交通に関するコミュニケーションカード

 18, 2017 05:04
 障がいのある子のためのコミュニケーションカードは、「交通」に関する言葉が次のとおり準備されている。
 横浜という大都市向けの言葉である。
 それぞれ住む地域によって、必要とする言葉の違いはある。
 生活の中でどの程度交通機関を使用するか。
 本人の生活において、どういう交通機関に接するかを把握して、コミュニケーションカードを自作するといい。 
 
 「セイフティネットプロジェクト横浜」の取組について、第14回目の紹介である。
 


【引用はじめ】

http://www.yokohamashakyo.jp/siencenter/safetynet/cboard.html 

◯ コミュニケーションカードのイラストダウンロード⑧

● 交通

 電車   バス   歩く   タクシー   バイク   自転車   車   駅
 バス停   タクシー乗り場   切符   定期券   SUICA PASMO
 きっぷ売り場   改札   ホーム   電車の中   乗り換え
 信号(青)   信号(赤)   信号機(車用)   横断歩道
 歩道橋   踏切

(つづき)

【引用終わり】



 本人たちにとって、ひんぱんに利用する交通手段をコミュニケーションカードとして準備するのだ。
 本人自らそのカードを提示して、要求をかなえられるようにしたい。
 何度も利用するものだから、そうしたやりとりは定着しやすい。    
    
  (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?