「ステージ」作成における「文章への配慮」

 23, 2017 05:00
 知的障害のある人に対して、わかりやすくする配慮をどうするか。
 わかりやすい情報提供紙「ステージ」にとって、文章表現が肝になる。
 編集者にとって、最も苦労したところである。
 以下にそのへんの事情を取り上げた。

 打浪(古賀) 文子氏の論文からである。
 本論文の紹介は第29回目である。連続で紹介している。



【引用はじめ】

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jajls/17/1/17_KJ00009727988/_article/-char/ja/
社会言語科学
Vol. 17 (2014-2015) No. 1 p. 85-97
知的障害者への「わかりやすい」情報提供に関する検討 : 「ステージ」の実践と調査を中心に
打浪(古賀) 文子( 淑徳大学短期大学部こども学科 )

3、 「ステージ」の実践からの示唆

3.2 「ステージ」作成における「わかりやすさ」

 文章への配慮としては,当事者とともに話題選択及び文章の読み合わせを行い作成することが最大の特長である.
 また,「ステージ」の立ち上げ及び紙面編集に長年かかわった毎日新聞社の野沢和弘氏は,「ステージ」の編集過程における経験則からの文章作成におけるルールを10以上挙げている (野沢,2006).

(つづき)

【引用終わり】



 「ステージ」の編集は、障害のある当事者と、編集経験豊富な専門家と二人三脚の取組があったことがわかる。
 話題選択段階からどうすればわかりやすい理解しやすい内容になるかを検討している。
 そして、文章表現はどうあれば良いか読み合わせする。
 話題が選ばれた段階で当事者から文章を書いてもらうこともあったに違いない。
 文章に誤りや問題があったら、直しを入れるようにしたのか。
 あるいは、下書きしたものをよりわかりやすいものに直していったのか。
 どっちだったかはわからない。
 しかし、当事者の役割はかなり大きかった。
 当事者が参画した情報紙「ステージ」は画期的だった。 
        
  (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?