FC2ブログ

Photo Gallery


 ADHDの障害のある児童生徒は、「常識がない」行動が目立つ。社会的ルールがわからない傾向がある。対人関係でトラブルを引き起こしたりすることがある。以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第56回目の引用となる。
 
<hr size="1" />
【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-6 自立と社会参加に必要な指導内容の設定

 障害の状態や年齢を考慮しつつ、人間関係作り、学校、家庭、地域での役割作りに配慮する。卒業後の生活や進路を見据えて、一貫したキャリア教育の充実を図る。そのため、体験的活動や就業体験を充実させると共に、本人が自己選択・自己判断する機会を増やし、自分なりの生き方を考え、主体的に進路を選択できるようする。また、それぞれの発達の進んでいる側面を伸ばすことにより、自分の長所の自覚を促す。さらに、社会適応に必要な技術や態度が身に付くよう指導内容を工夫する。

例:

ADHD


 社会生活上のルールの理解と行動の仕方についての指導(謝罪や依頼の仕方、思ったことをすぐに言ってはいけないことなど)

 
<hr size="1" />
【引用おわり】

 ADHDの障害のある児童生徒の多くは、自分のことで精いっぱい。他を省みることが難しい。そのため、常識がない、世間知らずの行動をしまいがち。こうした行動傾向を踏まえて、余裕ある支援が必要となる。   
                
(ケー)

 LDの児童にとって、社会生活のルール理解が苦手だったりする。
 また、行動の仕方にもうまくいかないこともある。
 こうした問題が生ずることを減らすことも大事となる。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第55回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-6 自立と社会参加に必要な指導内容の設定

 障害の状態や年齢を考慮しつつ、人間関係作り、学校、家庭、地域での役割作りに配慮する。卒業後の生活や進路を見据えて、一貫したキャリア教育の充実を図る。そのため、体験的活動や就業体験を充実させると共に、本人が自己選択・自己判断する機会を増やし、自分なりの生き方を考え、主体的に進路を選択できるようする。また、それぞれの発達の進んでいる側面を伸ばすことにより、自分の長所の自覚を促す。さらに、社会適応に必要な技術や態度が身に付くよう指導内容を工夫する。

例:
LD

 社会生活上のルールの理解と行動の仕方についての指導(相手の表情の見方、分からないときの質問や依頼の仕方 など)



【引用おわり】

 失敗を繰り返すことがないように、ていねいな対応が必要だ。
 LDの子はマイペースなところがあり、友だちとトラブルを起こすことがしばしばある。
 人づきあいのマナーなどを学ぶことも重要である。  
                
(ケー)
 自閉症児は、人同士との関わりが弱く、一緒に楽しく遊ぶなどの関係づくりが苦手である。
 関係づくりのためには、個別の関わり、小集団による関わりなど段階的に学べるようにしていく。
 指導内容も障害の実態に合わせたものを準備する。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第54回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-6 自立と社会参加に必要な指導内容の設定

 障害の状態や年齢を考慮しつつ、人間関係作り、学校、家庭、地域での役割作りに配慮する。卒業後の生活や進路を見据えて、一貫したキャリア教育の充実を図る。そのため、体験的活動や就業体験を充実させると共に、本人が自己選択・自己判断する機会を増やし、自分なりの生き方を考え、主体的に進路を選択できるようする。また、それぞれの発達の進んでいる側面を伸ばすことにより、自分の長所の自覚を促す。さらに、社会適応に必要な技術や態度が身に付くよう指導内容を工夫する。

例:
自閉症・情緒障害

 社会適応に必要な技術や態度が身に付くよう指導内容を工夫する。



【引用おわり】

 自閉症の社会性の偏りや遅れを十分踏まえて、それに合った指導が求められる。
 本人の多角的な実態把握こそ大事になる。   
                
(ケー)
 知的障害のある子は、年齢を考慮し、発達段階にも応じた指導内容が必要だ。
 実生活にねざしたものである。
 それぞれの実態に合った役割によって、活動できるようにする。
 個々の活動が自立的で充実したものになるよう組み立てることである。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第53回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-6 自立と社会参加に必要な指導内容の設定

 障害の状態や年齢を考慮しつつ、人間関係作り、学校、家庭、地域での役割作りに配慮する。卒業後の生活や進路を見据えて、一貫したキャリア教育の充実を図る。そのため、体験的活動や就業体験を充実させると共に、本人が自己選択・自己判断する機会を増やし、自分なりの生き方を考え、主体的に進路を選択できるようする。また、それぞれの発達の進んでいる側面を伸ばすことにより、自分の長所の自覚を促す。さらに、社会適応に必要な技術や態度が身に付くよう指導内容を工夫する。

例:
知的障害

 学校生活において、年齢段階を考慮しつつ、知的発達の遅れやそれまでの経験などに応じた役割を分担できるようにする。



【引用おわり】

 知的発達をふまえての指導内容を計画的に行う。
 実年齢も考慮する。
 本人が主体的に活動できるようにしなければならない。  
                
(ケー)
 ADHDの子は感情の起伏が激しい。
 ちょっとしたことで、怒りのスイッチが入ってしまう。
 そうなると、周囲とのトラブルになってしまうこともある。
 こうした怒りなどをいかにコントロールするかが重要である。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第52回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-5 心理状態・健康状態への配慮

 障害の状態と健康状態により指導の内容・方法を柔軟に調整する。障害を起因とした不安感や孤独感を解消し、自尊心を高める配慮を行う。

例:
ADHD

 怒りや衝動性への配慮(怒りを抑える方法や自分がしたい行動を我慢する方法、ストレスを解消する方法などの指導)
 習得した心理コントロール法を実施するための時間や場所を確保する(カームダウンスペースの使用 など)
 自尊感情を高めることができるようにする(叱責を繰り返さない。努力を認め、以前よりよくなったことや同じようにできたことを褒める など)
 生活リズムを保つ配慮(日中に十分体を動かし、夜はぐっすり眠れるようにする など)
 服薬の管理(服薬している場合は、本人の状況に応じて自分で管理できるようにしていく)



【引用おわり】

 怒りの感情を抑えるには、一呼吸して間をおく。
 そうしたコントロールの仕方を学ぶことである。
 間をおいて、好きなことを思い浮かべたり、その場を離れるなどする。
 こうしたことにより、ささいなことに怒っていることがだんだんとわかってくる。 
                
(ケー)
 LDの障害のある子は自尊感情が低い。
 学習や行動上の失敗の積み重ねが、自分自身を低く見てしまう。
 叱責、いじめなどがそうした見方をしてしまうのである。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第51回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-5 心理状態・健康状態への配慮

 障害の状態と健康状態により指導の内容・方法を柔軟に調整する。障害を起因とした不安感や孤独感を解消し、自尊心を高める配慮を行う。

例:
LD

 自尊感情を高めることができるようにする(課題遂行に向けた複数の方法を用意し得意な方法を選択できるようにする。叱責を少なくし、できたことを褒める。「どうしてできないの?」などと責めない。など)



【引用おわり】

 得意な面に着目し、それを伸ばしていくことに努める。
 学習上や対人関係上の失敗を大きく取り上げないことである。
 困難や失敗が予想される場合は、事前に援助のあり方を準備しておく。
                
(ケー)
 自閉症等の障害では、情緒不安からパニックを起こすこともある。
 また、学校という環境に対する心理不安から、不登校などが生じ、ひきこもりに陥ることもある。
 こうした問題への迅速な対応が求められる。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第50回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-5 心理状態・健康状態への配慮

 障害の状態と健康状態により指導の内容・方法を柔軟に調整する。障害を起因とした不安感や孤独感を解消し、自尊心を高める配慮を行う。

例:
自閉症・情緒障害

 二次的な障害(情緒不安や不登校、ひきこもりなど)が起きやすいことから、予防に努めると共に、二次障害を早期に発見する。
 心理的要因で情緒障害となっている児童生徒については、それぞれの情緒の状態に配慮した指導を工夫する。(カウンセリング対応や学習空白への対応、医師の診断を踏まえた対応など)



【引用おわり】

 上記の問題は、学校として組織的に対応することである。
 コーディネーターが中心になって関係者が統一的な見解のもとで対策をねる。
 管理職はもちろん、心理職や医師、そして家族などの意見も尊重する。  
               
(ケー)
 知的障害のある子は、環境変化にうまく適応できない場合がある。
 その時々の状況を踏まえた対応が必要である。
 指導面でも本人の状況に合わせて行うことが大切となる。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第49回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-5 心理状態・健康状態への配慮

 障害の状態と健康状態により指導の内容・方法を柔軟に調整する。障害を起因とした不安感や孤独感を解消し、自尊心を高める配慮を行う。

例:
知的障害

 心理状態や健康状態により、指導内容や方法を柔軟に調整する。
 外部からは分かりにくい自尊感情や自己肯定感、ストレスなどの状態を把握する。



【引用おわり】

 健康面の問題では、てんかん発作が起きた場合の対応など教師間で事前に話し合っておくことだ。
 周囲の理解を図っておかねばならない。
 毎日の健康チェックなど欠かさず行うことも大切となる。  
               
(ケー)
 ADHDのある子は、相手に対する気配りができない傾向がある。
 そのため、人間関係がうまくできない。
 学級内でさまざまなトラブルを引き起こしてしまいがちだ。
 そのため、学級内で嫌われっ子になってしまう。
 こうしたことにならない手立てが大事となる。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第48回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-4 人間関係の構築への配慮

 集団におけるコミュニケーションについて配慮すると共に、他の子どもに対して障害特性等について理解を深めるような教育を行う。

例:
ADHD

 学級の受容的な人間関係づくり(差別されないこと。本人にルールを事前に伝え、適切や行動や発言ができるようにする。受容的な友達を近くの座席に配置する など)
 グループ活動をする場合のメンバー構成の配慮



【引用おわり】

 ADHDの子は、自分勝手と思われがちで、誤解されやすい。
 衝動的にやってしまったり、言ってしまって相手へ配慮の欠けることをなってしまう。
 学級の仲間に障害の特性を事前に説明しておくことも大事である。
 また、本人に対して衝動的な行動を避けるような本人なりの工夫を学ばせることだ。
 話する時は、大事なところを復唱するなどである。
 相手が話し終わるまで口をはさまないことも学ぶ必要がある。  
               
(ケー)
 LDの子にとって、学級内で孤立したり、いじめなどの問題に合わないようにしなければならない。
 学級における仲間づくりが大切だ。
 特別視せず、明け隔てない関係づくりが求められる。
 少々の失敗や問題にも平静な対応こそ重要となる。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第47回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-3 心理面等での配慮>

(1)-3-4 人間関係の構築への配慮

 集団におけるコミュニケーションについて配慮すると共に、他の子どもに対して障害特性等について理解を深めるような教育を行う。

例:
LD

 学級の受容的な人間関係づくり(差別されないこと。一部の教科学習ができないことによって全体を低く評価されない。得意なことを認め合う など)



【引用おわり】

 学級内が互いを認め、受容的であることに担任などが努めることである。  
               
(ケー)

WHAT'S NEW?