◆(仮称)家族と支援者が共に学ぶセミナー 実行委員会

 25, 2015 14:13
知的障害者福祉協会、手をつなぐ育成会、
どちらの団体も知的な障害を持つ本人を支えるための組織です。

片方は施設を経営する支援者の団体で、
片方は当事者家族の団体です。

どちらも、知的しょうがいのある本人を支えるために活動していますので、
協力体制はそこそこありますが、双方とも方向性が微妙に違っていたりしますので
親たちと支援者とが一緒になって同じ研修を受けるということはありませんでした。

P8231913.jpg

最近東北の数県で、福祉協会と育成会との合同研修会を開いている
という話が伝わってきておりました。
ある県の合同研修会に出席してきた福祉協会の井上会長は、
その必要性を実感したそうです。
そこで我々育成会に「是非一緒に合同研修会をやりましょう」
とお声をかけてくださいました。

そしてその実行委員会が昨日開かれました。
山形県では、福祉協会と育成会だけではなく
重度心身障害児者を守る会や、県福祉事業団、
事業団の保護者会連合会などにも声をかけ、
「山形県家族と支援者が共に学ぶセミナー(仮称)」を
開くことにしました。

せっかくのセミナーですので、たくさんの方に参加していただきたいですし
1日をかけたセミナーにする予定です。
まだ、本決まりではありませんので、
今は詳しくお伝えすることはできませんが、
午前中は講演会、午後からはさまざまな分科会を開くことになりそうです。

昨日の実行委員会でも、いろいろな案が出てきましたので
これまでにはないような充実したセミナーになるような気がします。

今後何回か実行委員会を開いて色々決定していくと思いますので、
決まりましたらまたこちらでも告知させていただきます。

それまでお楽しみにお待ちください(^^♪


ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?