FC2ブログ

Photo Gallery

 韓国ナザレ大学のカリキュラムは、障害者用の専門科目と一般学生と一緒に学ぶ教養科目がある。
 専門科目では「ビジネスマナー」などで職務技術を学ぶ。
 障害者心理や協調性を学ぶ専門科目もある。
 一般学生と一緒に学ぶ教養科目は、どうしても成績は低くなる。

 以下において、そうした内容が詳しく述べられている。  
 本報告書の引用は第294回目だ。
 
 

【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第4章 韓国における知的障碍者の大学進学

第10節 夕食懇親会

 坂本:今日いただいた資料にカリキュラムは入っていますか。

 キム教授:入っています。

 坂本:普通の大学とは違うカリキュラムも入っていると思いますが。

 キム教授:カリキュラム自体は異なっているところはありませんが、それらのカリキュラムの中に学生たちが取得することのできるプ
  ログラムが入っています。

 坂本:今朝の先生の授業「ビジネスマナー」はどういうカリキュラムですか。

 キム教授:「職務技術」です。主に職業関連のことを教えています。就業専門家ですから。
  その他に、学生たちの心理や協調性などは他の先生が指導しています。教養科目は統合科目ですので一般学生と同じです。
  専攻科目だけは障碍を持っている学生が中心です。
  問題は、教養科目を受けたら一般学生と競争しなければいけないので、教養科目は点数が低くになります。
  だから保護者たちは「教養科目も成績がよく出るように、障碍学生同士でやればいいではないか」と言っていますが先生たちは違
  います。
  教養科目のところで一般学生と触れ合いながら、一般常識などを見習うことができます。長所を勉強することができます。
  「点数が低いと成績が低く出るから」 ということで、障碍同士のクラスを作ると過保護になってしまうから発展がありません。

 理事長:障碍のある人とない人の期末試験の問題は同じですか。

 キム教授:同じです。

 チェ教授:レポートも同じです。

 キム教授:だから教養科目は大変だと言っています。一般学生と競争ですからね。

 坂本:トータルで取る単位の数も一緒ですか。

 キム教授:4 年間で 127 単位を取らないと卒業できません。一般学生も同じです。

 坂本:専攻の単位と統合の単位と合わせて 127 単位ですか?

 キム教授:そうです。合わせて 127 単位です。最小限が 127 単位です。1 単位でも足りないと卒業できません。

 

【引用おわり】

 卒業するためには、障害のある学生も4年間で127単位が必要である。
 専門科目、教養科目の単位を取ってはじめて卒業できる。
 障害のある学生には、そう容易なことではない。
 そうした厳しさを課すことで、障害のある学生の成長がある。         

(ケー)

WHAT'S NEW?