FC2ブログ

匿名の掲示板で炎上

 05, 2018 05:03
 米国における知的障害者の大学進学に関するシンポジウムで、鞍手ゆたか福祉会の理事長が発言している。
 日本の実情についてである。
 日本の由々しき問題について述べた。 
 知的障害者施設における殺傷事件と、日本でのカレッジにおける高等教育に関する実践についてである。
 
 そのことに関しての内容が以下の通りである。
 本報告書の引用は第53回目になる。
  


【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第1章 アメリカにおける知的障碍者の大学進学

第3節 アメリカにおける高等教育

4 オハイオ州全体の組織-インクルーシブな高等教育機関の就労支援に向けて

理事長
 「日本から来た長谷川と申します。
 私は、このプレゼンテーションを聞いて涙が出る程感動しました。
 その理由がふたつあります。
 ひとつは、先月日本でとても悲しい社会的事件が起こりました。
 それは、ある入所施設で 19 人が殺され 26人が傷つけられたという知的障碍者施設での事件です。
 それは、とても悲しい事件だったのですけど、その事件の後に匿名の掲示板の中で、その犯人を称賛するような記述がありました。
 そして犯人は、「障碍者なんてこの世にいなくなればいい」なんて言っているのですけど、それを支持するような掲示板の炎上がありました。
 そしてふたつ目は、日本では、知的障碍者で大学に行く人はほとんどいないのです。
 そのため、私たちは障碍者福祉の自立訓練の制度を使って4年間のカレッジを運営していて今、全国に5か所の拠点を作って120人が高等教育を受ける場を作っています。
 このことを全国紙の新聞記者が目に留めて 5 回の連載記事が毎週 1 回掲載されました。
 この中で知的障碍をもった人も大学に行くべきだと記者が書いたのに対してこれもインターネットの匿名サイトで「知的障碍者が大学に行くなんて大学をバカにしているのか」とか、あるいは「最高学部で何を学ぶのか」など圧倒的多数が批判的な意見を匿名サイトで述べています。



【引用おわり】

 ネットの匿名サイトでは、殺傷事件を賞賛する書き込みが多数あった。
 また、カレッジでの高等教育に対する批判が多数あった。
 知的障害者に対する偏見・差別が匿名をいいことに書き放題。
 表面的な正義感を振りかざした意見としか思えない。
 根強い偏見・差別に対しては地道な実践を積み重ねるしかない。     

 (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?