FC2ブログ

障害のある人のきょうだいへの調査報告書

 24, 2015 05:00
 以下のような「障害のある人のきょうだいへの調査報告書」(平成20年6月発行)をこれから継続して紹介する。
 その第1回目は「目次」である。
 「子ども時代の家庭での経験」 
 「障害のある兄弟姉妹がいることの影響」
 といった内容が含まれる。
 以下、引用する。



【引用はじめ】

障害のある人の きょうだいへの調査 報告書

障害者の家族支援を目指すための調査研究Ⅱ
-特に支援体制が遅れているきょうだいへの支援を視野に入れて-
平成20年6月発行
財団法人国際障害者年記念ナイスハート基金
http://www.niceheart.or.jp/jigyonaiyomenu/kazokusien/

目  次
調査概要・基本属性……………………………………………………………………………2
序章 障害のある人のきょうだいの実態調査
    -調査の目的と調査結果のポイント-……………………………………………8
第 1 部 基礎データ(アンケート調査)および分析編………………………………… 11
  第 1 章 子ども時代の家庭での経験(家族機能) ………………………………… 12
  第 2 章 子ども時代の家庭での経験と自分の様子との関係性…………………… 17 第1節 アダルト・チルドレン …………………………………………… 18 第2節 困難な状況にあるにも関わらず適応する力と自尊心との関係性 ……24 第3節 日常の満足度 ……………………………………………………… 30
第 3 章 障害のある兄弟姉妹がいることの影響 …………………………………… 31 第1節 悩んだこと、良かったこと ……………………………………… 32
    第 2 節 人生に影響があったと思うこと ………………………………… 34
    第 3 節 友だちとの関係 …………………………………………………… 38
    第 4 節 将来の世話について ……………………………………………… 40
    第 5 節 障害のある兄弟姉妹が家族にいること ………………………… 45
< 学習会報告 (1)>「障害者家族について」 …………………………………………48   
日本福祉大学准教授 末盛 慶
第 2 部 障害者のいない家族との比較編………………………………………………… 53
<学習会報告 (2) >「不登校児やひきこもりがいる家族」 ……………………… 54
NPO法人フリースペースたまりば理事長 西野博之
<学習会報告 (3) >「依存症者のいる家族」 ……………………………………… 58
ヒーリング&リカバリー インスティチュート所長 水澤都加佐
課題と方向性………………………………………………………………………………… 66
資料編………………………………………………………………………………………… 69   
調査票見本……………………………………………………………………………… 70   
基礎集計表……………………………………………………………………………… 80
研究会委員(調査・分析メンバー) ………………………………………………………98
執筆担当

【引用おわり】



 障がい者のいる家族でもきょうだいへの支援はあまり注目されてこなかった。
 しかし、きょうだい達が家族内で育つ過程において大きな影響を受けないはずがなかった。
 それを詳しく扱ったのが本調査である。
 今後の指針を与えてくれるものでないかと期待している。

(ケー)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?