「ステージ」に見られる特長

 26, 2017 05:00
 わかりやすい情報提供紙「ステージ」には、わかりやすくする文章上の特長がある。
 それが以下に述べられている。
 なるほどと納得できる内容だ。

 打浪(古賀) 文子氏の論文からである。
 本論文の紹介は第32回目である。連続で紹介している。



【引用はじめ】

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jajls/17/1/17_KJ00009727988/_article/-char/ja/
社会言語科学
Vol. 17 (2014-2015) No. 1 p. 85-97
知的障害者への「わかりやすい」情報提供に関する検討 : 「ステージ」の実践と調査を中心に
打浪(古賀) 文子( 淑徳大学短期大学部こども学科 )

3、 「ステージ」の実践からの示唆

3.2 「ステージ」作成における「わかりやすさ」

 経験則 に基づいて作成されているとされる「ステージ」の文章を研究対象とした先行研究からは,以下のようなことがわかる。
 「ステージ」に見られる傾向として,一文が30字程度である。
 漢字の割合が3割程度である。
 長大漢字列(3文字以上の漢字連続語)が少ない。(羽山,2010).
  また,和語系動詞が多く見られる。
 数字表現では数字以外の袖象的表現や価値判断を含む数字以外の表現が見られる。(工藤ほか,2012).

(つづき)

【引用終わり】



 文章表現において、わかりやすいとは以上のようなことなのだ。
 私なりの言葉で言い換えると次のとおり。
 1. 一文は30字以内。
 2. 漢字は3割以内。
 3. 漢字が連続するのは3字以内。
 4. 和語系の動詞で表現する。
 5. 数字表現より大小、上下、多少といった比較語で。
 以上、わかりやすくするノウハウといっていい。  
        
  (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?