Photo Gallery

いよいよ今年も今日一日になってしまいました。
みなさまも今年一年、いろいろなことがあったと思います。
P1021567.jpg  P1051570.jpg


成人式1   山形県育成会会報第41号


P3121596.jpg   P3301615.jpg


ピンク花2
 

活性化H27   P5221688.jpg


0526スタッフ部会 (6)   絵画展・書品展 (2)

知的障がい「警察」1


P6111714.jpg  P6111713.jpg  


P7021737.jpg  P7021757.jpg


P7161784.jpg   P7161783.jpg



P8300028.jpg


IMG_1727_縮小


P9161958.jpg


P9161961.jpg


PA221946.jpg   PA221951.jpg


PA301947.jpg   PA301952.jpg


千歳山3


PB121965.jpg   PB121962.jpg


PB101981.jpg


PB191963.jpg    PB191965.jpg



PB231978.jpg  PB231977.jpg


PB251996.jpg  PB252005.jpg


PB262055.jpg


PC072010.jpg


PC122002.jpg


PC122034.jpg   北村山レク4


北村山レク5

それではみなさま、良いお年をお迎えください\(^o^)/

ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。


 障がい者に対する各種手当が支給される。
 行政の窓口に相談することだ。
 
 ライフプラン作成に関する第7回目。



 【引用始め】
http://2hearts.sakura.ne.jp/lifeplan-syougaisya.html#収入・就労・年金
行政書士ハーツ事務所
障がい者とその家族のためのライフプラン


税金・扶養共済・保険・各種手当  

 ここでは、障がい者に関わる税金や共済・手当などについて紹介する。
 但し、法令などの改正によって変わる場合がある。

4.各種手当・支援・割引制度など

 ①各種手当

  各自治体では、障がい者のいる家庭に対して各種手当を支給している。
  お住まいの市町村等の自治体へ確認するといい。
  特別児童扶養手当、児童福祉手当、児童育成手当(障害手当)、心身障害者福祉手当、障害児福祉手当、特別障害者手当、重度心身障害者手当、医療費助成、交通費助成など。
  障がいの程度による支給対象や所得による支給制限、他手当と併給できない場合がある。
  自治体によって手当などの名称が異なる。
  各自治体で手当や支援に関することを冊子にまとめている場合もある。
  お住まいの自治体に確認するといい。

 【引用終わり】



 行政の担当者も新人だったりすると、障がい者関係の知識を十分理解していない場合がある。
 だから、申請にあたっては育成会のベテラン会員へ事前に相談していろいろ知識を得ておくといい。
 今までの経験を教えてくれる。
 
(ケー)
 知的障がい者向けの保険は、保障が手厚い。
 何かあった時には、とても助かるケースが多い。
 一般の保険には加入できなかったりする。
 以下にその事情が記されている。

 ライフプラン作成に関する第6回目だ。



 【引用始め】
http://2hearts.sakura.ne.jp/lifeplan-syougaisya.html#収入・就労・年金
行政書士ハーツ事務所
障がい者とその家族のためのライフプラン


税金・扶養共済・保険・各種手当  

 ここでは、障がい者に関わる税金や共済・手当などについて紹介する。
 但し、法令などの改正によって変わる場合がある。

3.保険

  扶養共済の項目で、共済や保険を利用するときの考え方を説明した。

  保険には、一般の生命保険や医療保険に加入する場合と、障がい者向け保険というのがある。
  障がい者自身が、通常の生命保険や医療保険に加入するのは、難しい場合が多い。
  自閉症や知的障害者を被保険者に限定したものがいくつか販売されている。
  被保険者が限定されている者は、通常、少額短期保険といって保険金額や期間が限られているものが多い。
  必要性はそれぞれの状況に応じて判断するといい。

 【引用終わり】



 ぜんちの「あんしん保険」は、知的障がい・発達障がい・ダウン症・てんかんのある人が加入できる。
 「あんしんの4大保障」を供えた総合保険をうたっている。
 医療保険・個人賠償責任補償・死亡保障・権利擁護費用補償がついている。
 医療保険は、病気やケガによる入院保障。
 個人賠償責任補償は、日常生活上のトラブルに対する補償。
 権利擁護費用補償は、被害事故に対する補償。他人からのリスクはもちろん虐待や消費者被害のトラブルにも対応する。
 知的障がい者等のリスクに対応した保険である。
 加入の手続きも健康診断や医師の診断も必要ない。
 また、保険料は年齢・性別にかかわらず一定である。
 
(ケー)
いよいよ今年も残り少なくなってきました。
今日から仕事はお休みになった方も多いかもしれませんね。

寒くなってくると・・・こんな鍋が良いですね
牛すき鍋
スマホに残っていた画像です。
今年初めに1人で米沢に行った時、ホテルの人にお勧めされて行ったお店で食べた
「牛すき鍋」米沢牛です(#^.^#)
メニューにはステーキもありましたが、手が出ず・・・(;^ω^)
お財布の中身と相談して(汗)こちらにしました。


っと、まったく関係ない話を長々と・・・m(__)m
では、気を取り直して
先日、偶然テレビのチャンネルをEテレに合わせたところ
「カラフル」という番組をやっていました。

この子は障がい者だな、と一目でわかる女の子がすばらしく上手にトランペットを吹いていました。
私は、この子がこの番組で取り上げた子なのだろうな、と思いました。

でも、ちょっと違っていました。
その番組の主人公はその子の弟くんでまだ小学生の男の子でした。
彼は、キーボードがとっても上手で、
毎週のように障がいのあるお姉ちゃんとジャズバンドのユニットを組んで
路上ライブをやっているのでした。
養護学校に通っている障がいのあるお姉ちゃんはあくまでも脇役で、
私は、珍しい視点から番組を作ったのだな~と引き込まれて見てしまいました。

彼は言っていました。
『ある日、女の人から「坊や子どもなのに上手ね」と言われてイライラした』
『琴ちゃん(お姉ちゃん)が障がい者なのに音楽をやっているから偉いというのでもない』
『子どもとか障がい者とか関係なく、純粋に音楽を楽しんでほしいだけなんだ!』
とっても潔くて、カッコいい言葉です。
そしてそういえるだけ、彼らは一生懸命に練習もしていました。

今年の夏、東日本大震災の被災地にも演奏活動で出かけました。
何か所かで演奏をやったのですが、そのなかの1つ、「大槌町」の
仮設住宅の駐車場で演奏をした時のこと、
彼らの演奏にぽつぽつと人が出てきて聴いてくれました。
演奏が終わった時、1人のおじいちゃんが寄ってきて
「二人でジュースでも飲んで。お金がないから少ないんだけど」
といって500円を彼に渡してくれました。

彼は「ありがとうございます」とお礼をいって、
一緒に行っていたお母さんに「ジュース飲んでだって、飲もう」と屈託なくいったのですが、
その様子をみていたお母さんはハンカチで顔を覆って泣いていました。
そして、彼に言いました。
「ここはね、津波でみんな何もかも無くしてしまったところなんだよ、
お金がないって、本当に無いんだよ、それなのに・・・
お母さんが毎日あなたたちにあげる500円とは意味が全然違うんだよ」
※言葉は違っていると思いますがこのような意味のことを言ってました。

私も思わずウルウルしてしまいました。

なんか何が言いたいのかまとめられなくなってしまいましたが、
世の中には本当に様々な立場(カラフル)の人がいるけれども、
その人たちが普通にいることがまさに普通の社会なのだということなのでしょう。
偶然見た番組でしたが、とても心に残りました。

夏休みが終わり彼らもまた様々なことを経験し、人間的にも成長しながら
毎週末の路上ライブを繰り広げていくのだと思います。

ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。

 自治体で行われている心身障害者扶養共済制度に関する説明である。
 障がい者の扶養者が死亡・高度障害になった場合に、障害者に対して終身年金が交付される制度である。
 家族の資金状況を考えて加入するかどうか選択するといい。

 ライフプラン作成に関する第5回目だ。



 【引用始め】
http://2hearts.sakura.ne.jp/lifeplan-syougaisya.html#収入・就労・年金
行政書士ハーツ事務所
障がい者とその家族のためのライフプラン


税金・扶養共済・保険・各種手当  

 ここでは、障がい者に関わる税金や共済・手当などについて紹介する。
 但し、法令などの改正によって変わる場合がある。

2.心身障害者扶養共済

  心身障害者扶養共済制度は、各自治体の条例に基づいて実施している。
  各自治体で同様の制度だが、ここでは東京都心身障害者扶養共済制度を例として考える。
  加入者(保護者)が死亡又は重度障害になった場合、障がい者である子どもに年金(一口当たり月額2万円)が終身支給される。
  年金保険と同じような考え方ができる。

  共済加入の要件(加入者、心身障害者)や年齢による掛金・納付期間、支給要件、申込み方法など、各自治体のホームページで公開されている説明書を参考にするといい。

  利用の判断は、それぞれの家庭の状況によって違う。
  保護者が早く亡くなった場合、心身障害者に年金が支給されるのが、大きなメリット。
  一方、月額の掛金は、家計負担となる。
  任意の制度なので、利用するかどうか迷う。
  その場合は、生命保険との比較や考え方もひとつのヒントになる。

  生命保険の必要性を考える場合、仮に保護者が亡くなった場合に残された者が困らないようにするにはどうしたらよいか?
  回答は、ライフプランを立てて、キャッシュフロー表等で「必要保障額」を把握するのが良い。
  すでに、資産が十分な場合や十分な生命保険等に加入している場合は、扶養共済の加入は必要ない。
  保険の見直しと同じで、一般の生命保険を扶養共済へ変更することは考えられる。
  ライフプラン上で扶養共済は、選択肢の一つとして考えることだ。
  掛金や条件を比較して、それぞれの家庭の状況に合わせて選択する。

 【引用終わり】



 なお、山形県の制度については、住所地のある市町村の福祉担当課に相談してみるといい。
 
(ケー)
障がい者を扶養している家族に関わる税控除がある。
 こうした税控除も考慮してライフプランを作成することである。

 ライフプラン作成に関する第4回目だ。



 【引用始め】
http://2hearts.sakura.ne.jp/lifeplan-syougaisya.html#収入・就労・年金
行政書士ハーツ事務所
障がい者とその家族のためのライフプラン


税金・扶養共済・保険・各種手当  

 ここでは、障がい者に関わる税金や共済・手当などについて紹介する。
 但し、法令などの改正によって変わる場合がある。

1.税金

 障がい者に関わる税は、いくつかの配慮がなされている。
 障がい者本人に対する特例と障がい者を扶養している家族に対しての特例がある。

(2)障がい者を扶養している家族に関するもの

  ①所得税: 障害者控除
    親族(配偶者控除・扶養控除の対象者)が障がい者の場合、障害者控除として27万円(特別障害者は40万円)

  ②所得税: 配偶者控除、扶養控除
    親族(配偶者控除・扶養控除の対象者)が特別障害者で、納税者又は配偶者もしくは納税者と生計を一にする親族のいずれか   と常に同居している場合は、通常の配偶者控除・扶養控除に35万円を加算した金額が、所得金額から差引かれる。

 【引用終わり】



 以上のように、所得税に関して「障害者控除」、「配偶者控除」、「扶養控除」がある。
 将来のライフプラン作成には、こうした税控除についても考慮に入れておくことが大事だ。
 
(ケー)
ようやく、というか、とうとう、というか雪が降ってきました。

PC272075.jpg

まだ積もってはいないのですが、天気予報では山沿いは大雪の恐れもあるとか(+_+)
今日一日は完璧な冬型の気圧配置になっているそうなので、
道路状況も昨日までとは違うでしょうし、気を付けて運転しないといけませんね。


さて、ようやく雪が降ったから・・・
というわけではないのですが、今年もお菓子入り段ボールをいただきました(*^^)v

ジャ~ン!!!\(^o^)/
PC262074.jpg
先日までハワイに行っていたサンタさん・・・ではないのですが
主催者さんからいただいたのかもしれませんが、自分だけでは食べきれないからと、
いただいお菓子を、姪っ子がウチにもおすそ分けしてくれました。
でっかい段ボールに入っていたので、おすそ分けというような量でもないのですが( *´艸`)
大変ありがたくいただくことにしました!

長男にLINEで教えたら、「まじか!プリーズプリーズ!」という
ハイテンションの返事がきました(;´Д`)
次男に見せようものなら、無くなるまで一気に食べつくそうとすることは簡単に想像できるので、
見えないところに隠して小出しにしていこうと思います!
これでしばらくお菓子は買わなくても済みそうです\(^o^)/

クリスマスは過ぎましたが、ちょっと遅れたサンタさんからのプレゼントみたいです


ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。



 障がい者本人、障がい者扶養家族に関する税等の控除を理解しておく必要がある。
 さまざまな優遇措置が存在する。
 しかし、耳慣れない用語が多い過ぎる。
 ライフプラン作成には重要な内容とも言える。
 以下に引用した内容は最低限理解しておくべきことである。

 ライフプラン作成に関する第3回目だ。



 【引用始め】
http://2hearts.sakura.ne.jp/lifeplan-syougaisya.html#収入・就労・年金
行政書士ハーツ事務所
障がい者とその家族のためのライフプラン


税金・扶養共済・保険・各種手当  

 ここでは、障がい者に関わる税金や共済・手当などについて紹介する。
 但し、法令などの改正によって変わる場合がある。

1.税金

 障がい者に関わる税は、いくつかの配慮がなされている。
 障がい者本人に対する特例と障がい者を扶養している家族に対しての特例がある。

(1)障がい者本人に関するもの

  ①所得税: 障害者控除
    納税者本人が障がい者の場合、障害者控除として27万円(特別障害者は40万円)が控除される。

  ②相続税: 障害者控除
    相続人が障がい者のとき、85歳に達するまで1年につき6万円(特別障害者12万円)が相続税から差引かれる。
      例: 障がい者が40歳のとき親が死亡した場合、
      270万円(=(85―40)×6万円)が差引かれる。

  ③非課税: 心身障害者扶養共済制度に基づく給付金の非課税
    地方公共団体の共済制度に基づき支給される給付金について、所得税が非課税となる。
    また、心身障害者扶養共済制度の掛金は、所得控除の小規模共済等掛金控除の対象にもなっている。

  ④非課税: 少額貯蓄の利子等の非課税
    障害者等が受取る一定の預貯金等の利子等については、預入れの際に一定の書類を提出した場合、非課税となる。
    提出書類については、障がい者であることを証明する書類などである。
   (イ)マル優: 非課税貯蓄限度額350万円
           預貯金、貸付信託、公社債、公社債投資信託
   (ロ)特別マル優: 非課税貯蓄限度額350万円
                  利付国債、公募地方債              

   ⑤非課税: 信託受益権の非課税
     特別障害者(重度の障害がある)のために信託契約に基づき、特別障害者を受益者とする財産の信託があった場合、信託受     益権のうち6,000万円までの部分は、贈与税が非課税となる。
     この適用を受ける場合、事前に申告書を税務署長宛に提出する必要がある。

     上記は、所得税が中心の優遇制度だが、住民税にも障害者控除がある。
     通常は26万円が控除され、特別障害者の場合は、30万円が控除される。
     また、同居の特別障害者がいる場合は、配偶者控除又は扶養控除として、35万円が控除額に加算される。

 【引用終わり】



 非課税にしようとすると、事前に必要書類を提出しなければならない。
 そのへんは関係者によく相談して、滞りない対応が必要だ。

(ケー)
昨日のブログで「山形県障がいのある人もない人も共に生きる社会づくり条例(仮称)」
についてのパブリックコメントのお願いをしました。

お願いをするだけで自分がしないのではお話しになりませんので
私も昨日、パブリックコメントを県にメールでおくりました。

sabetu2.jpg
これは山形県で作った「障害者差別解消法の啓発パンフレット」です


パブリックコメントをするにあたり、決まりがあります。
実名、住所、連絡先などは明記しなければなりません。
匿名ではない、ということです。

県として、冷やかしではない、ちゃんとした意見を求めているということです。
しかし、個人が特定されるようにして公表されることはありません。
また、個人に対してなんらかの回答が直接くることもありません。
どうぞご自身が感じた率直なご意見を県に対して発言をお願いします。

私も、昨日メールで意見を送らせていただきました。
条例に対してどんな意見を送ったのかをここに載せることはしません。

ただ1つだけお願いしたいことがありました。
漢字にルビを振ってあり、知的障害者も読めるようにしてあるタイプのものもありました。
せっかくルビを振っていただいているのですが、あの文章をそのまま読めるだけでは
知的障がいのある人たちは、条例の内容を理解することは難しいと思います。

先日開きました「家族と支援者が共に学ぶセミナー」で、
私が担当させていただいた分科会でやったワークでその難しさがわかっていますが、
知的障がい者の人たちも当事者として「条例の内容を知っておく必要がある」と思います。

ですので、障がい当事者である知的障がいのある人たちが読んで理解できるような
「条例・わかりやすい版」を作っていただきたいということをお願いしました。

身体障害や精神障害の人たちと比べると、本人たちが声をあげて意見をいうことが
難しいのが知的障害、私たちの子どもたちです。
障がいがあってもなくても普通に生活できる社会の実現のために、どうぞご意見をお願いします。


ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。


 ライフプランとは、キャッシュフロー表の作成だと提案されている。
 キャッシュフロー表とは、現金の流れのことである。
 家計において、収入と支出をしっかり把握してみる。
 それも、将来にわたってどうなっているかを考えるのである。
 その例が以下のとおり。

 ライフプラン作成に関する第2回目だ。



 【引用始め】
http://2hearts.sakura.ne.jp/lifeplan-syougaisya.html#収入・就労・年金
行政書士ハーツ事務所
障がい者とその家族のためのライフプラン


ライフプラン作成
 
 例えば、親が60歳で、障がい者の子どもが30歳だとする。
 親の死亡時(例えば80歳)までのキャッシュフロー表を作成してみる。
 親死亡時(子ども50歳)からのキャッシュフロー表も作成する。
 何十年も先のことは分からないかもしれない。
 現状で分かる範囲で作成する。
 その後、修正しより正確なものに改定してゆく。
  
 下記にキャッシュフロー表の簡単な例を載せてみた。
 実際には、1年ごとに作成するのだが、5年ごとにしてみた。
 また、わかりやすくするため、家族は親と子のみとした。

      ①2015年   ②2020年   ③2025年   ④2030年  
親        55歳      60歳      65歳   70歳     
子(障がい者) 25歳      30歳      35歳   40歳     
ライフイベント
収入(A)
支出(B)
年間収支A-B
貯蓄残高
      ライフプラン   遺言書作成  任意後見   グループホーム


        ⑤2035年   ⑥2040年  ~~~ ⑦2070年
親        75歳      80歳
子(障がい者) 45歳      50歳   ~~~ 80歳
ライフイベント
収入(A)
支出(B)
年間収支A-B
貯蓄残高

①親55、子25 親(ご自分)と子のライフプランを立てる
②親60、子30 親の遺言書を作成
③親65、子35 親の判断能力がある内に、親の任意後見契約
④親70、子40 親の判断能力低下、子はグループホームへ
       (子独自のライフプラン作成へ)
⑤親75、子45 
⑥親80、 子50  親死去
⑦子80        死去

 【引用終わり】



 上記は、親が80歳で亡くなったとして、障がいのある子はその時50歳とした例である。
 今から考えて30年後どんな風な状況があるべき姿か、紙に書いてみる。
 1回や2回で書ききれるものでない。
 修整を加えて、こうした姿になるよう作成することが必要なのだろう。
 今足りないこと、将来こうしたいといったことがだんだんと見えてくるに違いない。

(ケー)

WHAT'S NEW?