◆山形県知的障がい者相談員・支部会長合同研修会(フォト報告)

 21, 2015 10:11
11月18日・19日の両日、東根市の「東紅苑」で
山形県知的障がい者相談員・支部会長合同研修会が開かれました。
PB191962.jpg

第1日目
PB191963.jpg

県障がい福祉課 大江補佐
PB181953.jpg

PB181952.jpg

PB181956.jpg


村山特別支援学校 齊藤校長
PB181957.jpg


PB181959.jpg

それぞれの立場から障害者差別解消・合理的配慮について
お話しくださいました。

さて、第2日目
PB191965.jpg


県難病相談支援センター 小笠原主幹
PB191967.jpg


南陽市で開かれた研修会でも出てきた医学モデルと社会モデルのお話しがでました。
PB191971.jpg


PB191969.jpg

相談員として気を付けていることを詳しく教えていただきました。
相談に対して、相談員が独断で答えを出してしまわないことが重要だ、
ということをおっしゃっておりました。
相談者の方の話をよく聞いて、どんな解決方法が良いのかを一緒に考えることが
良いのだそうです。
そう言われたらそうですよね。人から決められたことをやるよりも
自分で決断したことのほうが絶対に頑張れますものね!

参加されたみなさん、お疲れ様でした。

ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?