FC2ブログ

Photo Gallery

 15回にわたって「わかりやすい「障害者差別解消法」入門」を引用してきた。
 わかりやすく理解することができたか。
 もう一度、目次を記す。振り返って欲しい。

 本シリーズが最終回とし、第16回目となる。
 


【引用はじめ】

https://1234times.jp/article_257.html
わかりやすい「障害者差別解消法」入門

<対象となる障がい者は?>

Point_1|不当な差別的取扱いの禁止

Point_2|合理的配慮の提供

合理的配慮のルーツを探る

ADA法の4つの柱

働きづらさの原因はどこにある?

障害の社会モデルとは?

そもそも、「合理的配慮ってナニ?」というあなたへ。

<対応要領>

<対応指針>

障害者差別解消法によって変わる「はたらく」

雇われる時

社員になってから

未来を考える



【引用おわり】

 社会において、一般の人が障がい者に対して、「合理的配慮」の提供の必要性を認識してもらうことが本法律の肝となる。

(ケー)
 障がい者は、自らの障がいに対する知識・理解は深い。
 しかし、自分以外の障がいのことをよく理解しているわけではない。
 障がい者同士の認識ギャップがあることも理解しておく必要がある。

 そのへんの事情を下記の引用が指摘している。
 第15回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

https://1234times.jp/article_257.html
わかりやすい「障害者差別解消法」入門

未来を考える

 障がい者は自分の障害については熟知しています。
 自分とは異なる障害についての見識や理解度は、多くの場合、健常者と変わらないレベルだとも言えます。
 社会のバリアが取り除かれることで、一つの職場に様々な障害をもった複数の障がい者が配置されることもあるでしょう。

 障がい者は障害者差別解消法によって「合理的配慮をされる側」です。
 複数の障がい者が混在する職場においては「合理的配慮をする側」になる可能性もあります。
 合理的配慮の必要性を感じてきた障がい者自身が「配慮されるだけでなく、率先して配慮していく」ことで、社会における合理的配慮のボトムアップにつながる可能性が高いのではないのでしょうか?



【引用おわり】

 障がい者も「合理的配慮をする側」にならなければならないこともある。
 「される側」だけに甘んじているわけにいかないことを認識しておくことだ。
 障がい者同士の理解も大事である。 

(ケー)
 障がい者の職場における「働きづらさ」をどう解消するか。
 現在、その社会的バリアを取り除こうとさまざま試みがなされるようになってきた。
 こうした試みの積み重ねにより、徐々に問題解決が可能になることを期待したい。
 障がい者にとっても、職場にとっても良かったと言えるような社会になることだ。

 そのへんの事情を下記の引用において指摘している。
 第14回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

https://1234times.jp/article_257.html
わかりやすい「障害者差別解消法」入門

未来を考える

 障害者差別解消法によって、「働らきづらさ」の原因となっていた社会のバリアが取り除かれていくでしょう。
 これは長い間、差別や不当な扱いを受けてきた障がい者にとっては悲願ともいえます。
 合理的配慮の考え方も社会ルールとして普遍的なものになっていけば、個性によらず共生できる社会に近づいていくことでしょう。
 これらを踏まえて、もう一歩深く考えてみましょう。



【引用おわり】

 互いがより良い関係で上手くいっているモデルケースがたくさん紹介する。
 それを真似ることを奨励する。
 それが当たり前の社会になっていくよう導く。
 そうしたことに関心を向ける人たちをいっぱいつくりたい。

(ケー)
 障がい者を採用はした。
 でも、会社側の差別はさまざま実施されることがある。

 そのへんの事情を下記の引用において指摘している。
 第13回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

https://1234times.jp/article_257.html
わかりやすい「障害者差別解消法」入門

障害者差別解消法によって変わる「はたらく」

社員になってから

 障がいを理由にした部署などの配置、不当に安い給与、降格などの不利益な取り扱いを受けた場合は差別になります。
 会社側も障がい者を配置する業務と、障がい者を配置してはいけない業務とを分けたり、障がいを理由に正社員で雇わない、普通なら昇進できるのに昇進させない、また、解雇や降格対象者の中から、障がい者を優先して解雇や降格するなども差別となります。
 合理的配慮を行いながら就労ルールを組み立てる必要があります。



【引用おわり】

 障がいを理由に雇用されてもさまざまな差別を受ける。
 正社員としてなかなか登用されない。
 景気が悪くなると真っ先に解雇の対象となったりする。
 こうした多くの問題を抱えている。 

(ケー)
 障がい者が障がいを理由に雇用を拒否されるのは差別になる。
 車椅子だから、てんかんがあるから、目が見えないから、耳が聞こえないからなどの理由で雇用を拒否される。
 また、自力通勤ができない、自動車免許がない、普通文字が読めない書けないなどの採用制限などもある。
 
 障がい者が「はたらく」ことに関して、雇用される時どんな問題があるか、その説明が以下のとおり。
 第12回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

https://1234times.jp/article_257.html
わかりやすい「障害者差別解消法」入門

障害者差別解消法によって変わる「はたらく」

雇われる時

 障がいを理由に雇用の機会が失われることは差別になります。
 職場の合理的配慮があれば問題なく働けるという場合は障がいを理由として不採用にされることはなくなります。
 しかし、業務における最低限必要条件(実務経験や資格など)を満たしていない理由で採用されない場合は差別になりません。



【引用おわり】

 職場における合理的配慮がいかにできるかで採用の可否が決定する。

(ケー)

WHAT'S NEW?