FC2ブログ

Photo Gallery

 韓国ナザレ大学における障害のある学生たちは、アルバイトなどもしている。
 雇用してくれるところも増えている。
 知的障害のある学生も奨学金を受けられる制度がある。

 以下において、そうした内容が詳しく述べられている。  
 本報告書の引用は第284回目だ。
 
 

【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第4章 韓国における知的障碍者の大学進学

第9節 総括討論会

 猪狩:アルバイトしている学生はいますか?

 キム氏:います。例えば按摩士。按摩の資格を持っている学生も多くいます。
  さきほど、補助工学センターで見学されたように点字の紙をモニターに写す器具があります。
  器具の作成過程では、点字に関する知識のある障碍者が求められる場合があります。
  そういった製作会社や機関でバイトする場合があります。そこでは課題やノルマが与えられます。
  一日何枚ぐらい作ってくださいなど、一般の方が翻訳のバイトをするのと同じです。
  その他にも、知的障碍者がコンビニのレジやレストランのホール。
  マクドナルドやロッテリアでも障碍者のアルバイトの雇用が増えています。
  アルバイトとして働ける場所がたくさん増えています。
  正職は難しいですがアルバイトで社会経験を積むことができる環境がたくさんあります。

 猪狩:入学してくる学生の家族は熱心で経済的にも余裕のあるところが多いですか?

 キム氏:経済的なゆとりがある家庭やそうではない家庭など様々です。奨学金の支援を受けている学生もいます。

 猪狩:身体的な障碍を持つ方は成績に応じた奨学金を受けることが想定できますが、知的に障碍を持つ方も奨学金を受けること  ができるのでしょうか?

 キム氏:リハビリ自立学科の学生のうち 100 パーセントの学生が知的に障碍を持っています。
  そちらでも、他の学科と同じく、成績が伸びていることを証明できれば奨学金を受けることができます。

 猪狩:それは良いことですね。

 坂本:成長している人が。もらえるのですね。

 猪狩:李さんはとても分かりやすく通訳していただいていますが、この大学やこういった取り組みがあるのはご存知でしたか?

 李氏:全然、知りませんでした。通訳の経験はあるのですが、こういった障碍者を支援する大学で通訳したのは初めてです。

 猪狩:これがひとつの出会いですね。前から知ってらっしゃるような感じで通訳して頂きました

 李氏:さっきお会いした男性が私の後輩です。現在、大学院で勉強しています。息子が自閉症です。
  ある日、「先輩、バイトしますか?田舎ですが」と。ソウルから遠いなと感じましたが。とりあえずやってきました。
  後輩は ソルといいます。日本の大阪で語学研修していたようです。

 坂本:とても関心のある方ですね。

 李氏:自分の息子のこともありますし、まだまだ、障碍者を受け入れる社会は初期段階。
  熱心にやれば希望があると考えているようです。

 

【引用おわり】

 障害のある学生はアルバイトをすることで、社会経験を積んだりしている。
 知的障害のある学生は成績が伸びていれば奨学金を受けることができる。    

(ケー)

WHAT'S NEW?