FC2ブログ

Photo Gallery

 矢頭範之氏(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
は、「第12回権利擁護セミナー・第1部・シンポジウム」において当人が述べた内容を紹介する。
 その第8回目である。次のようなセミナーにおいて述べたものである。
 
-------------------------------------------

○ 平成22年11月17日(水)「(2010年度)第12回権利擁護セミナー」
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)
○ テーマ=「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ 第1部 シンポジウム 平成22年11月17日、水曜日、11時〜12時30分
○ シンポジスト 矢頭範之(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
○ シンポジウム・テーマ「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」

-------------------------------------------

【矢頭範之氏の講演内容】第8回目

 なお、本内容は、このセミナーで配布された資料に基づいている。

《「横浜宣言」成年後見人の行動規範》

 「横浜宣言」において、(?.世界の課題)の(4.成年後見人の行動規範)として16点宣言している。
 ここでは、そのうちの(1)〜(7)までの宣言内容である。

(1) 本人に代わって意思決定を行なう際には適切に注意深く行動する。 

(2) 公正かつ誠実に行動する。 

(3) 本人の最善の利益を考えて行動する。

(4) 本人に明らかな危害が及ばない限り、本人の要望、価値観、信念を事前に知ることができ、または推認することができるときには、それらを最大限に尊重し、遵守する。

(5) 本人の生活に干渉する場合は最も制約が小さく、最も一般化された方法にとどめる。

(6) 本人を虐待、放棄、搾取から守る。

(7) 本人の人権、市民権を尊重し、これらの侵害に対しては常に本人に代わってしかるべき行動を取る。
   
-------------------------------------------

 以上、「横浜宣言」における「成年後見人の行動規範」である。
 成年後見人には、「本人の最善の利益を考えて行動する」ことが求められている。
 この実現に向けた取り組むが、いつでも、どこでも、どんな理由があろうともなされなければならない。
 ハードルが高いといった泣き言は言っていられない。
 成年後見人の職務は、「本人の最善の利益」のために働くことだから。
 そのために、本人の要望を尊重し、本人の生活へ干渉するのもできるだけ控え、本人の虐待等から守り、人権侵害があれば代理人として行動を取るなどの職務を遂行しなければならない。
 実際、本人の要望が、本人には都合良くない場合もある。
 そうした場合の後見人は、本人が納得する手立てをこうじるといった、専門家としての力量が問われることになる。
 
(一般社団法人山形県手をつなぐ育成会事務局/ケー)

 【矢頭範之氏の講演内容は、次の第9回目に続く】

WHAT'S NEW?