Photo Gallery

平成28年6月24日に東京都教育庁より公表された都立特別支援学校校長による
生徒への虐待事案につきまして、当会として声明を発出します。

全国手をつなぐ育成会連合会声明文

大阪育縮小版1
山形県障がい福祉課より「心のバリアフリー推進員養成研修会」のチラシをいただきました。

今月初めにビッグウイングで開催された「県民大会」でも
推進員の認定書の授与式が行われておりましたが、
この研修会をさらに続けて、障がいを理由とする差別を解消し、
誰もが共に生きる社会を目指しましょう!ということです。

推進員1

推進員3


推進員2

会場は圏域ごとに総合支庁で行われるようです。
福祉に携わっている方々は「障害者差別解消法」が施行されたことや
山形県でも条例ができたことは知っておられると思いますが、
本当に差別を解消したい場合は、一般の方々に知っていただかなくてはなりません。
そのためにも、この養成研修を利用していただきたいものだと思います。

ご訪問ありがとうございます。事務局(F)


本日、山形県障がい福祉課の方からチラシをいただきました。
先日、ご紹介しました「県民大会」のご案内です。
県民大会縮小版

先日ご紹介した時には、内閣府から派遣された
又村あおいさん、南雲明彦さん、というとても有名な方のお名前だけでしたが、
県内からのパネリストも決まったようです。

新たに決まりましたのは、平間みゆきさん、木村久夫さんです。
お2人とも、育成会とはとてもつながりが強い方々です。

平間みゆきさんは、昨年度も今年度も、県育成会が主催する研修会の講師をお願いしております。
今年度は10月に新庄市で「差別解消法と虐待防止」についてお話をしていただきます。
平間さんご自身が障がい当事者ということもあり、私たち親にとってもハッとさせられるような
視点からお話をしていただけます。

木村さんは、寒河江市のさくらんぼ共生園の園長ですが、寒河江市手をつなぐ育成会の
事務局も引き受けていただいており、様々な研修会などでもお世話になっております。
いつも穏やかな語り口なのですが、いつも周りがおどろくようなチャレンジをされている方で
今回もどのようなお話が聞けるのかとても楽しみです。

このチラシと申込書は、明日開催される『県手をつなぐ育成会総会』の時に
出席された県内支部育成会(親の会)の代表の方々にも配布させていただきます。

地元育成会(親の会)の会員の方々へのご周知をお願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。事務局(F)

今、全国から注目され、各地を飛び回りながら知的障がい者啓発活動を行っている
市民啓発隊「ぴーす&ピース」を山形でもお迎えして研修会を開くことになりました。

ぴーす縮小版

詳しい案内は来週の総会後になってしまいますが、
楽しく体験しながら、知的障がい者や自閉症の方の生きにくさを感じることができます。

研修会への参加は、会員以外の方も可能といたしますので
ぜひ、この機会にご体験ください!

ご訪問ありがとうございます。事務局(F)


社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会が、厚労省の助成金を得て行った研究の報告書を送っていただきました。

研究は「知的障害者が制度を理解するための情報提供のあり方に関する研究」です。
報告書の他に、「わかりやすい情報提供に関するガイドライン」
「わかりやすい」版パンフレットを用いたワークショップを実施する際の留意点
わかりやすい版「虐待されたら”やめて”と言おう」
大阪育縮小版1

わかりやすい版「知ろう・使おう・楽しもう」
大阪育縮小版2

この写真をUPした2種類のパンフレットにつきましては、
送料を負担すれば送っていただけるとの事ですので、
市町村育成会でご入り用の場合はご連絡いただければ、
大阪手をつなぐ育成会の担当者の連絡先をお伝えさせていただきます。

ぜひ、ご利用になってみてはいかがでしょうか。

ご訪問ありがとうございます。事務局(F)


WHAT'S NEW?