お願いしたいこと絵カード

 12, 2017 05:00
 障がいのある本人の要求が、相手に伝わりやすいコミュニケーションカードの作成ができる。
 そうしたツールが以下の内容である。
 わかりやすいイラスト入りのカードになっている。
 必要な場面で提示できるような練習はくりかえすといい。
 以下に引用した言葉は、使用するチャンスはあるだろう。
 本人と支援者等が互いにやりとりできる機会をつくることも必要だ。
 
 「セイフティネットプロジェクト横浜」の取組について、第10回目の紹介である。
 


【引用はじめ】

http://www.yokohamashakyo.jp/siencenter/safetynet/cboard.html 

◯ コミュニケーションカードのイラストダウンロード③

● お願いしたいこと

 お水ください
 食べたい
 道をおしえてください
 レジ袋を下さい
 あたためてください
 コピーしたい
 いっしょに行く
 待って

(つづき)

【引用終わり】



 本人にとって要求度の高いものからコミュニケーションカードを導入する。
 本人と支援者がやりとりを繰り返すことによって、適切な関係を定着できるようにする。
 もちろん、そのやりとりがうまくいくとは限らない。
 モデル提示なども必要である。
 段階を踏んで計画的に実施することである。   
    
  (ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?