◆障害基礎年金研修会(米沢市で開催)

 07, 2014 12:00
山形県手をつなぐ育成会地域活性化事業としての研修会
「障害基礎年金の研修会」を、昨日(6日月曜日)
米沢市のすこやかセンターで行いました。

と、さっそうと写真をUPしようと思ったのですが・・・
とんだ失態をしてしまいました。

なんと、写真を撮るのを忘れました(@_@;)ガーン!です。
この事業は赤い羽根共同募金会さんより配分金をいただいて開催しています。
ですので、報告書と一緒に写真を添付しなければいけないのです・・・

でも、まあ、来月も同じテーマで酒田でも研修会をやるので、そちらを撮ればいいか!
とポジティブに考え直し(^^ゞ 報告だけさせていただきます。

PA071303.jpg
これだけでご勘弁(^^ゞ

平成26年10月6日(月)午前10:00~12:00
米沢市すこやかセンター 研修室  参加者 22名
講師には、サポートセンターおきたま の鈴木ひとみ所長においでいただき
資料には、診断書や病歴状況等申立書の現物もお持ちいただきました。

記入の際の注意として、日常生活状況の欄の、「着替え」については、
1.自発的にできる というのは、一人暮らしをした場合に
季節に合った服装を自分で選んで準備し、ちぐはぐな組み合わせをせずに
コーディネイトできて、着替えることができるか。
という事を聞いています。
誰かが準備してくれたものを、自分で着るだけということでは、
自発的にできた、とは言いません。
というように、とても丁寧にお話ししてくださいました。


私も、会員の方がちょっと苦労して申請した事例をお話しさせていただいたのですが
参加者さんの反応を見るとやはり「主治医の診断書」がネックになるようです。

詳しく書くと長くなってしまいますので省略しますが、
お聞きになりたい方は、来月11月6日(木)に酒田市にあります
東北公益文科大学 公益ホール 2階 研修室でも
同じく「障害基礎年金」についての研修会を開きますので、
是非、おいでください!!


さて、後半は座談会形式で、ざっくばらんに質疑応答がありました。
参加者の方々からはさまざまな質問がありましたが、
「うちは、ぜんぜんダメだ(年金がもらえないの意味)だって、全部自分でできるもの」
とおっしゃった方がいました。

私は心の中で「おいおい(・_・;)鈴木所長の話をよく聞いてた?全部自分でできたら
支援学校には入ってないでしょーよ!」と突っ込みを入れていたのですが、
鈴木所長は「(^^)そうですか、でもお家の中と学校ではまた違うかもしれないので
担任の先生に聞いてみると『こういうところは苦手ですね』という事が分かるかもしれませんよ」
と、にこやかにお答えになっていらっしゃったので、サスガ人間ができてる!
と、自己反省しながら聞いておりました。^_^;

皆さんから書いていただいたアンケートも一部ご紹介します。
・大変ためになりました。
 解らない事、たくさんあり、不安+心配でしたが、
 将来へ向けての道が明るくなった気がします。
 相談できる所があるという事心強いです!

・たいへん詳しい情報を得ることができとても良かった。
 とても良い雰囲気の中でざっくばらんに話ができて良かった。
 ありがとうございました。

・先輩お母さんの実話は大変参考になりました。

・実際の資料があり良かった。これから準備するのに大変ためになりました。

・障害基礎年金、子どもにとって大切な事、頑張ってやっていきたいです。


学校を卒業して2年なんてすぐにやってきます。
心構えをして、いまから準備できるものはしておいた方が絶対に良いですよ!(F)


← よろしければポチッとお願いします。

左サイドバーのバナーでもOKですm(__)m



関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?