◆まだ実感がわきませんが・・・

 28, 2015 10:30
昨晩の投稿で、実家の父が亡くなったことを書きましたが
まだ色々な雑務が残っていますので、父がいなくなったという実感が
あるような、ないようなハッキリしない気持ちでいます。

父は、地元で民生員も務めていた事もありました。
1人暮らしのお年寄に何か緊急の事態があった時にボタンを押すと
自宅に連絡が来るような装置を置いたりして、
ボタンが押されると、夜中でもそのお宅に駆け付けていくような人でした。
それが、緊急の事ではないことも多々あったようですが
本人に苦情を言うことは無く、ボタンが押されたらすぐに駆けつけていたそうです。

blog_import_52a8289a9100b.jpg

父が亡くなり葬儀関係の事については、
喪主で東京から帰省してきた私の弟が対処していましたが
親戚関係の事などは母が決めていました。
ある決め事のとき、
「んじゃ、それはウチの人と相談・・あ、もう居ないんだな・・私が決めなくちゃならないんだな」
と、母の口から言葉がこぼれた時、これまで積み上げてきた夫婦の年月を感じました。

フラワー

これから、おじいちゃんの遺影にしか会えなくなった実家に
障がいのある次男を連れていく事になりますが、
理解できるかな・・・
でも、父が病院に入院していた時に次男を連れて実家に行ったときのこと、
いつも座っている椅子におじいちゃんが居ない事を確認すると
おじいちゃんが寝ていた部屋に行き、おじいちゃんのベッドに腰掛け
ずーっと何か物思いにふけっているような様子を見たことがありました。
今回のことも次男なりに何か感じるかもしれませんね。

ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?