FC2ブログ

Photo Gallery

 矢頭範之氏(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
は、「第12回権利擁護セミナー・第1部・シンポジウム」において当人が述べた内容を紹介する。
 その第4回目である。次のようなセミナーにおいて述べたものである。
 
-------------------------------------------

○ 平成22年11月17日(水)「(2010年度)第12回権利擁護セミナー」
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)
○ テーマ=「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ 第1部 シンポジウム 平成22年11月17日、水曜日、11時〜12時30分
○ シンポジスト 矢頭範之(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
○ シンポジウム・テーマ「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」

-------------------------------------------

【矢頭範之氏の講演内容】第4回目

 なお、本内容は、このセミナーで配布された資料に基づいている。

《特徴・現実を踏まえた支援》

1 過去に獲得した能力知識が少ない → 「自己決定」の見極め。

2 親との密着性 → 「社会で支える」への転換。

3 経済的資源は限られている → 報酬や費用の助成などが必要。

4 長期的支援の必要性 → 多人数関与が必要。

5 困難事例がある → 専門機関の関与が必要。

6 本人が輝ける生活を送れるよう支援する
 本人の抱えている課題を整理して、支障状態の緩和、解決を行い、生活の質を向上し、何より本人が輝ける生活を送れるよう支援し、その過程で自己決定を尊重し、自立支援を行うことが重要。
  
-------------------------------------------

 以上、本人の現状をよく踏まえて、それに合った支援をとことん実現できる態勢を整備したい。
 そのためには、自己決定、社会支援、費用助成、チーム支援、専門機関の支援といったことを有機的に機能できるようにしなければならない。
 そうであれば、ちゅうちょせず、成年後見制度の利用を増やし問題解決に取り組むことが、より良い成年後見制度確立にとって早道となるのでないか。  
 
(一般社団法人山形県手をつなぐ育成会事務局/ケー)

 【矢頭範之氏の講演内容は、次の第5回目に続く】
 
 1月23日(日)、移動販売車で玉こんにゃくの販売をやっている「みちのく屋台こんにゃく道場」(NPO法人山形自立支援創造事業舎/玉こんにゃく)の活動が、インターネットで生中継された。

 〈中継日時〉
 2011年1月23日(日)12:30〜13:30

 〈視聴画面アドレス〉
視聴画面アドレス:http://www.nippon-foundation.or.jp/org/news/idoustream.html
USTREAMアドレス:http://www.ustream.tv/channel/fukushi-sharyou

 その様子が、山形新聞(2011年01月23日 19:12)でも取り上げられた。
 その記事が次のとおり。

***********************

(引用始め) 

 「みちのく屋台こんにゃく道場」ネット中継 山形など結び移動販売ライブバトル
2011年01月23日 19:12

 インターネットで生中継された「みちのく屋台こんにゃく道場」の活動=山形市・フレスポ山形北店

 障害者が就労する移動販売車を使った全国3カ所の販売会をインターネットで生中継する「移動販売ライブバトル」が23日、行われ、山形市のフレスポ山形北店から、同市を拠点に玉こんにゃくを移動販売する「みちのく屋台こんにゃく道場」の活動が中継された。東京都の蒸しパン販売、広島県のジェラート販売と合わせて午後0時半から1時間にわたり中継され、時間内の売り上げバトルでは山形が86本で1位に輝いた。

 障害者が就労のために使用する車の購入助成を行っている日本財団(東京都)が、移動販売で働く障害者を応援しようと、インターネット動画共有サービス「Ustream」を利用して行った初のイベント。積極的に活動している団体として、知的障害者らが働く山形市の同道場と、蒸しパンを販売する東京都の「ゆめグループ福祉会」、ジェラートを販売する広島県福山市の「『ゼノ』少年牧場」が選ばれた。東京会場にはアニメゲゲゲの鬼太郎のキャラクターの形をした今川焼きを販売する東京都の「新の会」も応援で参加した。

 山形会場では、同道場のスタッフたちが、「あつあつの玉こんいかがですか」「おいしいですよ」と呼び込みの元気な声を響かせて客足を誘い、広島のジェラート(33個)、東京の蒸しパン(26個)を抑えて売り上げトップに立った。同道場で働く後藤雄兵さん(28)は「前の日から(時間をかけて)仕込んだ物を販売できるのは楽しい」と話していた。

 イベントの中継は、全国の大学のミスキャンパスらが集い、社会貢献活動に取り組む「Sweet Smile」が担当。山形会場では日本大学の女子学生が行った。当日の様子は後日、「Ustream」に再度アップする。

(参照)http://yamagata-np.jp/news/201101/23/kj_2011012300411.php

(引用終わり)

***********************

 私も、生中継をみようと1月23日(日)12時30分過ぎにアクセスしてみたのだが、動画が出てこなかった。いろいろ試してみても、黒い画面の真ん中にくるくる回るマークが出るだけ。
 20分ぐらいやってはみたが、結局あきらめた。
 録画でもう一回試してみるか。
 ところで、「玉こん」購入したことありますか。
 なかなか、しょうゆ味がきいて、からしつけて食べると、パンチのきいた辛みとともに、こんにゃくの歯ごたえもしゃっきとして、いい味ですよ。
 腹持ちも良く、ぜひ「こんにゃく道場」の販売車を見つけたら、お試しあれ。
 山形市内、ジャスコなどの大きなスーパーにいることが多いのかな。
 神出鬼没なので、見つけたら即購入。
 今まで、私は2回出会って、2回ともついついあのしょうゆのにおいに誘われて、買っちゃった。
 大きな売り声で販売してますので、目立ちます。
 販売員も元気が良くてはきはきしていて気持ちいいですよ。
 それで買っちゃうということもあります。
 ただ、最近は、雪も多いし、どのへんにいるのかなあ。 
(ケー)
 
 

WHAT'S NEW?