Photo Gallery

1 雪降りの中、高畠町へ

 山形市より高畠町まで、昨日(1/30、日曜日)行ってきました。
 「平成22年度高畠町手をつなぐ育成会父兄会」で講話するために出かけてきたのです。
 山形市の自宅を11時過ぎ出発。
 雪も国道13号線を南下すればするほど激しさを増してきました。
 上山を過ぎ、最近開通したばかりのバイパスを初めて通りました。
 南陽市立中川中学校の西側に開通したばかりのトンネルもぬけた。
 このトンネルでは、開通したばかりというのに、事故が起きているらしい。
 ワイパーを冬用に代えてないので、ききめが悪い。
 フロントガラスをワイパー動かしても、ぶつぶつとしずくが残ったまま。
 前方が見えづらい。
 それを我慢しながら、慎重運転。
 南陽市を越えて、高畠町の中心部に到着したのが12時20分。
 1時間程度で着いたことになる。
 コンビニで、缶コーヒー、おにぎり購入。
 ちょっと腹ごしらえ。
 目的地の「高畠町老人福祉センター」を探すのにちょと手間取る。
 高畠町役場の近くと聞いていたし、地図も準備して万全期したつもりだったのですが、この雪で建物の位置関係がわかりづらかった。
 高畠町病院のほうに行ったり来たり、それで直接「高畠町老人福祉センター」に電話。
 除雪した雪が高く積み上がっていて、除雪した道路をたどっていったら、高畠町役場の北側奥に目的の「高畠町老人福祉センター」をようやく発見。
 ここまで、たどりつくのに結構の時間を要した。
 到着時刻、12時50分。

2 平成22年度高畠町手をつなぐ育成会父兄会

 「平成22年度高畠町手をつなぐ育成会父兄会」で1時10分より講話開始。
 会員17人が参加。
 この雪降りしきる中、参加してくれました。
 高畠町の育成会では、こうした研修会を年1回、毎年開催しているのだそうです。
 講話の主題は、「地域に根ざした育成会活動〜手をつなぐ育成会の現状と課題〜」。
 「福祉法人山形県手をつなぐ育成会」から「一般社団法人山形県手をつなぐ育成会」に組織を変えたねらいについて話しました。
 施設運営を切り離したことによって、事業経営にほとんど力がそそがれてきた育成会活動を、育成会としての本来あるべき活動にもっと力をそそぐことができる。
 より育成会の個人会員に寄り添った活動が可能になるということです。
 会員にとって今ある問題や悩みを解決するために互いが協力し合って活動できるような組織により近付けることである。
 そうした問題やニーズに即して課題を整理し、その課題解決に向けて手をつないで自分たちでできることは自分たちで実現を図る活動である。
 また、公的機関や行政にお願いする場合も、育成会として組織的に取り組むことで大きな力となることを強調しました。
 途中、休憩を入れて、質疑も含めて2時50分まで目一杯話した。
 本県育成会が目指すべき活動を次のようにまとめた。
-------------------------------------------------
 ? 生活支援ノートの作成・研修・普及・日常的活用。
 ? 家族支援プロジェクト・障害認識プロジェクトの研修・ファシリテーターの養成・普及
 ? 若年層家族の新規加入促進
 ? 施設保護者会の加入促進
 ? 賛助会員の加入の促進
 ? 平成22年度事業計画の適正な執行
 ? 平成22年度予算の適正で効率的な執行
 ? 各支部活動の活性化
 ? 各支部の実情と課題把握に努め、その解決に向けた取り組み
 ? 各支部の課題を整理し、行政に対する要望をまとめる
 ? 課題別チームを組織し、育成会の組織活性化に向けた取り組み
 ? 県事務局と各支部の積極的情報交流を図るシステムの構築
 ? 本人活動の推進
 ? その他=他団体との連携
------------------------------------------------
3 その後のお茶のみ会

 講話による研修会が終了後、お茶のみ会にも参加させてもらった。
 本人たちも交えて、本人たちがいれてくれたコーヒーで懇談の場があった。
 楽しいひとときであった。
 こうした機会も何回か繰り返されてきたので、コーヒーの煎り方も慣れてきたのだと話だった。
 サイフォンで本格的にいれたコーヒーであった。
 おいしいコーヒーとケーキ、寒天、漬け物、特産物の紅大豆と、たくさんふるまわれてお腹もいっぱい。
 本人活動も育成会行事の一環として行われていることを知ることができた。

 帰りも雪が吹雪く状況であったが、順調に自宅へ戻ることができました。
 



 
 知的障害のある人たちが日常的に地域で親しむ身体活動・スポーツは、その親しみ方、指導者、場所、機会等の問題があるために未だ低調と言われ、保護者や教員、福祉団体関係者からは「どのようなスポーツ・身体活動をやったら良いのか分らない」といった声が多く聞かれます。
そこで、先日≪1月23日(日)≫日本知的障害者スポーツ連盟が主催で開催しました『知的障害のある方々にリクリエーショナルスポーツを普及するための講習会』に県事務局から八鍬が参加し、講習を受けてきました。


指導マニュアルです


午前中は、知的障害のある人たちに身体活動・スポーツが必要な背景の理解とその現状についての講義、午後からは手軽に接することができる具体的な活動の内容を紹介(実技)する講習会でした。

今後、各支部育成会などでもレクリエーション教室や、親子行事などの育成会活動などを計画することもあると思いますが、気軽に楽しく参加できるスポーツなどご提案できると思いますので、お気軽に県育成会事務局(八鍬)までご相談ください。
 矢頭範之氏(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
は、「第12回権利擁護セミナー・第1部・シンポジウム」において当人が述べた内容を紹介する。
 その第10回目である。次のようなセミナーにおいて述べたものである。
 
-------------------------------------------

○ 平成22年11月17日(水)「(2010年度)第12回権利擁護セミナー」
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)
○ テーマ=「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ 第1部 シンポジウム 平成22年11月17日、水曜日、11時〜12時30分
○ シンポジスト 矢頭範之(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
○ シンポジウム・テーマ「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」

-------------------------------------------

【矢頭範之氏の講演内容】第10回目

 なお、本内容は、このセミナーで配布された資料に基づいている。

《「横浜宣言」の周知徹底》

 「横浜宣言」において、(?.世界の課題)の(5.最後に)では、次のように宣言している。
 
1 成年後見制度は自由の剥奪となり得ることもあり、人権に関わるものであること、また、世界中どこでも後見人の職務と義務は一般的に公的介入であることを認識したうえで、各国は専門性の基準を明らかにし、適切な監督手段を提供し、財源に裏付けされた納得できる枠組みを保障すべきである。

2 この点に関する問題意識を目覚めさせ、今この場で私達が共通に認識し、賛同し、かつ宣言した条項の実現に必要な支援の獲得に向けて、「横浜宣言」が公的機関および各国政府に広く周知徹底されるべきものであることをここに再度宣言する。
   
-------------------------------------------

 以上、「成年後見制度」の世界的課題をまとめると次のようになる。

 ? 成年後見制度が自由の剥奪といった問題も生じ得ること。
 ? 後見人の職務は公的介入であること。
 ? 後見人の専門性の基準を明確にすること。
 ? 後見人に対する適切な監督が必要であること。
 ? 財源の裏付け。
 ? 各国政府に「横浜宣言」を周知徹底すること。

 これらの課題について、日本を含めた各国政府の解決に向けた取り組みが求められる。 それも、先送りすることなくできるところから早急で具体的な行動である。 
 
(一般社団法人山形県手をつなぐ育成会事務局/ケー)

 【矢頭範之氏の講演内容は、次の第11回目に続く】
今回は、以前も少し触れていました「就労継続支援」についてです。

*************************************************


就労継続支援とは、会社での仕事は難しい人が、お手伝いを受けながら働くためのサービスです。

就労継続支援には、次のような特徴があります。

特徴1
会社での仕事に近い仕事をするかわりにお給料が多い「A型
軽い作業が中心になるかわりにお給料が少ない「B型」があります。

特徴2
利用できる期間に制限はありませんが、会社での仕事ができるようになったかどうかなどを、定期的に確認します。

50歳未満の人は年に1回、50歳以上の人は3年に1回、確認があります。

この他、軽い作業などを行う場として、地域生活支援事業の「地域活動支援センター」という場所もあります。
※よくわかる障害福祉用語2で紹介しています。

***************************************************

特別支援学校を卒業した人たちが一番利用しているのが就労継続支援B型だそうです。
その次が生活介護(よく分かる障害福祉用語1)になっているそうです。
そして、そのどちらを利用するのが子どもにとってベストなのか!というのを見極めるのが難しく、生活介護にいる人の方が、就労継続B型にいる人よりも仕事が出来るなどという事実もあるようですね

次回につづく(F)
 矢頭範之氏(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
は、「第12回権利擁護セミナー・第1部・シンポジウム」において当人が述べた内容を紹介する。
 その第9回目である。次のようなセミナーにおいて述べたものである。
 
-------------------------------------------

○ 平成22年11月17日(水)「(2010年度)第12回権利擁護セミナー」
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)
○ テーマ=「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ 第1部 シンポジウム 平成22年11月17日、水曜日、11時〜12時30分
○ シンポジスト 矢頭範之(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
○ シンポジウム・テーマ「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」

-------------------------------------------

【矢頭範之氏の講演内容】第9回目

 なお、本内容は、このセミナーで配布された資料に基づいている。

《「成年後見人の行動規範」》

 「横浜宣言」において、(?.世界の課題)の(4.成年後見人の行動規範)として16点宣言している。
 第8回目(2011.1.29)では、(1)〜(7)までの宣言を紹介した。
 ここでは、そのうちの(8)〜(16)までの宣言内容である。

(8) 本人の権利である年金、社会福祉給付金、福祉サービスなどを本人を支援して積極的に取得させる。 

(9) 後見人という立場を私的に利用しない。 

(10) 本人と利害対立が起きないよう常に配慮を怠らない。

(11) 本人が可能であればいつでも独立した生活を再開できるよう積極的に支援する。

(12) 本人をあらゆる意思決定過程に最大限参加させる。

(13) 本人の参加を奨励し、本人のできることは本人にまかせる。

(14) 正確な会計記録を付け、任命権者たる裁判所あるいは公的機関の要請に応じて速やかにそれを提出する。

(15) 任命権者たる裁判所あるいは公的機関より付与された権限の範囲で行動する。 

(16) どのような形態の後見が継続して必要であるかについて定期的に見直しをうける。
   
-------------------------------------------

 以上、「成年後見人の行動規範」として、「本人を意思決定過程に最大限参加させ」、「本人のできることは本人にまかせる」ことを宣言しました。
 この宣言を知的障がい者の後見人が実現できるようにする必要があります。
 このためには、個別に応じた課題解決が必要です。
 現状では、その実現に向けた取り組みがなされても、なかなかうまくいかない事例もあるからこそ、こうした宣言が盛り込まれたはずです。
 今後、課題解決がなされたさまざまな事例の集積が期待されます。 
 
(一般社団法人山形県手をつなぐ育成会事務局/ケー)

 【矢頭範之氏の講演内容は、次の第10回目に続く】
 矢頭範之氏(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
は、「第12回権利擁護セミナー・第1部・シンポジウム」において当人が述べた内容を紹介する。
 その第8回目である。次のようなセミナーにおいて述べたものである。
 
-------------------------------------------

○ 平成22年11月17日(水)「(2010年度)第12回権利擁護セミナー」
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)
○ テーマ=「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ 第1部 シンポジウム 平成22年11月17日、水曜日、11時〜12時30分
○ シンポジスト 矢頭範之(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
○ シンポジウム・テーマ「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」

-------------------------------------------

【矢頭範之氏の講演内容】第8回目

 なお、本内容は、このセミナーで配布された資料に基づいている。

《「横浜宣言」成年後見人の行動規範》

 「横浜宣言」において、(?.世界の課題)の(4.成年後見人の行動規範)として16点宣言している。
 ここでは、そのうちの(1)〜(7)までの宣言内容である。

(1) 本人に代わって意思決定を行なう際には適切に注意深く行動する。 

(2) 公正かつ誠実に行動する。 

(3) 本人の最善の利益を考えて行動する。

(4) 本人に明らかな危害が及ばない限り、本人の要望、価値観、信念を事前に知ることができ、または推認することができるときには、それらを最大限に尊重し、遵守する。

(5) 本人の生活に干渉する場合は最も制約が小さく、最も一般化された方法にとどめる。

(6) 本人を虐待、放棄、搾取から守る。

(7) 本人の人権、市民権を尊重し、これらの侵害に対しては常に本人に代わってしかるべき行動を取る。
   
-------------------------------------------

 以上、「横浜宣言」における「成年後見人の行動規範」である。
 成年後見人には、「本人の最善の利益を考えて行動する」ことが求められている。
 この実現に向けた取り組むが、いつでも、どこでも、どんな理由があろうともなされなければならない。
 ハードルが高いといった泣き言は言っていられない。
 成年後見人の職務は、「本人の最善の利益」のために働くことだから。
 そのために、本人の要望を尊重し、本人の生活へ干渉するのもできるだけ控え、本人の虐待等から守り、人権侵害があれば代理人として行動を取るなどの職務を遂行しなければならない。
 実際、本人の要望が、本人には都合良くない場合もある。
 そうした場合の後見人は、本人が納得する手立てをこうじるといった、専門家としての力量が問われることになる。
 
(一般社団法人山形県手をつなぐ育成会事務局/ケー)

 【矢頭範之氏の講演内容は、次の第9回目に続く】
 直前のお知らせで申し訳ありません。
 でも、ためになる研修会紹介します。
 山形県米沢市で、「山形県特別支援教育フォーラム」(1/30日・米沢市すこやかセンター)があります。
 山形県の特別支援教育について、フレッシュな話題を聴くことができると思います。
 こうした機会に、ぜひ特別支援教育って何?と、ふれてみるのもいいんじゃないでしょうか。
 「うちの子どもにも、特別支援教育ってあり?」と考えてみるのもいいんじゃないかなあ。それも就学時期ギリギリでなく、余裕のある1年前・2年前から。

 場所が、米沢市だから、雪多いだろうなあ。
 轍もできて、道路はがたがたかなあ。
 車も走りにくいか。
 そんなことも想像してしまいますが、雪なんかに負けず、出かけてみてください。
 得るものがたくさんあるはず。
 ケーは、ちょっと行けません。
 山形県高畠町で、別の研修会の先約あります。
 残念!!

************************************************

      山形県特別支援教育フォーラム

「子ども達一人一人が生き生きと活躍できる共生社会を!」

● とき・ところ
 平成23年1月30日(日)14:00〜 米沢市すこやかセンター 大会議室
 受付 13:30〜 開会14:00〜 閉会16:45
 〒992-0059 米沢市西大通1-5-60 電話 0238-24-8181

● 主催 山形県教育委員会

● 参加対象 地域の方、保護者の方、幼稚園、保育所、小・中・高等学校の教職員、学生の方などどなたでも参加できます。(無料)

● 託児室や手話通訳があります。

● 説明 本県の特別支援教育の取り組みについて
  県教育庁義務教育化特別支援教育室

● 講演「発達障がいの理解と対応」
  独立行政法人国立特別支援教育総合研究所
  発達障害教育情報センター 総括研究員 笹森 洋樹 氏

※ 参加申込の必要はありません。ただし、席に限りがありますので、ご了承ください。

※ 託児室を用意しております。
 対象 就学前の乳幼児〜小学生まで(先着10名程度)
 費用 無料です。
 申込 下記までお申し込みください。
    お子様の年齢や配慮事項などを教えてください。

※ 手話通訳による情報保護をいたします。
  開催1週間前まで下記にお申し込みください。
  FAXで申し込む場合は、ご利用になる方の氏名を会場名をお知らせください。

【問い合わせ、託児・手話通訳申込先】
 山形県教育庁義務教育課特別支援教育室 〒990-8570 山形市松波2-8-1
 電話023-630-3346 FAX 023-630-2774

***************************************************



 山形市内で開催されている「市民後見人養成講座」の受講者の有志による声がけで、下記のような「障害を持つ子の親のための成年後見制度学習会」が計画されています。
 関心のある方、ぜひ参加して今抱えている悩みや問題について、語り合いましょう。
 きっと、なにか解決の道が見えてくるはずです。
 まず、こうした問題について関心を高めることが重要です。
 そして、問題意識をもって事にあたることです。
 そうすることで、きっと新たな解決の道筋が発見できます。
 それには、関心を持つ人たちとの情報交換や協力を深めることです。
 今回の「学習会」がそうした機会をつくってくれることと期待してます。
 そのためには、多くの方に参加してもらうことです。
 また、こうした「学習会」を継続していくことですね。

***************************************************

障害を持つ子の親のための成年後見制度学習会

1 成年後見制度に関心のある方へ
 ●「成年後見制度」って何?
 ●市民後見人講座で勉強しているけど、いま一つよく中身がわからない・・
 ●親亡き後の子どもの将来を誰に託せばいいのか悩んでいる…
 などの疑問をお持ちの方

2 成年後見制度について気楽に語ろう!?
 ※子どもの将来について日々悩みは尽きないわけですが、市民後見人養成講座を受講されている親御さん同士も顔見知りになり、日ごろ感じていることや成年後見制度についての考えなどを語り合いませんか。
 ※また、今回受講できなかった親御さんの中でも、成年後見制度に興味がある方は、ぜひ学習会に参加して成年後見制度について学んでいきませんか。
各種親の会所属の親御さんへもお知らせください。

3 とき:  平成23年2月13日(日)午後1時30分〜4時

4 場所:  山形市総合スポーツセンター総合体育館 第2会議室
   〒990-0075 山形市落合町1番地 ●TEL.023‐625‐2288(代) FAX.625‐2285

5 オブザーバー:
 ? NPO法人市民後見プロジェクトやまがた 代表 斎藤 真由美 さん
 ? 一般社団法人 山形県手をつなぐ育成会 事務局長 黒木 仁 さん

6 参加費:  会場使用料(6,000円)を参加人数で割り勘します。

7 「親のための成年後見ハンドブック」の頒布
 市民後見人養成講座「知的障害者の支援」で講師になった堀江先生の主催するNPO法人で発行している親のための冊子「親のための成年後見ハンドブック」を、希望者には当日100円でお分けしますので、希望者はご連絡ください(20部用意します、申込先着順)。

8 申込先:
  三浦まで  電話 023(632)4490  Email:teymiura@basil.ocn.ne.jp
        電話での連絡はPM7時以降にお願いします。

****************************************************

 矢頭範之氏(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
は、「第12回権利擁護セミナー・第1部・シンポジウム」において当人が述べた内容を紹介する。
 その第7回目である。次のようなセミナーにおいて述べたものである。
 
-------------------------------------------

○ 平成22年11月17日(水)「(2010年度)第12回権利擁護セミナー」
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)
○ テーマ=「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ 第1部 シンポジウム 平成22年11月17日、水曜日、11時〜12時30分
○ シンポジスト 矢頭範之(成年後見センター・リーガルサポート専務理事/司法書士)
○ シンポジウム・テーマ「『生きる』を支える後見の実践〜身上監護をどう位置づけるか〜」

-------------------------------------------

【矢頭範之氏の講演内容】第7回目

 なお、本内容は、このセミナーで配布された資料に基づいている。

《「横浜宣言」成年後見制度の基本原則》

 「横浜宣言」において、(?.世界の課題)の(3.成年後見制度の基本原則)として5点を宣言している。

(1) 人は能力を欠くと確定されない限り特定の意思決定を行う能力を有すると推定されなければならない。

(2) 本人の意思決定を支援するあらゆる実行可能な方法が功を奏さなかったのでなければ、人は意思決定ができないとみなされてはならない。

(3) 意思能力とは「特定の事柄」「特定の時」の両方に関連するものであり、行おうとする意思決定の性質および効果によって異なること、また同じ人でも一日の中で変動し得ることを立法にあたっては可能な限り認識すべきである。

(4) 保護の形態は、本人を守ろうとするあまり全面的に包み込み、結果としてあらゆる意思決定能力を奪うものであってはならず、かつ本人の意思決定能力への制約は本人または第三者の保護に必要とされる範囲に限定されるべきである。

(5) 保護の形態は適切な時期に独立した機関により定期的に見直されるべきである。
  
-------------------------------------------

 以上、「横浜宣言」による成年後見制度の基本原則は、「意思決定能力」を尊重し、そうした能力を引き出すしかけが確立できることを求めている。
 保護の行き過ぎがないようにする必要性も(4)(5)で宣言している。
 
(一般社団法人山形県手をつなぐ育成会事務局/ケー)

 【矢頭範之氏の講演内容は、次の第8回目に続く】
ちょっと遅くなりましたが、北村山地区育成会で開催されたレクリエーション交流大会のフォト報告です。

昨年の12月11日(土)

山形県身体障害者保養所「紅葉苑」東根市

東根市手をつなぐ育成会が主体となって開催してくれました


交流内容は、フライングディスクであそぼう!
ベストポイント・デスゲッター9・ディスクボウリング・スカットボールです。





どれがどのゲームなのかはちょっとわからないのですが楽しそうですね。
みなさん、楽しみながら交流ができたのではないでしょうか?

WHAT'S NEW?