Photo Gallery

 小中学校に在籍する知的障害のある児童生徒について、特別支援学校などから支援を受けることも考慮すべきだ。
 特別支援学校のセンター的機能の活用も有効である。
 特別支援教育に関する域内の教員資源を積極的に活用するのだ。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第73回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)

<「合理的配慮」の観点(2) 支援体制>

(2)-5 他の学校からの支援体制の整備

 必要に応じ、特別支援学校のセンター的機能や他校の通級による指導、特別支援学級を活用するなど域内の教育資源を活用して支援体制を整備する(特別支援学校の施設・設備などの活用)。また、障害の状態により、小・中学校では困難な活動を特別支援学校でできるようにする(自立活動、作業学習など)。さらに、教育にかかわる学校のネットワークによるノウハウの共有を行う。

例:
知的障害

 知的障害のある児童生徒を専門に教育していて、その積み重ねがある特別支援学校のセンター的機能を活用する。
 知的障害に伴う視覚障害などのある児童生徒などに対する適切な指導のために、特別支援学校から支援を受ける。



【引用おわり】

 特別支援教育に関する教職員のスキルアップにおいて、特別支援学校などの研修機会を活用するなども重要である。
 また、必要に応じた相談支援活動も積極的に利用することである。          
               
(ケー)
 ADHDのある児童生徒は、落ち着いて座っていられない。
 忘れ物も多い。
 整理整頓もうまくできない。
 わがままで粗暴なこどもだ。怠けものだといったレッテルをはられがちだ。
 こうした特性を周囲の人たちが、よく理解して接する必要がある。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第72回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)

<「合理的配慮」の観点(2) 支援体制>

(2)-4 障害に対する児童生徒、教職員、保護者、地域の理解推進を図るための配慮

 障害のある子どもについて、他の子どもの理解を推進する。必要に応じて、全員に、その障害特性などについて理解を深めるような教育を行う。教職員、保護者、地域に対しても理解増進を図るような活動を行う。

例:
ADHD

 不適切と受け止められやすい行動に対する理解推進(本人なりの理由があることや、生まれつきの特性によることなどを説明する。制止、防止の方策の共通理解 など)



【引用おわり】

 ADHDの児童生徒は、失敗や問題行動を繰り返すため周りから疎んられがちである。
 好きなことはとことん集中できるという長所を生かすことである。
 うまくいったら即時に承認したり、ほめることだ。
 少しずつ自尊感情を育てていくことが必要である。         
               
(ケー)
 LDのある児童生徒に関する特性の理解に努めることが大事だ。
 能力の偏りが著しいため、誤解されることが多い。
 また、本人も失敗が多いので、自信が持てなかったりする。
 教職員も他の子どもも、本人に対する適切な支援のあり方を周知することである。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第71回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)

<「合理的配慮」の観点(2) 支援体制>

(2)-4 障害に対する児童生徒、教職員、保護者、地域の理解推進を図るための配慮

 障害のある子どもについて、他の子どもの理解を推進する。必要に応じて、全員に、その障害特性などについて理解を深めるような教育を行う。教職員、保護者、地域に対しても理解増進を図るような活動を行う。

例:
LD

 様々な個性があることや特定の感覚が過敏な人がいることなどについて理解するための学校全体での教育



【引用おわり】

 LDはなかなか理解されにくい。
 「理解されにくい個性」と言われたりする。
 だからこそ、「理解と支援を必要とする個性」ということを関係者が理解しなければならない。        
               
(ケー)
 自閉症の児童生徒は、一見して分かりにくい障害である。
 そのために、突発的な行動や多動などに対して誤解を生みやすい。
 わがままと捉えられたりする。
 いじめられることもある。
 他の子どもに障害の特性を理解させることが大事てある。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第70回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)

<「合理的配慮」の観点(2) 支援体制>

(2)-4 障害に対する児童生徒、教職員、保護者、地域の理解推進を図るための配慮

 障害のある子どもについて、他の子どもの理解を推進する。必要に応じて、全員に、その障害特性などについて理解を深めるような教育を行う。教職員、保護者、地域に対しても理解増進を図るような活動を行う。

例:
自閉症・情緒障害

 外部から分かりにくい自閉症や情緒障害のある児童生徒の心理的な状態の理解を十分に促す。



【引用おわり】

 対人関係が苦手で、相手とかみ合わずトラブルになったりする。
 また、コミュニケーションのすれ違いも多い。
 こうした特性について十分な理解が必要となる。        
               
(ケー)
 見た目だけでは、なかなか判断できにくい知的障害のある児童生徒の適切な理解を図ることが大事だ。
 特に、障害のない児童生徒たちが知的障害のある児童生徒を正しく理解し、受け入れる雰囲気が大切である。
 教育内容の中でも障害のある人たちに関する理解を進める必要がある。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第69回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)

<「合理的配慮」の観点(2) 支援体制>

(2)-4 障害に対する児童生徒、教職員、保護者、地域の理解推進を図るための配慮

 障害のある子どもについて、他の子どもの理解を推進する。必要に応じて、全員に、その障害特性などについて理解を深めるような教育を行う。教職員、保護者、地域に対しても理解増進を図るような活動を行う。

例:
知的障害

 外部から分かりにくく、かつ体験が困難な知的障害の特性、及びそれに応じた教育内容などを十分に理解できるように配慮する。



【引用おわり】

 知的障害のある児童生徒がどんな困難があるか、正しい理解を図る試みが実践されている。
 疑似体験理解啓発を行うキャラバン隊が各地に立ち上がり始めている。
 障害のある子を持つ親たちが自主的に集まった会である。
 知的障害の子に対する接し方、言葉がけを体験を通して学ぶワークショップを行っている。
 ユーモアをまじえての体験学習ができるのでどこでも好評である。
 小中学校の子供たちにとっても福祉学習の一環として有意義なものになり得る。
 今のところ、学校への浸透が不十分である。       
               
(ケー)

WHAT'S NEW?