョージア州、そして、ペンシルバニア州である。
 これらの州から上がってくるデータと、THINK COLLEGE が包括している 27 のプロジェクトの結果とを比較し分析なども行い各大学の取り組み等について調査・研究を行っている。



【引用おわり】

 以上のような調査内容を参考にして、知的障害者の大学受け入れにどんな課題があるか明確になる。
 今後の課題解決をどのように改善すべきか取り組みが可能だ。
 こうしたデータを積み上げてより良い取り組みを行う必要がある。 

 (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?