◆知的障がい者理解啓発隊「花笠ほーぷ隊」が新聞の取材を受けました

 06, 2016 10:51
育成会よりバックアップをしていただいて活動を始めた、
知的障がい者理解啓発隊「花笠ほーぷ隊」が、朝日新聞社さんより取材をうけました。

地元の人たちに知的障がいのある子を知ってもらうことと、
わが子にはどんな仕事が合っているのかを知ることができる「ぷれジョブ」
その活動に興味を持ち、取材してくれていた新聞記者さんに、
「ぷれジョブつるおか」の代表を務めている、花笠ほーぷ隊のメンバーが
「山形県知的障がい者相談員・支部会長合同研修会」で、
疑似体験をとおした理解啓発セミナーがあることを教えてくれたことがきっかけでした。
記者さんは、山形県知的障がい者相談員・支部会長合同研修会にもカメラを持って来てくれました。

今回の取材では、どうして啓発隊を作ろうと思ったのか、とか
啓発隊が立ち上がるまでの経緯なども聞かれました。
まぁ、ちょっと相模原の事件の事なども聞かれたりはしましたが
私たちの啓発隊立ち上げには直接そのことは影響していないということもお伝えしました。

いつ、記事になるのかはまだ決まっておりませんが、年内中には掲載したいとのことでしたので
どんな記事になるのか、ドキドキしながら待ちたいと思います。

名刺利用

(送っていただいた「花笠ほーぷ隊」のマスコットキャラ)

それから、とてもうれしいことがありました。
花笠ぽーぷ隊のマスコットキャラのブタちゃんを
(名前は決まってないのですが、なぜかポークちゃんと呼ばれ始めている)
フェルトで可愛らしく作って送ってきてくださった方がおります。
表には出てきてくれませんが、こうやって私たちの活動を応援してくれる人が
いてくださることは本当にありがたいことだと思います。

花笠ほーぷ隊の本格的な活動は、おそらく来年度以降になるとおもいますが、
啓発セミナーを開いてくれる団体が増えてくれることを願っています。

ご訪問ありがとうございます。事務局(F)


← よろしければポチッとお願いします。



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?