Photo Gallery

 107歳という長寿を生きぬいた教育学者がいた。障害児教育に一生を捧げた福岡教育大学名誉教授だった人である。
 養護学校のさきがけと言える「しいのみ学園」(福岡市)の創立者である。
 昇地三郎氏をご存じだろうか。昇地氏には脳性マヒの子息が二人いた。

 以下、コラム【産経抄】より引用する。

**********************************************

【引用始め】

【産経抄】なすべきことはすべてした 12月2日(2013.12.2 03:43)

 兄弟は毎朝、障子の穴から通学する子供たちをうらやましそうに眺めていた。
 2人はともに、脳性小児まひだった。兄の有道さんは、学校でひどいいじめに遭い、中学2年で退学を余儀なくされる。
 弟の照彦さんは、小学校に入学すらできなかった。

 ▼当時、福岡学芸大学(現・福岡教育大)で心理学を教えていた父親の昇地(しょうち)三郎さんは、2人の姿を見ていて決意する。
 「自分で学校を作るしかない」。昭和29年、私財を投じて福岡市内に設立したのが、福祉施設「しいのみ学園」だ。

 ▼照彦さんを含めた12人が、最初の入園者となった。有道さんは、職員を志願する。小学校に通っていたとき、有道さんを抱いて鐘をたたかせてくれた、「小使さん」が念頭にあった。開園式で有道さんは、「小使」の肩書の入った名刺を、来賓の県知事らに堂々と差し出していた。
 妻の露子さんは、わが子の成長ぶりを涙を拭きながら見守っていたという。

 ▼「父ちゃんありがとう」という言葉を残して、有道さんは39歳で亡くなった。
 平成9年には露子さん、14年には照彦さん、翌年には兄や弟の面倒を見てくれ、いずれ園長を任せるつもりだった長女の邦子さんにも先立たれる。
 昇地さんは、96歳で家族のすべてを失った。

 ▼「『なすべきことはすべてした』という気持ちで、彼ら、彼女らを見送ってきた」と著書に書いている。
 昇地さんは悲しみに浸る間もなく、障害児教育について、講演に力を注ぎ、世界中を飛び回った。

 ▼100歳を超えてからは、長寿がテーマになることも多くなった。
 昇地さんの訃報が先週届いた。107歳の大往生である。
 3年後に横浜で開かれる「国際心理学会」で、「黒田節」を披露するのを楽しみにしていたそうだ。

【引用終わり】

**********************************************************

 100歳超えてから世界一周の講演して歩く学者として、ギネスにまで登録されているのだという。
 最後まで情熱が衰えず、教材教具を5000種も作成してきたというから感服するばかりだ。
 そして、昇地氏はいくつもの名言を残している。体験から出た言葉である。以下、引用する。

**********************************************************

【引用始め】

” 昇地三郎 ” の名言一覧(5件)

○ つらい出来事を通してしか知り得ないこと、感じ得ない幸福が必ずあります。

○ 暗闇の中でそっと輝く、その「小さな光」に目を向けられる、心の強さをぜひとも持ってほしい。

○ 科学に限界はあるが、愛情には限界はない。

○ オシャレをしなくなった日から老いが始まる。

○ 降りかかってきた禍を『困った、困った』と逃げ回っていると、どこまでも追い掛けてくる。それを、試練と捉えて「来るなら来い」と立ち向かっていけば、禍が逆に幸福の種になるのです。

http://kotovasky.com/maxim-tag/%E6%98%87%E5%9C%B0%E4%B8%89”

コトバダイスキKOTOVASKYコトバスキー

【引用終わり】

**********************************************************

 障害児教育のパイオニアとして、幾多の困難をくぐり抜けたからこそ発する言葉である。
全日本手をつなぐ育成会主催
リーダーシップセミナーに参加してきました



会場は雪のない仙台市
昨年東北ブロックの事務局員会議で行った同じビルでしたので
今回は余裕で会場までいけました


今回は東日本が対象になっているセミナーで
参加は13県からあったと報告がありました
山形からは私だけかと思っていましたら、
鶴岡親の会の橋本会長も参加されていました。

宮城県は開催県ですので、一般の会員の方の参加も
あったようですが、他の県からは会長さんや役員
の方が多かったような感じがしました。


田中正博常務理事

北原理事長と宮武事務局長は、急きょ他の用事ができ
全日本の本部に戻られたという事で、田中常務理事が
司会進行と基調報告を担当されておりました。


久保厚子副理事長


昨年の事務局員会議の時に講師としておいでくださいました
とっても穏やかで優しいかたです。
この方が地元で理事長をしていらっしゃる施設の職員さんを、
昨年被災地支援で宮城県に派遣していただいたそうですが、
本当によく教育されていた職員さんたちだったそうで、こんなに
素晴らしい職員さんは、おそらく宮城県内にはいないのではないか
と評判だったそうです。


内容はあまりにも盛りだくさんで、ブログには書ききれません
ざっくりという事で・・・
それでも、かなりの量になるかな〜

未だに(仮称)総合福祉法と、仮称となっていますが
結局は、改正、改正でやって来た自立支援法を全て廃止にする
事はできない。との事で、名前も決定出来ないようでした。

中身に関しても現在問題になっている部分を、どこがどう問題なのかを
洗い出し、改良していくような方向で行くしかないという事で、
結局のところ自立支援法がベースにはなるようでした。


午後からの(写真がない)講演は、一昨年に山形県の
知的障害者相談員研修の時においでいただきました
埼玉県相談支援専門員の菊本 圭一氏でした。

菊本さんは、被災地支援のために何度も石巻などに
足を運ばれていたようですが、とうとう仙台市にアパートを
借り、週4日は仙台市から石巻に通い、相談支援事業所をつくり
障がいのある方の支援をするという事で、2年間は単身赴任生活
をすることにしたという事でした。

菊本さんの紹介が長くなりました・・・

相談支援専門員の立場からの発言として
施設の旅行で食べたジンギスカン料理をたとえ話にしながら
わかりやすく話して下さいました。

来年度から、サービス利用計画を立てる事になるが、
同じ道具、同じ材料を使っても、作る人(専門員)によって
違う計画になってしまうことが考えられる。
専門員の質も上げていかなければならない。
とおっしゃっていたことが印象に残っています。

長くなってきましたので、今回はこのくらいで(F)
 次のようなリーダーシップセミナー「育成会活動の中でのリーダーとは」20回目の報告です。
 本講演の最終報告です。

------------------------------------------------------------
○ 第4回全日本手をつなぐ育成会リーダーシップセミナー
○ 日時=2010年11月16日(火)
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)2階会議室
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ テーマ「ステップアップする育成会」
○ 第1部 基調講演「育成会活動の中でのリーダーとは」(13:35〜14:35)
○ 副島宏克氏(全日本手をつなぐ育成会理事長)
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
【講演内容】

 「育成活動の職務をやり抜く」

 副島宏克全日本手をつなぐ育成会理事長は、「育成会運動をもり立てリーダーの職務を全うするこそ、目的実現を図ることになる」として、次のように述べる。

1 「『知的障害のある人とその家族の幸せ』を願うこの育成会運動は、永遠に続いていくものです。」  

2 「その中にあって理事は名誉職ではありません。」

3 「三役執行部もそのとおりです。」 

4 「皆と共に汗を流し、動き、それぞれがリーダーとなり、目的実現のため与えられた期間全力を尽くすことです。」  

5 「それがリーダーであることを理解していただき、一緒になって育成会活動をやり抜いていただきたいと思います。」  


-----------------------------------------------------------

 以上、知的障害者本人と家族の福祉向上を図り、共生社会づくりを目指す育成会運動にとって、会員一堂の意思をまとめ、課題解決に果敢に取り組むリーダーがいてこそ、育成会はステップアップする。
 それは、リーダーがはじめからすばらしい人でなくてもいい。
 会員の中で相互交流を積極的に行い、切磋琢磨することで、自分たちの求めるリーダーが育ってくる。
 まず前向きに肯定的に物事をとらえ、フットワークのいい人、そして発信力のある人こそ育成会のリーダーとして望ましい。

 副島理事長による講演の概要を、セミナーで配布された資料に基づいて20回にわたって述べてきました。
 今までの話を参考にして、育成会活動が各地域でもっともっと活発化するヒントにして下さい。
 そのためには、今できることから1つずつ進めるしかありません。
 明確な課題をもって取り組むことです。
 一人で愚痴っても物事の解決につながりません。
 考えたり、思っているだけでは現実は変わりません。
 一歩前に自ら歩を進めることです。

 事務局で年始明け直ぐに取り組むのは、「平成22年度手をつなぐ育成会東北ブロック協議会」(2/24木〜25金、山形国際ホテル)の開催に向けて、各東北地区育成会へ通知を発送することです。
 本協議会では、来年度、山形市で開催する「第51回手をつなぐ育成会東北ブロック大会・(併催)第23回山形県知的障がい者福祉大会」(平成23年10月15日〜16日、山形国際ホテル)の検討を行います。
 来年は、本大会開催で多忙な1年になりそうです。
 皆さん、来年(平成23年、西暦2011年、卯年)もよい年でありますように。 

 (ケー)

 本シリーズは、本日で最終報告となります。

 
 次のようなリーダーシップセミナー「育成会活動の中でのリーダーとは」19回目の報告です。

------------------------------------------------------------
○ 第4回全日本手をつなぐ育成会リーダーシップセミナー
○ 日時=2010年11月16日(火)
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)2階会議室
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ テーマ「ステップアップする育成会」
○ 第1部 基調講演「育成会活動の中でのリーダーとは」(13:35〜14:35)
○ 副島宏克氏(全日本手をつなぐ育成会理事長)
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
【講演内容】

 「因島であいの家における地域貢献」

 副島宏克全日本手をつなぐ育成会理事長は、「因島であいの家で知的障害者が作業を通じて地域貢献活動」について、次のように述べる。

1 「因島であいの家では、地域の中に仕事場を持ち、作業で地域貢献する姿を通して、地域の方に理解していただく取り組みをしている。」  

2 「因島であいの家で取り組んでいる仕事は、全部が外作業、すなわち地域の中で仕事をします。」

3 「本人たちが堂々と地域の中で仕事をする姿を見てもらい、知的障害者は何もできない人、無能な人という今までの間違った見方を改めていただく取り組みです。」 

4 「仕事は、公園・港・公衆便所・公民館等の清掃委託業務です。」  

5 「地域住民がいつも使用する場所がいつもきれいになっている。」  

6 「誰が掃除しているのか聞いてみると障害のある人たちです。」

7 「今まで役に立たないと思っていたのに、こんなに地域のために役に立っている。」

8 「この仕事をすることで『ありがとう』『ご苦労さん』という言葉が返ってきて、本人たちは地域の1人として認められているという実感を味わっています。」

9 「さらに、地域で問題になっているゴミ問題にも取り組んでいます。」 

10 「特に、家庭・特養・老健・ホテル等から出てくる『生ゴミ』を肥料に再生し、資源の有効活用を仕事に取り入れました。」

11 「これも地域での社会貢献の仕事です。」 

12 「私たちの、この取り組みは生ゴミを小さな粒状の乾燥した肥料に作り替えてしまいます。」

13 「今ではこの取り組みは、市民を巻き込んだ地域での取り組みへと広がっていっています。」

-----------------------------------------------------------

 以上、因島であいの家では、清掃委託業務は競争入札でとったものだという。
 地域のゴミ問題に対しても、生ゴミを乾燥肥料に変えるといった試みによって、地域環境問題に一石を投じている。
 地域に根づき、地域の信頼を得て、地域の協力も得ながら、地域貢献をすることが大切である。
 それには、知的障害者の特性を十分理解し、地域とのつながりを深められるようにしたい。イベント的なつながりだけでなく、恒常的にどうつながりをつけていくかが課題とも言える。
 (ケー)

 (20回目に続く)
 次のようなリーダーシップセミナー「育成会活動の中でのリーダーとは」18回目の報告です。

------------------------------------------------------------
○ 第4回全日本手をつなぐ育成会リーダーシップセミナー
○ 日時=2010年11月16日(火)
○ 会場=日本財団(東京都港区赤坂)2階会議室
○ 主催=社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
○ テーマ「ステップアップする育成会」
○ 第1部 基調講演「育成会活動の中でのリーダーとは」(13:35〜14:35)
○ 副島宏克氏(全日本手をつなぐ育成会理事長)
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
【講演内容】

 「地域の理解を得る実践」

 副島宏克全日本手をつなぐ育成会理事長は、「バス利用している本人たちのトラブル解決に、地域の理解を得るのにどのようにしてきたか」、次のように述べる。

1 「障害のある人、特に自閉的傾向のある人など、こだわりの強い人はバスの中でいろいろトラブルを発生させます。」  

2 「まず、乗車すると自分の席を決めている人の場合は、その席に他人が座っていると、その人をどけて自分が座ります。どかされた人は腹を立て、バス会社まで怒鳴り込んで行きます。」

3 「バス会社からわれわれの所へバス利用を止めてくれるよう苦情が入っているのです。」 

4 「私たちはその度にバス会社に行って謝り、この人たちのこだわりを説明します。」  

5 「時にはそのときの苦情を言われた方の所まで出向き、謝り説明をします。」  

6 「そして、本人の行為はわざとではなく、こだわりなのだということを説明します。」

7 「このようにして、この人たちと一緒にバスに乗ることに慣れていただくのです。」

8 「その結果、気持ちよく席を譲ってもらったり、本人の大きな朝の挨拶に気持ちよく答えていただけるようになったのです。」

9 「それ以上に、乗務員の方が、ひきつけ・ケイレンを起こす本人たちに慣れてくださるようになりました。」 

10 「いつも降りるバス停で本人が降りないので、気になり後部座席をみると、本人がケイレンを起こし気を失っている、すぐさま乗務員は救急車を呼び、本人を病院へ運ぶ手配をした後、バス会社から私どもの施設にその旨の連絡が入る、そんな気持ち良い対応をして下さるようになりました。」

-----------------------------------------------------------

 以上、自閉症の特性「こだわり」をいくら言葉で説明しても、簡単には理解してもらえない。ケイレン発作だって、実際場面をみて本当の怖さを実感できる。
 一つ一つ障がい特性を地域において包み隠していては、地域の人たちの理解は進まない。
 できるだけ問題が生じない事前の対策は必要である。
 しかし、予期しないトラブルが生じないとも限らない。
 そんな場合、事後対策としてそうしたトラブルが生じたことの本質を、地域の人たちにていねいに説明することで、誤解を解くことができる。
 そして、もし再びトラブルが生じたときには、地域の人たちの協力も得やすくなる。
 障がい者理解をもっともっと進めるには、地域と障がい者のつながりを広げる機会を、時間をかけて積み上げていくことだろう。
 (ケー)

 (19回目に続く)

WHAT'S NEW?