FC2ブログ

Photo Gallery

1  2週間ぶりに出勤

 ケーは、山形県手をつなぐ育成会事務局(山形市小白川町2-3-31)へ、2週間ぶりに出勤。
 10月21日(木)〜26日(火)まで、第10回全国障害者スポーツ大会千葉大会に出張。
 10月27日(水)〜28日(木)は、私用で休み。
 10月29日(金)〜31日(日)は、第59回全日本手をつなぐ育成会福島大会で、郡山市に出張。
 11月1日(月)は、勤務を要しない日で、休み。
 出勤して、メールチェックしている最中に、突然停電(8時42分)。びっくり。事務局のある3階だけの現象。今まで2回目の経験となった。ブレーカーが落ちて直ぐ復旧できた。特別、何かに支障があったわけでなかったので、ほっとした。
 書類も山のようにたまっていて、整理するのに、1時間以上かかった。

2  知的障がい者相談員・支部会長合同研修会

 平成22年度山形県知的障がい者相談員・支部会長合同研修会(11/25木12:30〜15:00、山形県総合社会福祉センター)案内状を、93人にメール便で送った。
 研修テーマは「知的障がい者相談員の地域特性に即した活動とは?」。
 演題を「知的障がい者相談員の地域地区制に即した活動とは?〜共生社会をめざす障害者制度改革の推進をふまえて〜」とした。
 講師には、1時間程度の話をしてもらい、40分間を質疑の時間と考えた。
 一方的に話を聞いて、終わりでなく、やりとりのある研修会としたい。
 ただ、講師は調整中でまだ決まっていない。
 全日本手をつなぐ育成会事務局に、以前から講師を紹介してもらうよう依頼していたが、研修会が平日で、日時もあらかじめ決まっていることから、適当な講師を探しあぐねている。
 もし、適切な講師が見つからないとなったら、自前でお願いするしかない。
 ちょっと、心配だ。

3 会報「手をつなぐ親たち」第32号

 会報「手をつなぐ親たち」第32号が、印刷所より届いた。表紙と裏表紙がカラー刷り。12頁の構成で、文字も11ポイントと以前より大きくした。
 比較的、行にも余裕ができ、読みやすくなったはず。
 ただ、誤植が見つかり、修正が必要。何度も見直したつもりだったが。
 各支部育成会に届くのは、来週になるかな。

4 みんながわかる新聞「ステージ」

 「ステージ」という本人向けの「みんながわかる新聞」を全日本手をつなぐ育成会で発行している。A3版、6段組、8頁だてで、全面カラー刷り。
 写真が多く、漢字には全てふり仮名が付いている。文章もまとまりごとに、行替えするなど、読みやすくした新聞。
 2010年秋号(2010年10月27日発行)で、第55号目。
 今号の第1面は、芹田千沙絵さんの紹介。
 スターバックスコーヒー北参道店で働いている様子が、生き生き伝わってくる。
 コーヒー豆を小袋に分けたり、抹茶などのドリンクの材料を作ったり、店の掃除をしたりと、忙しく仕事をこなしている。
 店長をはじめ、一緒に働く仲間の支援を受けながら、芹田さんは努力している。
 店内でポーズをとる、芹田さんの笑顔いっぱいの大写しの写真がいい。
 その他にも、興味深い記事が続く。
 注目ニュース(タバコ値上げ、羽田空港の国際化、イチローの200本安打達成)、また、女性には興味深いメイクの仕方の記事があったりと多彩。
 各市町村支部には1部ずつ届ける。ただ、個人的に年間購読もできる。
 「ステージ」の発行は、日本財団の助成により、毎日新聞社も協力している。


  

 
 
 
 
 

WHAT'S NEW?