Photo Gallery

全日本手をつなぐ育成会が発行している
元気の出る情報・交流誌
「手をつなぐ」の12月号が届きました。
クリックすると拡大します。

今月号の特集は子どもの支援、どこが変わった?
ということで、4月から改正児童福祉法が施行され
8ヶ月がたった今、児童福祉の現場はどのように変化したのか
また、どういった課題が生まれているのかなどを
考えていくものになっています。

また、今月の問題としては
「障害があっても子育てを楽しめる社会へ」
と題しまして、最近メディアでも取り上げられている
母体の血液検査でダウン症などがあるか99%の確率で
判定することができる検査のことなども書かれています。

その他、あなたの街の育成会では
千葉市手をつなぐ育成会が行っている
家族支援プロジェクトを広める「まんま隊」の取組み
について紹介されています。

私も、この家族支援プロジェクトを広める活動を担当していますので
「まんま隊」の事はある程度は知っていましたが
活動の内容など大変興味深く読ませていただきましたし、
山形県内にももっと広めていくにはどうしたら良いのかを
考えさせられました

「手をつなぐ」12月号は準備が整いしだい
発送いたしますので、楽しみにお待ちください(F)
 知的障害者の「意思決定支援」の考え方や課題について整理した、いい論文を見つけた。
 
 その論文は、柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16)である。
 その論稿を、分割してずっと紹介している。

 その第22回目。
 知的障がい者が公的な会議に参加できるようになっているという話しも聞くようになった。
 しかし、そうした機会が設けられても企画者側の配慮が不十分で、もう二度と参加したくないと本人が言ったという例もある。
 知的障がいある本人が委員として会議に名をつられても、形式的な参加に終始している。
 そうした課題解決の留意点が、次に述べられている。
          
*************************************************

【引用始め】

柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16) 
「発達障害研究」第34巻3号掲載予定http://homepage2.nifty.com/hiroya/isiketteisien.html より

?.意思決定支援についての課題

5.知的障害者の会議参加・本人活動参加等への支援

 国の「政策委員会」や各種会議への知的障害者の参加を進めるべきである。
 参加する時の支援者の役割は、

 ? 会議前の事前準備への支援、

 ? 会議中のわからないときの支援、

 ? 会議後のまとめの支援などである。

 あくまでも本人の決定を尊重して支援者の価値観を押し付けないこと、
 本人が支援者を選べることが重要である。
 障害者総合支援法で加えられた障害者等の活動支援事業によって、
 このような支援者を養成・派遣できるとよい。

 知的障害者が加わる会議においては、
 参加者全員が、ゆっくり話す、
 わかりやすい言葉や文章・資料を使う、
 本人がわかるまで待つなどの合理的配慮が必要である。
 また、参加する比較的軽度の知的障害者が知的障害者全般を理解して発言することは一般的には難しい。
 支援する立場の職員や家族の参加も必要である。

【引用終わり】

*****************************************************

 知的障がいのある本人が、公的な会議に委員として選ばれて、意見を述べることが求められたら、企画者・本人・支援者がよく連携して事前準備に努める必要がある。
 企画者には本人にもわかりやすい配布資料を作成してもらう。
 本人と支援者は、資料に基づいて事前に質問や意見をまとめておく。
 会議に際しては、資料にそって進行してもらい、話題が資料からはずれないようにお願いする。
 会議参加者にも知的障がいのある本人がいることを理解してもらい、わかりやすい発言をしてもらう。
 こうした会議がうまくいくようにするには、企画者・本人・支援者・会議参加者全てが、本人参加の意義を納得して、それに配慮したきめ細かな対応がぜひ必要となる。
 このことはまだまだ経験不足で、十分な対応がなされていない。
 今後多くの事例を積み上げ、本人も、参加した人たちも、意義ある会議が実現できるようにすべきである。
 本人たちが直接意見を公式の場で述べることの意味は大きい。
 「私たちぬきで私たちのことを決めないで」という趣旨にそって、意見を反映することにもなる。
 (ケー)
天童市手をつなぐ育成会から毎年恒例となりました
クリスマス会アレンジフラワーのご案内です


では、クリスマス会の方から

日時:12月16日(日)9時30分受付 10時開会〜13時頃まで
場所:天童市総合福祉センター(体育館・・他)
内容:寒さを吹き飛ばせレクリエーション大会
サンタさんもくるよ

会費:会員 1人1,000円(弁当含む)きょうだい会費 1人400円(弁当無し)
非会員 1人1,200円(弁当含む)きょうだい会費 1人500円(弁当無し)

みんなで身体を動かしながら楽しいゲームをして寒さを吹き飛ばしましょう
また、おいしいごちそうやプレゼントもありますよ
育成会の会員になっていない方の参加も大歓迎です
みなさん、ふるってご参加ください。
申込みは12月7日(金)まで 事務局へお願いします。


        

次は、アレンジフラワーのご案内です

毎年恒例のアレンジフラワー教室を今年も開催します。
個性的ですてきなアレンジで
お正月を華やかに演出してみてはいかがでしょうか

申込みは12月17日(月)まで 事務局へお願いします。

日時:12月28日(金) 午後7時より
場所:天童ひまわり園
講師:今野恵美子 先生
会費:3,000円の予定(花代)
持ち物:はさみ

事務局:東海林≪きらり≫674-6881FAX:674-6882
沼沢≪のぞみ学園≫656-8754
高橋(新生園)阿部(村特楯岡)大泉(天一中)


      


私も昨年はどちらにも参加させていただきました。
クリスマス会の方は、色々なゲームをやるのですが
天童ひまわり園のお兄さんやお姉さん達が、
小さい子ども達の事を面倒見てくれたりする姿も見受けられ
とても気持ちが温かくなった事を覚えています。

アレンジフラワーも、昨年、初めて参加させていただいたのですが
お花を使って、重箱におせち料理のように配置するという作品でしたので
私にとっては、驚きとともに新しい発見でした。

お花を活けながらのおしゃべりも、とても楽しかったですよ
是非、みなさんもご参加くださいね(F)
 知的障害者の「意思決定支援」の考え方や課題について整理した、いい論文を見つけた。
 
 その論文は、柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16)である。
 その論稿を、分割してずっと紹介している。

 その第21回目。
 成年被後見人には選挙権・被選挙権が認められていない。
 選挙権回復を求めて裁判所に提訴している。
 そのことが、次に述べられている。
          
*************************************************

【引用始め】

柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16) 
「発達障害研究」第34巻3号掲載予定http://homepage2.nifty.com/hiroya/isiketteisien.html より

?.意思決定支援についての課題

4.成年被後見人の選挙権裁判

 わが国の公職選挙法では、
 成年被後見人の選挙権・被選挙権が認めてられていない。
 2011年2月に、
 成年被後見人となったために選挙権を剥奪された知的障害のある女性が、
 選挙権回復を求めて東京地方裁判所に提訴した。
 その後、埼玉・札幌・京都の各地方裁判所にも、
 同様の提訴が行われた。
 これは知的障害者の権利に関わる重要な裁判である。

【引用終わり】

*****************************************************

 以下は、後見選挙権訴訟弁護団の見解である。
全日本手をつなぐ育成会が、組織ぐるみで運動している内容でもある。

*****************************************************

【引用始め】

 全日本手をつなぐ育成会権利擁護委員会委員・弁護士 関哉直人

 「公職選挙法改正を求めて・・・後見選挙権訴訟弁護団から」(全日本手をつなぐ育成会刊「手をつなぐ」2011年4月号,No.662号,p.19)

 選挙権をめぐる裁判としては、
 在外邦人の選挙権を制限する法律を違憲とした2005年の最高裁判決が、
 「選挙権の制限は原則許されず、やむを得ない事由がなければ制限できない」としています。
 後見制度と選挙権を結びつける公職選挙法には「やむを得ない事由」は見出せません。 財産管理を主たる目的とする後見制度では、
 選挙の能力は想定されていません。
 また、後見制度は権利擁護のための制度であり、
 その利用が権利侵害を犯すこと自体が制度の欠陥といえます。
 そもそも選挙権は、能力によって制限されるものでしょうか。
 国民一人ひとりに等しく与えられたもので、
 行使するかどうかの自由が与えられているものではないでしょうか。
 むしろ障害があるから制限するのではなく、
 一人でも選挙権を行使できるような、
 合理的配慮の保障を考えるべきではないでしょうか。
 裁判では、育成会の運動と並行して、
 成年被後見人の選挙権を制限する法律の改正を求めていきます。

【引用終わり】
 
*****************************************************

 さらに、育成会の運動に弾みをつけるためにも、一致団結した取り組みをしていかなければならない。
 以下のような育成会としての願いを社会に訴えることである。

*****************************************************

【引用始め】

 「成年被後見人の選挙権剥奪と育成会運動」
 全日本手をつなぐ育成会刊「手をつなぐ」2011年12月号、p.25

 成年後見制度の大事なポイントは、本人の権利擁護のための制度だということです。
 本来、障害のある人などの権利を守るための制度が、逆に本人の大切な権利を奪ってしまっているのです。
 こうした矛盾により社会の一員として認められてこなかった人たちの痛みやつらさに、私たち親は鈍感であったのかもしれません。
 権利に対して遠慮がちだったかもしれません。
 この問題に取り組むことは、知的障害のある人があたりまえに持っている人権について考える機会になるはずです。
 裁判という形で声をあげている方々、そして選挙権を奪われたままの数多くの方々のためにも、早期解決を目指さなければなりません。

【引用終わり】
 
*****************************************************

 被後見人となった知的障がい者に対して、選挙するのは無理だからといって選挙権を与えない今の制度は権利侵害もはなはだしい。
 適切な「意思決定支援」があれば、選挙権を行使できるはずだ。
 知的障がい者が自ら生活向上の施策改善にかかわる上でも選挙権の行使は必要である。
 「私たち抜きで私たちのことを決めないで」というピープルファースト運動を推進する上でも、この選挙権回復は大切である。
 (ケー)
全日本手をつなぐ育成会から「取り調べの可視化」
についてのチラシがきました。
もし、障がいのある本人が、警察に連れて行かれたら・・・

ご家族、支援者のみなさま向け
取り調べに立ち会いたいと申し入れましょう


知的障がいの有る人は、抽象的な概念や過去の出来事を
理解したり、説明するのが苦手です。
こうした事で、知的障がい者は冤罪に巻き込まれやすい
といわれています。冤罪を生まないためにも
取り調べの録音・録画や心理・福祉関係者の立ち合いが
始まっている事を知ってください。

警察・検察のみなさま向け
困ったら育成会へご連絡ください


知的障がいのある人のコミュニケーション方法は
人によって違います。まったく話さない人もいれば
会話がスムーズで障がいが無いように思えても
抽象的な概念の理解が難しい人もいます。
早く家に帰りたくて、事実と違う事を話してしまうかもしれません。
被疑者とのやりとりで「何か変だな」と思ったら
家族や福祉関係者に障がいの有無を確認してください。


        


【質問】○○さん□□やりましたか?
【回答】はい□□やりました。

【質問】○○さん□□やっていませんよね?
【回答】はい□□やっていません。


私たち家族や、本人が通っている施設の支援者さんなら
上のような状況になる事は良く分っている事ですが、
知的障がいのある人とあまり接したことがない人にとっては
解らない方が多のではないでしょうか。

同じような経験は、初めて行った病院などでも
看護師さんやお医者さんからの質問を本人が受けた時に
≪あ〜その聴き方じゃ、そう答えちゃうでしょ・・・≫
と思ったことがあるのではないでしょうか。
それと同じなのだと思います。

このチラシは全日本手をつなぐ育成会のホームページからも
ダウンロード出来るようになるそうです(今月末UP予定)
どうぞご活用ください。

■ご注意■
チラシのデータは取り調べ可視化に関する理解促進の目的であれば
自由に使えますが、いかなる場合も著作権は全日本手をつなぐ育成会に帰属します。
内容の改編(配布団体名等の記入は除く)や部分的な抜粋(イラスト含む)、
販売目的での使用、そのほか著作権を侵害する使用や目的外の使用はできません。
 知的障害者の「意思決定支援」の考え方や課題について整理した、いい論文を見つけた。
 
 その論文は、柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16)である。
 その論稿を、分割してずっと紹介している。

 その第20回目。
 知的障がい者の公職選挙参加について、「滝乃川学園」では先進的な取り組みを行っている。
 それが次のとおりである。
         
*************************************************

【引用始め】

柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16) 
「発達障害研究」第34巻3号掲載予定http://homepage2.nifty.com/hiroya/isiketteisien.html より

?.意思決定支援についての課題

3.公職選挙参加への意思決定支援

 改正障害者基本法には28条「選挙等における配慮」が新設された。
 わが国最初の知的障害者施設「滝乃川学園」では、
 公職選挙に当たって知的障害者が自ら候補者を選んで投票するために、
 選挙管理委員会と合意して、1970年代から次の様な取組を行ってきた。

 ? 公職選挙のたびに、候補者が施設内で知的障害者向けに演説を行う。
 市長候補者は全員、市議会候補者も多数参加する。
 都議会や国会議員候補者は同政党市議会議員が紹介する事が多い。
 食べ物の好みなど質問は自由で、
 聴衆は候補者の答え方や態度を重視するようである。
 職員が自分の支持政党を表明することは禁止されている。

 ? 市内に住民票のある人は、行きたくない人を除いて、
 重度の知的障害者も含めて全員が投票所に行く。

 ? 投票所では、書ける人は自分で投票する。
 
 ? 書けない人には市職員2名が立ち会う。
 選挙公報を開いて、選ぶ候補者を本人に指さししてもらう。
 広報を閉じ、もう一度開いて同様に指さしを求める。
 2回とも同じ候補者を指させば、
 立会人がその候補者名を代理記入して投票する。
 誰も指さない時や、2回目に別の候補者を指す時には、
 代理人が白紙を投票する(この投票方式を「指さし投票」という)。

 この選挙権行使方法は、すでに40年近くも継続している。
 最近では市内の他施設からも知的障害者が演説会に参加している。
 改善の余地はあろうが、普及が望まれる。

【引用終わり】

*****************************************************

 以上、「滝乃川学園」みたいに公職選挙においてこうした「意思決定支援」を実施しているところが他にあるのだろうか。
 それも40年も前から行っている。
 選挙管理委員会公認のもとに行われている。
 選挙に行きたいという人は全員参加できる。
 候補者氏名が書けなければ、指さしによって代理記入できる方法まで認められている。
 候補者が施設内で演説できるようにしている。
 そうしたことも認めてもらっているのだろう。
 こうした手続きは簡単でなかったはずだ。
 知的障がい者にも、選挙権を行使することの意義を、関係者に理解させたのはすごい。
 かなりねばり強く必要性を訴えたに違いない。
 こうした対応はまだまだ例外的である。
 それが当たり前に行われることを訴えていく必要がある。
 (ケー)
 知的障害者の「意思決定支援」の考え方や課題について整理した、いい論文を見つけた。
 
 その論文は、柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16)である。
 その論稿を、分割してずっと紹介している。

 その第19回目。
 「意思決定支援」が定着するためにも、「成年後見制度」の利用促進が求められている。
 そのことについて、次に述べられている。
         
*************************************************

【引用始め】

柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16) 
「発達障害研究」第34巻3号掲載予定http://homepage2.nifty.com/hiroya/isiketteisien.html より

?.意思決定支援についての課題

2.成年後見制度と意思決定支援

 障害者権利条約12条によっても、
 また改正障害者基本法23条によっても、
 成年後見制度の見直しが求められる。
 障害者総合支援法等の附則により
 「障害福祉サービスの利用の観点からの成年後見制度の利用促進の在り方」の検討は急務である。
 成年後見類型審判が全審判数の85%に達するなど、
 現状は深刻である。
 その際、国際育成会連盟「意思決定支援制度の主要要素」が参考になろう。

【引用終わり】

*****************************************************

 国際育成会連盟「意思決定支援制度の主要要素」は、本ブログの
 「国際育成会連盟で採択された「意思決定支援制度の主要要素」」
 2012年11月19日を参照してほしい。

http://blog.goo.ne.jp/y-ikuseikai/e/c19544aa231694796acc6f9fc3276814
 以下のような内容である。

 ? セルフ・アドボカシーの促進・支援。

 ? 一般的な市民向けの制度の利用。

 ? 後見制度を意思決定支援制度に段階的に置き換える。

 ? 意思決定支援制度の登録支援者は、支援ネットワークの強化に努める。

 ? 支援される障害者が支援者を選ぶこと。

 ? 意思疎通バリアを取り除くようにすること。

 ? 本人と支援者との間の問題を回避し解決する手段を作ること。

 ? 支援ニーズの高い人ほど保護を手厚くすること。

 「意思決定支援」が、制度上うまく普及するには以上が機能することである。
 こうしたことにそって、法整備に努力してもらわなければならない。
 でも、法整備を待たなくてもやれることは多い。
 上記の主要要素にある「意思決定支援」の趣旨を踏まえた支援者側の対応が求められている。
 (ケー)
スペシャルオリンピックスの前代表細川佳代子さんが
製作総指揮をとられた映画「天心の譜」のご紹介です。

クリックをどうぞ天心の譜

製作総指揮 細川佳代子・監督 小栗謙一
ドキュメンタリー映画 第5弾

Story
指揮者の小林研一郎(コバケン)は
【コバケンとその仲間たちオーケストラ】に
障がいのある31名の演奏家を加えたコンサートを開催した。

その練習の日々を記録し続けたのは、
知的障がいのある9名の”ビリーブクルー”という撮影隊だった。

そして、あの3月11日の東日本大震災で被災した
スペシャルオリンピックスに出場予定の2人のアスリート
ギリシャでの彼らの活躍を追ったのも”ビリーブクルー”でした。

        


この映画の半分近くは、このビリーブクルーが撮影した
映像によって構成されているそうです。

インクルージョンの社会、命の大切さが描かれた
心揺さぶる素晴らしい映画になっているようです。
是非、この機会にご覧になってはいかがでしょうか。


山形での上映は11月24日(土)から2週間
山形市嶋北1-2-2 嶋グランガーデン
MOVIE ON やまがた
TEL/FAX:023−682-7222
上映時間は劇場にお問合せください。


 知的障害者の「意思決定支援」の考え方や課題について整理した、いい論文を見つけた。
 
 その論文は、柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16)である。
 その論稿を、分割してずっと紹介している。

 その第18回目。
 知的障がい者の日常生活を個別的に支援するパーソナルアシスタントが、うまく運用できるようにする制度の必要性が、次のように提案されている。
        
*************************************************

【引用始め】

柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16) 
「発達障害研究」第34巻3号掲載予定http://homepage2.nifty.com/hiroya/isiketteisien.html より

?.意思決定支援についての課題

1.パーソナルアシスタンスと意思決定支援

 パーソナル・アシスタンスは身体障害者のアドルフ・ラツカ氏が提唱した。
 その特徴は、障害者の自立生活協同組合でアシスタントを雇用し、
 利用者がアシスタントを自ら選び、
 訓練して自身の介護をゆだね、
 利用者は自ら有意義と思う活動を行う事にある。
 障害者権利条約19条では、地域生活のための重要な支援とされている。

 わが国でも、重度訪問介護ヘルパーを雇用し運用する身体障害者自立生活運動が活発化している。
 岡部耕典氏は知的障害者等について
 「日常生活における自己決定支援は、
 本人が選択し、
 日常生活を共にするパーソナルアシスタントが担う便宜のひとつとして提供されるのが最も現実的であり、合理的であろう」として、
 相談支援や成年後見制度はそれを補完し監視する役割であるとしている。
 また、グループホームに代わる知的障害者の居住支援システムとして、
 パーソナルアシスタント等によるサポーテッドリビング・サービスに期待している。

 障害者総合支援法では、
 重度訪問介護が知的障害者等に拡大されるとともに、
 常時介護を要する障害者等に対する支援、
 障害者等の移動の支援が検討項目に加えられた。
 通所事業・グループホームなどの集団的支援よりも、
 訪問系の個別的支援の方が知的障害者等の意思決定支援は行いやすく、
 その拡充を期待したい。
 ただしアシスタント管理を知的障害者等が自ら行うことには困難があり、
 密室化した支援関係の中での問題も生じやすいので、その対策が必要である。

【引用終わり】

*****************************************************

 パーソナルアシスタントとは、個別に対応してくれる相性のいい世話人といったところである。
 個々の知的障がい者のニーズに即したサービスを実現できる、アシスタントが配置できるようする。
 スピーディーにきめ細かく安定的に知的障がい者の意思決定支援ができるシステムの構築には、パーソナルアシスタント制度は一つのアイデアと言える。
 (ケー)
 
 知的障害者の「意思決定支援」の考え方や課題について整理した、いい論文を見つけた。
 
 その論文は、柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16)である。
 その論稿を、分割してずっと紹介している。

 その第17回目。
 意思決定支援を行うにあたって留意すべき点が、次に述べられている。
       
*************************************************

【引用始め】

柴田洋弥著「知的障害者等の意思決定支援について」(2012-07-16) 
「発達障害研究」第34巻3号掲載予定http://homepage2.nifty.com/hiroya/isiketteisien.html より

?.意思決定支援の考え方 

5.意思決定支援に当たって留意すべきこと

◯ 日常生活や社会参加場面における「意思決定支援」には、
 少なくとも「意思表現支援(意思疎通支援)」、
 「意思形成支援」「意思実現支援」の要素が含まれる。

◯ 意思決定支援が成り立つためには、
 本人と支援者との安心感と信頼感に基づく関係が絶対的に必要である。
 またそれこそが、意思形成支援の中核要素である。

◯ 「意思決定支援」とは、
 支援者が代行決定するのではなく、
 あくまでも本人がするのであって、
 支援者はその支援を行う。

◯ 「本人が決めたことだから」として支援せずに放置して、
 本人が不利益を被ることとなるのは、
 支援者によるネグレクトとして虐待に当たる。

◯ 失敗することを許容しつつも、
 本人の大きな損害を回避できるような情報提供などの支援が必要である。
 また重度の自閉症者のように、
 失敗経験を避けて成功体験を重ねる必要のある人もいる事に留意すべきである。

◯ 意思決定支援の過程では、
 本人と支援者の相互の主体が影響を与えあう(心と心の交流、相互主体、間主体等)。
 だがこの構造は虐待に陥る危険性も含む。
 支援者一人の判断で進めず、
 複数の支援者の視点が不可欠であり、
 「本人中心支援」の研修も欠かせない。

◯ 意思決定支援は本人と支援者の間の閉じられた関係ではなく、
 社会関係の中に位置づけることが重要である。
 社会参加をするときには共に参加しつつも、
 本人を中心とするという姿勢が支援者には求められる。

◯ 成人知的障害者等の支援に当たって、
 支援者が「君・ちゃん」で呼んだり子ども扱いをすると、
 本人の成人としての自尊心と自己認識を損なう。
 また支援者自らを「先生」と呼ぶのも同じである。
 成人としての尊敬の念を込めた接し方にすべきである。

◯ 意思決定支援を補うために、
 重度の知的障害者の代替・拡大コミュニケーションや、
 場所や時間の構造化などが重要である。
 特に構造化は、
 それを活用してより良い社会参加や人間関係の構築ができるためにこそ重要である。

◯ 平田厚氏は「自己決定=自己責任」が成り立つためには、
 「?公的責任に基づく社会的選択条件の整備、
 ?情報の非対称性の克服(情報提供制度)、
 ?判断能力不足への支援が必要である」としている。

【引用終わり】

*****************************************************

 意思決定支援といっても、本人一人一人に合った対応が必要となる。

 本人の意思表現を支援者が読み取れるようにしなければならない。
 意思表現があいまいで、微弱な場合は、支援者側の試行錯誤によって探ることになる。
 本人のいかなる手がかりが本人の要求なのかを的確に受けとめることが必要である。
 これが「意思表現支援」である。
 例えば、排泄するとき、腰を浮かすといったことがあったら、支援者がトイレに座らせてみる。
 
 そして、本人の安定・満足を得るまで、根気強い対応を続けることになる。
 本人と支援者の関係づくりこそ「意思形成支援」と言える。
 腰を浮かしトイレに座らせたら、排泄することも成功する回数が多くなった。
  
 それが確実にうまくいくようになった。
 本人にとっては「意思実現支援」と言える。
 腰を浮かす、トイレに座る、排泄することが身についた。
 本人も気持ち良さそうに笑い顔も見られようになった。

 以上、「意思表現支援」「意思形成支援」「意思実現支援」といった過程を経て、本人の「意思決定支援」を保障することになる。
 (ケー)
 

WHAT'S NEW?