FC2ブログ

よく分かる障害福祉用語5

 30, 2011 10:32
今回は、以前も少し触れていました「就労継続支援」についてです。

*************************************************


就労継続支援とは、会社での仕事は難しい人が、お手伝いを受けながら働くためのサービスです。

就労継続支援には、次のような特徴があります。

特徴1
会社での仕事に近い仕事をするかわりにお給料が多い「A型
軽い作業が中心になるかわりにお給料が少ない「B型」があります。

特徴2
利用できる期間に制限はありませんが、会社での仕事ができるようになったかどうかなどを、定期的に確認します。

50歳未満の人は年に1回、50歳以上の人は3年に1回、確認があります。

この他、軽い作業などを行う場として、地域生活支援事業の「地域活動支援センター」という場所もあります。
※よくわかる障害福祉用語2で紹介しています。

***************************************************

特別支援学校を卒業した人たちが一番利用しているのが就労継続支援B型だそうです。
その次が生活介護(よく分かる障害福祉用語1)になっているそうです。
そして、そのどちらを利用するのが子どもにとってベストなのか!というのを見極めるのが難しく、生活介護にいる人の方が、就労継続B型にいる人よりも仕事が出来るなどという事実もあるようですね

次回につづく(F)
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?