FC2ブログ

Photo Gallery

 マウントロイヤル大学に在籍しているジョブさんは、卒業後の就労に向けてていねいな支援を受けている。
 ジョブさんを支援する教員は、卒業後の進路支援に役立つ個人ファイルを作成している。

 以下において、そうした内容が詳しく述べられている。  
 本報告書の引用は第145回目だ。
  


【引用はじめ】

file:///C:/Users/仁/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/ZKHT9TQV/kaigaishisatsu.pdf
諸外国における 知的障碍者の大学進学 ~アメリカ・カナダ・オーストラリア・韓国の現状~
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会 海外知的障碍者高等教育研究班
長谷川 正人・長谷川 美栄・志免木 章・井手 祐輔/他
2016年11月30日

第2章 カナダにおける知的障碍者の大学進学

第3節 マウントロイヤル大学の取り組み

4 マウントロイヤル大学における障碍学生支援

 ジョブさんを指導する支援教員は、卒業後に向けた就労支援について以下のように述べている。
 「卒業後の進路支援については、個人ファイルを作成し、その中に4年間でジョブさんが学んできたことや身につけてきたことを記載しているので、それを活用しながら彼と一緒に就労先を訪問するなどしています。
 私たちの大学では、これまで、 かなり長い年数就労支援を行ってきたノウハウの蓄積もあるため、毎年 70~80%の障碍学生が一般企業に就職しています。」



【引用おわり】

 今まで多くの知的障害のある学生をマウントロイヤル大学では受け入れてきた。
 そのため、それぞれの学生に関する就労支援のノウハウを蓄積してきている。
 個々の学生に即した就労支援がなされてきた。
 一般就労率も70~80%というからかなりの高率だ。           

 (ケー)

WHAT'S NEW?