Photo Gallery

 わかりやすい表現にする。
 それには、複雑な表現は避ける。
 単純な表現でいい。
 文学表現じゃない。
 こったものは必要ない。
 わかりやすくが大事。

 そうした問題提起は以下のとおり。
 打浪文子氏の著述から第22回目の引用となる。 



【引用はじめ】

大阪+知的障害+地域+おもろい=創造
知の知の知の知
社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会 社会政策研究所情報誌通算 2555 号 2015.7.28 発行

知的障害者への情報提供――わかりやすい情報提供の実現に向けて
打浪文子 / 障害学
シノドスジャーナル 2015 年 7 月 28 日

付記 「わかりやすい情報提供のガイドライン」

【複雑な表現を避ける】

○ 比喩や暗喩、擬人法は使わない。
○ 二重否定は使わない。
○ それぞれの文章に重複した「のりしろ」を付ける(指示語を多用せず、あえて二度書く)。
○ 名称等の表記は統一する。

【引用終わり】



 直接的表現がわかりやすい。
 単一的でいい。
 無味乾燥になるかもしれない。
 わかりやすいことの追求である。
 相手にわかってもらうことが最も大事だ。      
 
(ケー)

WHAT'S NEW?