FC2ブログ

Photo Gallery

 韓国ナザレ大学では、知的障害のある学生が卒業すれば学士の資格を与える。
 これは米国、カナダ、オーストラリアの大学でも行われていない。
 世界でも唯一である。

 以下において、そうした内容が詳しく述べられている。  
 本報告書の引用は第291回目だ。
 
 

【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第4章 韓国における知的障碍者の大学進学

第10節 夕食懇親会

 理事長:卒業したら卒業証書はもらえるのですか。

 キム教授:卒業したら一般大学の卒業生と同じように正式な学位が与えられます。
  他の障碍者関連の教育機関も教育はしますが、大学を卒業した人と同じように学士を与えない大学はいくつかあります。
  3 年課程や 4 年課程 などいろいろありますが、障碍教育課程のような機関では修了証は与えられるけども学位は与えられませ
  ん。

 理事長:私たちもアメリカのマサチューセッツ州立大学や UCLA など、数人の知的障碍者を受け入れている大学を見てきましたが、
  どこも学士は与えていませんでした。
  カナダやオーストラリアでもそうでした。

 キム教授:ナザレ大学のケースが唯一で、独特なケースだと思います。これについてはもちろん議論があります。
  知的障碍のある学生も高等教育を受ける権利があります。
  この権利があるということは、同等にお金を払っていろんな課程を履修する権利があるということです。
  それが問題ないと考える理由は、彼らも自分なりの競争を突破して入学をします。
  一般学生が入学試験で競争をして入学するのと同じケースです。激しい競争を得て入学するから何も問題ないと思います。
  先ほどの理事長のプレゼンで動画を見たこの学科の教員が、「日本のケースは生活のプログラムが多いから、うちの学科も見習
  わなければいけない」と言っていました。
  そのようなところは見習って適応していきたいと思います。生活プログラムがよくできています。
  お互いの長所を見習って発展していけたらいいですね。ウィンウィンの関係、持ちつ持たれつの関係になると思います。
  今日視察していただいたリハビリ自立学科は、正直インフラはありません。
  しかし、教員たちの情熱や意志、希望があるからこれからの将来が有望です。
  日本ではインフラがきちんと整備されていると思いますが。

 

【引用おわり】

 知的障害のある学生にも高等教育を受ける権利がある。
 そうであるなら、大学の教育課程を履修すれば学士の資格を与えるべきだ。
 それが韓国ナザレ大学の考え方である。       

(ケー)

WHAT'S NEW?