◆障がいのある人の将来の暮らし方 研修会 大盛況

 25, 2017 09:32
5月23日(火)
山形市総合福祉センターを会場に、赤い羽根共同募金会配分事業としての研修会
「手をつなぐ」のマンガ”毎日がすったもんだ”のお母ちゃんが語る
「障がいのある人の将来の暮らし方」
~地域生活支援拠点ってなあに?~


講師に栃木県手をつなぐ育成会会長小島幸子氏をお迎えし
大盛況の開催となりました。



山形研修1


制度王子、又村あおいさんも特別ご出演!
山形研修3

 
アンケートも全部は掲載できませんが、抜粋して掲載させていただきます。
≪家族と支援者≫
・親の立場からの制度説明が新鮮であり、講師のバイタリティを感じた。育成会の活動の参考になると思う。
 もっと多くの会員が参加すると良いなと思った。
・日ごろ親として思っていることを小島さんが代弁してくれました。
 なかなか進まない親亡き後の課題について、もっと声を大きくして行政や支援してくださる方々と連携していかなければ、と強く思いました。
・母親目線のお話をお聴きし、お母さんがどう感じているのか、何を期待しているのか、身近に感じることができました。
 今後の業務に活かしていきたいです。
・親の思いから作り上げていく大変さと、支援者としてとりくんでいかなければいけないことなど、
 とっても、とっても考えさせられました。
 
≪おそらく相談支援事業所≫
・地域生活支援拠点、私たちの市ではどう作って行けばいいのだろう。行政、相談支援事業所も一緒に勉強出来たらいい。
・地域でどのように支援を行っていけばいいのか、行政を巻き込んだ協議会を立ち上げるヒントをいただいたように感じました。
 
≪家族、支援者両方から出てきた感想≫
・「障がい者は健常者の道徳の教材ではない」今まで考えたことがなく”はっ”とさせられました。
 まったくその通りだと思います。
・小島氏がご推薦する、又村氏の講演を聴いてみたいです。
 
≪その他≫
・育成会のパワーを感じました。
・同じ親として涙なしではうかがえない話ばかりでした。奥の深い深い内容でとても参考になりました。

会場は定員以上の人数が入りましたので余裕がなくご不便をおかけしました
2山形研修

真剣に笑いを誘う小島会長!
小島さん


ここは、育成会としての活動をアピール!
山形研修4



事務局としては、笑い過ぎて涙を流している人は見かけたのですが、
感動して涙を流している人もいらしたとは・・・
それにしても、相変わらずのパワーで山形に暴風を吹き込んで帰られました。
小島さん、本当にありがとうございました!

ご訪問ありがとうございます。事務局(F)


← よろしければポチッとお願いします。


関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?