◆障害者福祉・介護保険 65歳問題を知る(南陽市で開催)

 13, 2016 19:29
ライスステージに合った地域福祉充実事業の第2弾
障害者福祉・介護保険 65歳問題を知る
の研修会が「南陽市健康長寿センター」を会場に開かれました。

PA132480.jpg

まずは、南陽市手をつなぐ育成会の遠藤会長より挨拶
PA132483.jpg
昨年に引き続き、南予市での開催にご協力いただきありがとうございました。
(育成会の全国大会も、東北ブロック大会も必ず参加してくださる熱心な会長です)


講師には4年ほど前「山形県知的障がい者相談員研修」の時にも
一度おいでいただいたことがある「武田 庄司 氏」でした。

当時はまだ、県の事業団「山形県総合コロニー希望が丘」の総合施設長でしたが、
現在は老人の施設である「社福)羽陽の里」の施設長をやっておられます。

PA132485.jpg
講師の武田 庄司 氏  
相変わらず、ソフトな語り口で解りやすい講演でした。

参加者は、育成会の会員である親御さんたちはもちろん、
障がい福祉サービス提供事業所の職員さんもいらっしゃいました。
また、65歳問題には年数がだいぶあると思われる
特別支援学校の保護者さん、二組もご夫婦で参加くださっておりました。

PA132484.jpg

30名の参加者さんでした

PA132482.jpg

研修会後に書いていただいたアンケートには
参加して良かった。
新しい気づきがあった。
あやふやな部分をしっかり教えていただき良く解った。
というようにとても好評でしたし、
事業所を利用している利用者さんが高齢になってきているので、
まさにタイムリーな研修会でした。
さっそく、事業所に持ち帰って検討すべきことが解りました。
というような感想もいただきました。

お若い親御さんたちにとってはどうだったのか、少し心配していたのですが、
まだ先のことだと思っていたが、確実にその時はくるので
今回、色々なことを知ることができて良かった。
というような感想を書いていただきましたので、本当に良かったです。

さて、まだ地域福祉充実事業は続きます。
来週は、新庄市での「差別解消法・虐待防止を考える」が開催されます。
今年の四月から「障害者差別解消法」が施行されましたが、
数か月経ってどうなのか、虐待防止法はどうなのか、
ということについて聞けるのではないかと思います。

来週の研修会の参加申し込みは、まだ受け付けておりますので
お申し込みをお待ちしております。

ご訪問ありがとうございました。事務局(F)



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?