Photo Gallery

今日、雪は降っていませんでしたが、とても寒く、霜がおりていました。
PC232074.jpg

新庄最上地区育成会・庄内地区育成会・置賜地区育成会と
レクリエーション教室の開催が終わり、最後に北村山地区育成会が
レクリエーション教室をひらきました。

東根市育成会の事務局をしてくれている東根市社会福祉協議会の担当者Kさんが
毎年段取りをしてくれて開催できています。

東根市育成会では特別支援学校や特別支援教室にお子さんが在籍している
保護者さん向けにサロン(茶話会)を定期的にひらいておりますので、
今回のレクリエーション教室にも参加を促したところ、
思いの他多くの申し込みをいただいたようで、嬉しい誤算もあったようです。
北村山レク5
最後の記念撮影です。
なんか、とても大きなメダルを首から掛けていますね\(^o^)/

写真をいただいたのでご紹介します。

まず準備体操
北村山レク1

フライングディスクでのゲームその1
北村山レク2

フライングディスクゲームその2
北村山レク3


フライングディスクゲームその3・・・か?(#^.^#)
あれっ?2番めに並んでいるのは、木村S美さんでは・・・?
北村山レク4

そのあと昼食を取りながらの交流があったり、
カラオケをやったりして北村山地区の会員さん同士、
また、会員、非会員の枠を超えた交流があったようです。

参加者が多かったこともあり、ゲームの待ち時間が長かったりしたそうですが
待っている間も参加者同士の交流の時間にもなりますので、
良いのではないのでしょうか( *´艸`)
事務局のKさん、いろいろとお疲れ様でした。またよろしくお願いします。

ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。

天童市手をつなぐ育成会よりご案内をいただきました。

天童市内でご活躍中のバンドの皆さんからご招待をしていただいたそうです。
Live Supplement(ライブサプリメント)
ライブサプリ
 ライブコンサートです!

天童市手をつなぐ育成会では数年前のクリスマス会にロックコンサートを行ないました
その時、参加した皆さんは迫力ある音楽のリズムにノリノリで
踊ったり、体を動かしてとても盛り上がって楽しんでいました。

そのようなこともあり、今回はバンドの皆さんからご招待をしていただいたようです。
今回も、メンバーの皆さんと一緒に音楽を楽しめる内容となっているそうです!

いつ:2015年2月14日(土)
場所:天童市総合福祉センター 体育館
開場:13時00分  開演:13時30分


【入場無料】

≪参加バンド≫
TMS
  夏を先取りベンチャーズサウンド

枯山水
  ロックとフォークのアコースティックサウンド

メモリアル
  寒い冬をほっこりとあったかフォークサウンド

Sardine
  80年代の懐かしいバンドサウンド



今回のライブは、育成会の会員以外の人も、
天童市在住ではない人も関係なし!
みなさん大歓迎だそうです。
申込みは必要ありません!
当日、会場まで直接お出かけください!


丁度その日は、バレンタインデー
ご家族でバレンタインコンサートなんていうのも良いですね!



ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。

24日(月)東根市ふれあいセンターで
東根市手をつなぐ育成会主催で行った
「手をつなぐサロン」にお邪魔してきました。

これは、平たく言えば座談会、茶話会のようなものです。
東根市育成会の事務局をやっていただいている
社会福祉協議会の黒沼さんが、いろいろと段取りをしてくださいました。

参加者は・・・ちゃんと数えてきませんでしたが、
東根市育成会の会長、副会長、事務局を除いて
全員が学齢期の子を持つ親御さん(未就学児も)20名はいらっしゃいました。
当日も参加希望者がおり、大盛況でした。

東根手をつなぐサロン第1回 (3)

東根手をつなぐサロン第1回 (2)
最初に高橋会長から挨拶があり、その後順番に自己紹介をしていきました。

東根手をつなぐサロン第1回 (1)
参加者は、幼稚園の年中さんから高等部の3年生まで、
学齢期と言っても年齢差がだいぶありましたので、
ある程度、年齢が近い人たち同士で集まってもらい話が盛り上がりました。

東根手をつなぐサロン第1回 (7)
参加者は、東根市内の方ばかりではなく、
尾花沢市や村山市、天童市からもいらっしゃいましたし、
楯岡特別支援学校だけではなく普通学校の特別支援教室の方もいました。

東根手をつなぐサロン第1回 (12)

東根手をつなぐサロン第1回 (10)
こちらのグループは、卒業後に利用できる事業所をもっと増やしてほしい
との思いから集まって話をしています。
事務局の黒沼さんも相談に乗って話をしていました(写真では後ろ姿だけチラッと)
高等部3年生で、すでに進路が決まっている子の親御さんも
真剣に話し合いに参加してくれていました。

東根手をつなぐサロン第1回 (11)
高橋会長も皆さんの話を聞いています。

東根手をつなぐサロン第1回 (6)
全日本手をつなぐ育成会の機関紙「手をつなぐ」です。
中身の紹介を簡単にし、希望者の方に差し上げることにしましたら、
県事務局から準備していったものはすべてなくなってしまいましたヽ(^。^)ノ

サロンの時間は10時から12時までの予定だったのですが、
とても盛り上がった会になり、時間オーバーしてしまいましたし、
最後の最後まで、お互いにメールアドレスの交換などを行っておりました。

事務局の黒沼さんより「今後もこのような会があれば参加しますか?」との
問いかけに対して、全員が挙手をしておりましたので、今後も続いていくことと思います。

山形市や天童市などの中心部にいるとあまり感じないのかもしれませんが
あまり大きくない地域だと、地元の支援学級の在籍者は1名と
いうような場合がよくあるようです。
そういった場合、幼稚園から学校へ進学する場合など
だれに相談したらよいかわからず、とても孤独だったと
いうような話を私にしてくれた方がおりました。

地元に手をつなぐ育成会があることを知らずにいた。
知っていたら、こんなに孤立した気持ちにならずに済んだのだろう。
というようなこともおっしゃっていました。

各市町村育成会からは、新しい会員の加入がないという報告が
たくさん来ておりますが、育成会はどんな活動をしているのか、
どうやってその存在を知ってもらうのかを、各支部が中心となって
考えていく必要性を感じてきましたし、育成会の役割はまだ終わっていない
と強く感じて事務局に戻って来ました(F)

WHAT'S NEW?