FC2ブログ

Photo Gallery

全日本育成会から集会のお知らせが来ました。
『後見選挙権訴訟に向けた問題提起・報告集会』のお知らせです。


【後見人をつけると選挙権がなくなることを皆さんはご存じですか?】
このブログでも、毎日のように権利擁護について投稿しておりますし、知的しょうがいを持つ人にとって成年後見制度は必要なものです。
ですが、この制度も万全ではなく問題もあるのです。
それは、最初の問いかけにあるように後見人をつけると選挙権が剥奪されることです。
この問題に異議を唱え、訴訟を提起する方がおります。

提起◆成年後見制度における被後見人への選挙権剥奪について
日 時 2011年1月23日(日) 13:30〜16:30(受付13:00〜)
会 場 東京大学医学部本郷キャンパス
    医学部2号館3F大講堂
    (東大赤門から正面の建物)
定 員 300名
資料代 800円(訴訟資料冊子)

内 容 弁護団から訴訟の内容について説明
    杉浦ひとみ弁護士
 
    訴訟にあたっての意思表明
  原告 名兒耶匠(なごやたくみ)さん・名兒耶清吉さん(お父さん)
    
    会場との意見交換
    司会 関哉直人弁護士

主 催:後見選挙権訴訟弁護団
後 援:NPO法人PandA-J/全日本手をつなぐ育成会
    東京都知的障害者育成会/千葉県手をつなぐ育成会
    茨城県手をつなぐ育成会

この裁判は、障害があっても1人の大切な国民であること、人が人であることを確認する裁判です。
ぜひ多くの方にこの問題を知っていただき、法律を変えていく動きにご参加いただきたいと思います。

申込み・問合せ先 【後見選挙権訴訟】報告会事務局
     NPO法人PandA-J研究所
     FAX 042-344-1889
     Mail;info-panda-j@shiraume.ac.jp
※連絡はMailかFAXでおねがいします。


知的しょうがい者にとって、将来を考えると成年後見制度はとても重要な制度ですので、この制度を利用する方も増えてきております。
東京での開催ですので、なかなか気軽に参加・・・というわけにはいかないでしょうが、興味のある方は是非参加してみてはいかがでしょうか?(F)
   

WHAT'S NEW?