FC2ブログ

Photo Gallery

 先日受講した、次のようなリーダーシップセミナー「育成会活動の中でのリーダーとは」4回目の報告です。

------------------------------------------------------------
○ 第4回全日本手をつなぐ育成会リーダーシップセミナー
○ 日時=2010年11月16日(火)
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)2階会議室
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ テーマ「ステップアップする育成会」
○ 第1部 基調講演「育成会活動の中でのリーダーとは」(13:35〜14:35)
○ 副島宏克氏(全日本手をつなぐ育成会理事長)
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
【講演内容】

 「障害観の確立=ソーシャルインクルージョンの社会を目指す」

 副島宏克全日本手をつなぐ育成会理事長は、「障害観の確立」こそ、リーダーに求められるものだとして、次のように述べる。

1 「障害は、一個人、一家族の問題ではない。」

2 「人類が環境に適応して生きていくために、必然の比率として障害は発生する。」

3 「人類の適正進化のために、勇気ある誰かが、障害を引き受けている。たまたま、それが我が子である。」

4 「勇気ある誰かは、地域社会が、国が、育てる責任を持ち、家族は十分な支援を受け、誰からも差別、排除を受けることのない精神風土が保障されなければならない。そのことが、障害の受容につながり、本人も家族も地域も精神的に開放される。」

5 「ソーシャルインクルージョンの社会(共生社会)を目指す。すなわち、すべての人が、社会を構成する一員として受け入れられ、支えあい、多様な価値を認められる豊かな社会を構築することである。」

6 「関係者だけの連携ではなく、それぞれの地域の一人ひとりが地に足をつけた深くて広い連携のあり方を実践する。」

------------------------------------------------------------

 以上、障害を親や家族の問題としてばかりとらえていては、解決を図れない。
 社会の問題として、地域社会が受け入れ、多くの人と連携し、適切な支援のある共生社会づくり目指す。
 こうした理念をあらゆる機会に、あらゆる場で訴え、地域の人々に対して、障害者問題を身近な問題としてとらえてもらうことによって、より良い理解につなげることができるようにしたい。
 そのためにも、しっかり障害観を確立して、具体的な障害者に関する課題解決を図ってゆくことである。
 こうした地道な取り組みがあってこそ、地域の人たちの理解はより一層広がってゆく。
 (ケー)

 (5回目に続く)
平成22年度山形県知的障がい者レクリエーション大会事業の1つとして、村山ブロック(北村山)育成会でレクリエーション交流会が開かれます。

これは、9月29日に県運動公園を会場に開かれた「山形県知的障がい者レクリエーション大会」と同じ事業の中に入っており、庄内地区・新庄最上地区・村山地区・置賜地区の各ブロックごとに県より7万円ずつの助成金をうけ開催されているものです。

今年度はすでに置賜ブロック・新庄最上ブロック・庄内ブロックと開催が済んでおり、この村山ブロックが最後の開催になります。
この3つの事業は、このブログが開設される以前に終了しておりましたので、みなさまへご報告ができませんでしたが、来年度からはご紹介できると思いますのでよろしくお願いします。

事 業 名  レクリエーション交流大会
日   時  12月11日(土)・・・時間は実施計画には載っていませんでしたので担当事務局(東根育成会)へご確認ください
場   所  山形県身体障害者保養所「東紅苑」
参加予定人数 50名

軽スポーツとゲームにて、本人・父兄及びボランティア等との交流を深めるということで、「フライングディスク」で遊んだり、昼食を食べながらの交流会も計画されているようです。

北村山ブロック育成会会員の皆様にはもうご連絡も行っているのだとおもいますが、みなさん是非参加されて会員同士・本人同士活発な交流が持てると良いですね

お問い合わせ
東根市手をつなぐ育成会(東根市社会福祉協議会内)
TEL:0237-41-231 FAX:0237-42-1350

WHAT'S NEW?