FC2ブログ

Photo Gallery

 大学に障害のある学生を受け入れるために、教員たちもインクルージョンアルバータによる研修を受講している。
 インクルーシブ教育プログラムのあり方について、大学職員が事前に理解してもらうためである。
 障害のある学生にとって、より良い授業とはどういうものかなどを学ぶのだ。

 以下において、そうした内容が詳しく述べられている。  
 本報告書の引用は第159回目だ。
 
 

【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第2章 カナダにおける知的障碍者の大学進学

第6節 アンブローズ大学の取り組み

4 教員の障碍学生理解と支援のための研修

 大学では、障碍学生の受け皿を固めていくために、障碍学生を受け入れるにあたって、教員らはインクルージョンアルバータによる研修を受けている。
 インクルージョンアルバータは、インクルーシブ教育プログラムを受け入れてくれている大学の職員や教員、学内でリーダーシップを取ってくれる部署の職員に対し、きちんとオリエンテーションを行い情報提供している。
 研修の内容としては、実際に教室に立って教える教員らが障碍学生を受け入れる際にどのようにすればよりよい授業ができるようになるかなどを取り上げ、大学でインクルーシブ教育のリーダーとなる人たちが方向性をしっかりと理解することができることを目指している。
 新しい大学がこのようなインクルーシブ教育プログラムを開始する際には最初から全部をやろうとせず、まず得意な分野で小さな実践をやってみて、その実践体験を積み上げ、多方面に広げていくことが重要である。

 

【引用おわり】

 障害のある学生をはじめて受け入れようとする大学では、できるところから少しずつ取り組んだ方がいい。
 実践的に成功体験を積み上げていくことである。
 障害のある学生も、大学スタッフや一般の学生にとっても良かったと思える小さな体験の積み重ねこそ大切にすべきだ。     
  
 (ケー)

WHAT'S NEW?