Photo Gallery

今日9月3日、会報「手をつなぐ親たち」の編集委員会でした。

P9021928.jpg


今回は前期の会報について話し合いましたので、
記事としては、先日終わったばかりの「山形県知的しょうがい者福祉大会」
「地域活性化事業」 「事業所紹介」 そしてこれから開催される
「山形県知的障がい者レクリエーション大会」などになると思います。

そして、今年度に入って初めての会報になりますので、
表紙を飾る「絵」も新しいものになります。

ただ、編集委員会もいろいろな話で盛り上がり、
今回の記事にはなりませんが、障害年金の事、65歳以降のサービスの事
親亡き後の子どもの生活費のことなど・・・

いつまでたっても心配事が尽きることがないのが
障がいのある子の親なのかもしれませんね。

もう一度の編集委員会を経て会報が発行されることになります。
どんな会報になるのか楽しみですね。


ご訪問ありがとうございます(F)

← よろしければポチッとお願いします。

ご存知の方もいるでしょうが、社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会が法人格を返上するということで
我々は、新しく「全国手をつなぐ育成会連合会」として活動していくことになりました。

昨日、連合会として初めての事務局長会議が東京都で行われ
山形からは事務局長の都合が悪く、どうしても行くことができなかったので
ずっしりと肩に荷物を積んだような状態で(・_・;)私が代理出席をしてきました。

全手育連合会

福祉新聞にもデカデカと記事が載っておりますので、
他の団体さんからもご心配をいただいているような状態でありますが、
久保厚子会長は、全国に同じ悩みを持つ親がつながるという
運動体としての強みはこれからも変えず、組織を存続させるための活動ではなく
会員に寄り添った活動をする組織としてフットワーク軽く活動していく!
全国どこからでも声が掛れば、どこにでも出かけるつもりでいる。
是非、会員と膝付き合わせて話がしてみたい、と、挨拶で語っておりました。

私たち各都道府県・政令都市育成会の事務局としては、
とりあえず、これまで同様に地元の知的障がい者当事者団体として
活動していくことに変わりはありませんし、
いろいろなものを脱ぎ捨てて身軽になった全国育成会連合会の役員の方々とも
もっと積極的に近づいた関係を作っていけるのかもしれないとも思えました。

日帰りの出張だったのですが、会議が終わった後、全国育成会連合会の田中正博統括と
宮城県の事務局長(女性)と青森県の新事務局長(女性)と一緒に、新幹線の時間まで
新橋駅近くの居酒屋で(おやじくさい?)いろいろな話をしてくることができて良かったです。

田中正博統括の事をカリスマと崇拝するファンの方が全国にいるようで、
私たちのようなオバちゃんたちが一緒に酒を飲んだと聞いたら嫉妬されそうですが、
田中統括は人にキツ~イあだ名をつける事が大得意な愉快なお方で、爆笑しまくりでした。

それにしても、これまでの男性理事長たちが手を付けなかった大きな決断を下し、
みごとなリーダーシップをとっている久保会長は本当に素晴らしい方なのだなぁと改めて思いました(F)


← よろしければポチッとお願いします。

左サイドバーのバナーでもOKですm(__)m









全日本手をつなぐ育成会からのお知らせです。

第16回 国際育成会連盟世界会議
ケニア ナイロビ大会
<2014年6月10日~13日>
~参加旅行のご案内~

旅行期間:A≪ナイロビ滞在≫2014年6月7日(土)~15日(日)9日間
       B≪ナイロビ+アンボセリ≫2014年6月7日(土)~15日(日)9日間
会議会場:ケニヤッタ インターナショナル コンファレンスセンター


世界大会


ナイロビ大会のプログラム
テーマ:『誰にとっても良い社会は、誰もおきざりにされない社会』
会 場:ケニヤッタ インターナショナル コンファレンスセンター
言 葉:英語、日本語(全大会)

第16回 世界会議の特徴

★会議のテーマ
 変革のための指導者

 国際育成会連盟のおける家族と本人のリーダーシップの刷新

 変革のための協力
 障害者団体、学識経験者/研究者、政府、政策立案者との協力体制の強化

 変革のための実践
 各国の良い実践例の情報交換

★プレ会議 2014年6月10日
 家族のリーダーシップサミット会議
 本人のリーダーシップサミット会議


安心してご参加いただくために
知的障害のある人や家族の世界会議への参加は、
助言者が身近にいたり、参加する際の通訳、
会議参加中の情報収集が援助されることで
初めて可能になります。

全日本手をつなぐ育成会は、次のようなサービスを
有料でご提供し、知的障害のある人や家族、
その支援者の参加を事前に、そして現地でも支援します。

★参加への事前のお手伝い
 大会事務局からの情報を、そのつど提供します。
 会議参加や旅行についてのご相談もお受けします。

★ご参加の方法と会議登録
 大会登録での会員とは、国際育成会連盟の会員であることです。
 日本では全日本手をつなぐ育成会が国際育成会連盟の会員ですから、
 当会を通じての登録が会員としての登録になります。
 そのため、各地から参加を希望されるグループは全日本手をつなぐ育成会へ
 ご連絡ください。

★会議中の参加支援
 会議中には、呼びかけや予定の変更など、さまざま情報が英語で出されます。
 全日本手をつなぐ育成会は日本からの参加者のために、会議の情報、
 資料等を日本語で提供し、参加のお手伝いができるように計画しています。

★参加中の通訳
 会議の基本の言葉は英語で、全大会には日本語の通訳を
 全日本手をつなぐ育成会が準備します。


お問い合わせ先
社会福祉法人 全日本手をつながぐ育成会
〒105-0011 東京都港区芝公園1-1-11 興和芝公園ビル2階
TEL:03-3431-0668 FAX:03-3578-6935
メール:info@ikuseikai-japan.jp

ちょっと(だいぶ?)お金はかかりますが、
とてもすごい経験ができる会議になっています。

興味のある方は、県育成会事務局へご連絡ください。
パンフレットを差し上げております(F)
昨日、福祉サービス利用援助事業に関わる県警機関連絡会議がありました。

出席者は、知的・精神・認知症などの関係団体の他、
各福祉士会や老人・精神保健の福祉関係、医療関係、法律関係
金融関係、相談関係、行政関係などが一同に集まりました。

この会議には昨年は私Fが出席させていただきましたが
今年も金融機関の方から、認知症や知的しょうがいの人が
銀行の窓口で、本人も窓口担当も困ってしまう事例が出されていたそうです。

今回いただいてきたパンフレットの数々です。
20140218104253839_0001.jpg

福祉パンフ (1)

福祉パンフ (2)

福祉パンフ (3)

一番上の「福祉サービス利用援助事業」とは
高齢者や障がいのある人の日常的な金銭の出し入れのお手伝いを
したり、大切な書類などの預かりをしたりします。

各市町村の社会福祉協議会でおこなっておりますので
お住まいの社会福祉協議会へご相談ください。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そして、今日、明日は手をつなぐ育成会の東北ブロック協議会が
青森県三沢市で開かれます。
山形県からは、田中理事長と黒木事務局長が出席しております。

先日の大雪で電車の運行の方が心配ですが、
連絡がないという事は順調に青森県に向かっているものと思います。

平成26年度の手をつなぐ育成会東北ブロック大会が
青森県の三沢市で行われることが決まっておりますので
大会の会場や分科会の会場などの視察が行われることになると思います。

今年も開催地は山形県からは少々遠いのですが、
こんな時ではないとなかなか遠出もできなかったりしますので
旅行もかねて東北ブロック大会に参加してみてください。

支部育成会によっては、毎年のブロック大会に参加するために
本人さんと共に積立貯金をして参加している育成会もあります。

平成26年度の東北ブロック大会は
9月20日(土)~21日(日)に行われます。

要綱などが決まりましたらご案内させていただきますので
それまでどうぞおまちください(F)



昨晩(7月31日)天童市総合福祉センターで
天童市手をつなぐ育成会の役員会がありました。

今年度は役員の改定があり、新役員体制になって初めての会議でした。
いつもなら、紙パックかペットボトルのお茶がでるのですが、
今回はなんと、天童ひまわり園で焙煎したコーヒーが準備されていて
とても良い香りのなかで和やかに会議が進んでいきました。


ちなみに準備していただいたのはブレンドコーヒーでした


今年度の行事の日程調整や行事の持ち方について協議されましたが
皆さんからとても活発な意見がたくさんでておりました。

とくに「あおぞら教室」については、様々な場所でできる体験や
みんなが楽しめるようなことがたくさん出ておりましたので、
事務局として出席していた”きらり”と”天童ひまわり園”のお二人も
事業所利用者の旅行の参考にできるとにんまりしながら聞いていましたよ

それから、新会長は今後の育成会のことを考えて行事をやっていきたいとの事でしたので、
現在やっている茶話会のもちかたや、研修会のもちかたなど、さまざまな話がでておりました。

役員会だった訳ですが、とても和やかで話しやすい雰囲気でしたので
福祉センターの終了の時間ぎりぎりまで使ってしまいました。

今回の話し合いの中で出た不確実なことは事務局で確認作業を
行ってもらい、行事を進めていくことになると思います。

これから、天童市手をつなぐ育成会では、親子で楽しめる行事や、勉強になる行事
会員相互の親睦や、非会員の方への行事へのお誘いなどもやっていきますので
どうぞお楽しみにお待ちください(F)


追記:天童ひまわり園では、現在ホームページを作成中だという事です。
   ホームページができれば、コーヒーの注文もしやすくなるかもしれませんね

WHAT'S NEW?