Photo Gallery

 自閉症の認知特性として、視覚的能力が高い。
 学習支援では、視覚支援をうまく使うことが大事だ。
 目で見て確認できる環境づくりにより、学校生活がやりやすくする。
 「構造化」と呼ばれる手法を用いるのである。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第21回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-2 情報保障>

(1)-2-3 認知の特性や身体の動き等に応じた教材の配慮

 一人一人の認知特性、身体の動き等に応じた教材の配慮を行う。

例:
自閉症・情緒障害

 自閉症の認知特性に応じて、視覚による理解を促すと共に、身体活動のぎこちなさなどを補う。



【引用おわり】

 学校の日課を絵カードや文字カードを提示して、事前に確認できるようにする。
 そうすることで、安定した取り組みが可能になる。
 1日の生活を混乱することなく送ることができるのである。  
              
(ケー)
 知的障害のある児童生徒に対しては、障害の特性に応じた教材の工夫が必要である。
 それも一人一人の特性に即したものでなければならない。
 手指の不器用さ、集中力・持続力の不足、身体能力の未熟などによって、制作活動がうまくいかなかったりする。
 そうした実態を踏まえて教材・教具の作成に努める。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第20回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-2 情報保障>

(1)-2-3 認知の特性や身体の動き等に応じた教材の配慮

 一人一人の認知特性、身体の動き等に応じた教材の配慮を行う。

例:
知的障害

 知的障害に伴う認知や行動の特性、手先の動きの不器用さなどを把握し、教材を工夫する。



【引用おわり】

 児童生徒にとって興味関心のあるものを優先し、夢中になって取り組める教材づくりに励むことこそ、教員の務めと言っていい。 
              
(ケー)
 ADHDの特性として、落ち着きがなく、注意集中に著しく欠けるところがある。
 学校においては、そうした問題に対応することが求められる。 

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第19回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-2 情報保障>

(1)-2-2 情報保障の配慮

 一人一人の障害の状態に応じた情報保障を行うと共に、コミュニケーションの方法を検討するなど一人一人に適した配慮を行う。

例:
ADHD

 注意を向ける対象を特定することや注意集中を持続することが困難であることに配慮した伝達(声をかけてから簡潔に伝える。メモなどの視覚情報で残す。黒板周りの整理整頓。騒音防止。座席の位置。マイクとスピーカーを使用した伝達 など)
 得意な情報処理形式を生かした情報提供(視覚情報を多めにする など)



【引用おわり】

 気が散りやすく、黒板を板書するなどノートをとるのが困難だったりする。
 タブレットを用いるなどの補助手段が有効であったりする。
 指示がしやすいよう座席を最前列するなどが必要である。
              
(ケー)
 LDの障害を抱えた児童生徒には、読字、書字、計算などの困難がある。
 こうした障害の改善には、一人一人の強みを生かした配慮が大事となる。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第18回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-2 情報保障>

(1)-2-2 情報保障の配慮

 一人一人の障害の状態に応じた情報保障を行うと共に、コミュニケーションの方法を検討するなど一人一人に適した配慮を行う。

例:
LD

 読み書きに関する補助手段の提供(アンダーライン、拡大、振り仮名など)
 読み書きに関する代替手段の提供(文字以外を使った伝達、読み上げなど)
 得意な情報処理形式を生かした情報提供(聴覚情報を多めにする など)



【引用おわり】

 教室において、タブレットなどを利用した学習が普及しつつある。
 LDが苦手とする読み、書き、計算などをカバーする試みである。
 かなりの成果をあげている。 
              
(ケー)
 自閉症の認知特性として「視覚優位」ということが言われる。
 そうした特性を利用してコミュニケーションを行う必要がある。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第17回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-2 情報保障>

(1)-2-2 情報保障の配慮

 一人一人の障害の状態に応じた情報保障を行うと共に、コミュニケーションの方法を検討するなど一人一人に適した配慮を行う。

例:
自閉症・情緒障害

 自閉症の認知特性に応じて、視覚による理解を促すなどする。(写真や図面、模型、実物など)



【引用おわり】

 自閉症の多くは、聴覚情報より、視覚情報の方が理解しやすい。
 言葉よりも、イラスト入りの指示カードが効果的だったりする。
 また、予定などをホワイトボードに書いて順番を示すと安心して行動できたりする。
 以上のやり方は、低学年の場合は、有効な方法といえる。 
              
(ケー)
 知的障害の状態に応じていかに情報保障を行うか。
 インクルーシブ教育にとって重要な課題である。
 コミュニケーションをいかにうまくとれるようにするか。
 わかりやすい情報提供が大切である。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第16回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-2 情報保障>

(1)-2-2 情報保障の配慮

 一人一人の障害の状態に応じた情報保障を行うと共に、コミュニケーションの方法を検討するなど一人一人に適した配慮を行う。

例:
知的障害

 知的障害の状態に応じて、情報を得られやすくする。
 (文字の拡大、ルビ付加、話し方の工夫、速さや文の長さの調整、具体的な用語の使用、動作化や視覚化の活用など)



【引用おわり】

 知的障害の状態にあった情報提供を考慮した対応が求められる。
 上記の例を参考に実践に努める必要がある。
              
(ケー)
 LDの障害がある子は、「ボールける」「字を書く」など目的的運動面が苦手な傾向がある。
 協調運動が困難である。
 「不器用な子」と見なされる。
 具体的には、次のようなことが見られる。
 「字が汚い」、「字がマスからはみ出る」、「線がうまく引けない」、「靴ひもが結べない」
 こうした協調運動の障害をどう支援するか。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第15回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-2 情報保障>

(1)-2-1 感覚と体験を総合的に活用した概念形成への配慮

 一人一人の認知特性を把握し、それに応じた感覚と体験を総合的に活用できる学習活動を通じて、概念形成を促進するよう配慮を行う。

例:
LD

 身体感覚の発達を促すために、体を大きく使った指導を増やす(全身を使って大きな文字を書く、なぞるなど)
 さまざまな感覚に訴える指導(同時に見て触って聞きながら学ぶ など)



【引用おわり】

 「不器用さ」は努力不足といった表面的な誤解では、問題をますますこじらせてしまう。
 実態に即した適切な支援を試みる。
 字を書くのが苦手であれば、PCを導入するなど工夫する必要がある。
              
(ケー)
 自閉症等のインクルーシブ教育にあたっては、その認知特性に合った配慮が必要である。
 概念形成を図るには、感覚過敏に配慮し、実体験を重ねることが重要である。

 以下の引用はそうしたことの指摘である。
 第14回目の引用となる。
 


【引用はじめ】

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/046/siryo/attach/1314384.htm
文部科学省
資料3:障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)
障害種別の学校における「合理的配慮」の観点(案)(※現在調整中のもの)
<「合理的配慮」の観点(1)教育内容・方法>
<(1)-2 情報保障>

(1)-2-1 感覚と体験を総合的に活用した概念形成への配慮

 一人一人の認知特性を把握し、それに応じた感覚と体験を総合的に活用できる学習活動を通じて、概念形成を促進するよう配慮を行う。

例:
自閉症・情緒障害

 自閉症の特性である感覚過敏などに配慮する。
 教科学習などにおいて適切に意味理解が進むよう実体験を重視する。



【引用おわり】

 音などに過敏な場合は、防音効果のあるヘッドホンを常時つけたりする。
             
(ケー)

WHAT'S NEW?