FC2ブログ

Photo Gallery

養護学校地区PTAの勉強会で「成年後見制度」の説明を受けた後、隣で一緒に聞いていたRちゃんのお母さんと顔を見合わせて、最初に出た言葉が「う〜ん 誰も信じられない・・・って感じだよね・・・」という言葉でした。

「成年後見制度」言葉は知っていたし、なんとなく、どういう物かも知ってはいたので、ゆくゆくは誰かを後見人にお願いしなければ!とは思っていたけれど、昨日の説明を聞いて、絶対に後見人を付けなければならないな!と思いました。
お隣のRちゃんのお母さんも同じ思いになったようでした。

私がここで成年後見制度の説明なんておこがましくてできませんので、パンフレットへリンクを貼りますが、従来の制度から変わった点ということで『補助』『保佐』『後見』の3種類があるという事を知りました。
それから、後見人は弁護士や司法書士などが引き受けていることも知っていましたが、しょうがいの有る人にとっては、やはり社会福祉士の方が一番適任なのかな〜と思いました。

←クリックしてください
←こちらも解りやすいのでお勧めです。

デート商法で宝石を買わされたり、高齢のおばあちゃんが20万円もの補正下着を買わされたり・・・
お金が絡むと身内でのトラブルも・・・

一度聞いただけですべてを理解することは難しかったですが、相談窓口が県育成会事務局があるこの建物内になっていますので、気軽に相談してみたいと思いました。

後見人、権利擁護についての相談は
一般社団法人山形県社会福祉士会 権利擁護センターぱあとなあ山形
〒990-0021 山形市小白川町2丁目3-31
TEL023-615-6565 FAX023-615-6521

毎月第3水曜日の午後13時〜16時には「成年後見制度に関する相談日」を開設しているそうです。
電話相談も来所しての相談も可能だそうです。
相談日の電話番号は(090-6688-6521)

何か心配なことがありましたら思い切って相談してみましょう(F)





WHAT'S NEW?